ポケットWiFiカスタム検索▶▶

DAZN(ダゾーン)のパケットデータ通信量を検証!データセーブ機能を使って通信量を節約する方法とは

最近よくCMで見るようになってきた「ダゾーン(DAZN)」というVODサービス。

NBAや野球などのスポーツの配信を前面に押し出した印象的なサービスですね。

他が映画やドラマ、アニメなどに力を入れている中、しっかりと差別化した魅力的なサービスです。

本記事ではダゾーンのデータ通信量を検証し、節約方法を解説していきます。


DAZN(ダゾーン)のデータ通信量と必要な通信速度について

ダゾーンの最も大きな特徴としては、ライブスポーツが見れるということです。

そう、今まさに国内や海外でやっているサッカーや野球、テニス、モータースポーツなどがリアルタイムで見れることを最大の特徴としています。

Jリーグ、プロ野球、欧州サッカー、MLB(メジャーリーグ)、F1™、テニス(WTA)、バスケットボール (Bリーグ)、総合格闘技、NFL、その他多数のスポーツコンテンツをカバーしています。

そんなダゾーンですが、ライブ配信とハイライト配信の2種類が存在します。

  • DAZNリアルタイム(生放送)
  • DAZNハイライト(録画)

リアルタイムとハイライトにはそれぞれ、高画質/節約モードの2種類の画質が存在します。

それではそれぞれの画質でのパケットデータ通信量を比較しましょう。

※下記値はDAZNが最高画質で見れる「下り8Mbps」以上の速度を想定しています。

DAZNのデータ通信量(目安)

画質消費パケット/1時間1時間×30日使用
DAZN
リアルタイム
高画質3.3GB99GB
節約モード0.33GB9.9GB
DAZN
ハイライト
高画質3.4GB102GB
節約モード0.9GB27GB

DAZNリアルタイム節約モードでは、1時間みても330MB=0.33GB程度しか消費しません。

一方でDAZNハイライトでは、節約モードでも約1GB とかなり大きなパケット通信量となります。

それぞれの高画質モードでは他の配信サービスに比べてもかなり多くのデータ通信量を消費してしまいます。

DAZNを視聴する際に必要な回線通信速度

DAZNを見るために必要な最低回線通信速度=下り2.0Mbps以上
DAZNを最高画質で見るために必要な通信速度=下り8.0Mbps以上

DAZNのヘルプでは下記の記載があります。

DAZNでは、お客様がご利用のデバイスやインターネット環境に合わせ、最適な映像を自動選択し、提供しております。
DAZNをご視聴いただく際のインターネット環境につきましては、下記内容をご確認ください。
 

■ 2.0Mbps: 標準画質での動画をお楽しみいただけるインターネット接続スピードです。
                (外出先でご視聴の場合、快適な回線速度です)

■ 3.5Mbps: HD画質での動画をお楽しみいただけるインターネット接続スピードです。
                (モバイルデバイスでご視聴の場合、最適な回線速度です)

■ 6.0Mbps: HD画質と高フレームレートでの動画をお楽しみいただけるインターネット接続スピードです。
                (TVでご視聴の場合、6.0Mbps以上の回線速度をお勧めします)

■ 8.0Mbps: 弊社が提供する最高のビデオ品質で動画をお楽しみいただける回線速度です。

動画の画質について|DAZN

前述の値はあくまでも「最高画質」で見た場合と「節約モード」で見た場合です。

後述するデータ通信量の節約=節約モードにした場合の通信量は変わりませんが、それ以外の場合は回線速度によって画質とデータ通信量が変わります。

回線速度画質消費パケット/1時間1時間×30日使用
2.0Mbps標準約0.5GB15GB
3.5MbpsHD画質約1.6GB48GB
6.0MbpsHD画質約2.7GB81GB
8.0Mbps最高画質約3.6GB108GB
※1Mbps=0.13MB/secで計算

見るデバイスによって通信量に差はないため節約にはならない【PCパソコン/スマホ/FireTVStick】

上記の値はリアルタイム/ハイライトで画質によってパケット通信量が異なるというだけであり、デバイスによって通信量に差はありません。

見るスポーツや番組によって多少の通信量に差は出る【野球・サッカー・テニスなど】

上記値は見る番組によって多少の誤差が出る場合が多いです。

よってあくまで参考目安値として捉えてください。

DAZN(ダゾーン)は1GBでどれくらい見れるのか?

スポーツの生放送が見れるのが魅力のダゾーン。

DAZNで1GBで見れる動画の長さは下記のとおりです。

  • DAZNリアルタイム高画質-約18分
  • DAZNリアルタイム節約モード-約1時間30分
  • DAZNハイライト高画質-約18分
  • DAZNハイライト節約モード-約1時間6分

高画質モードではたった18分しか見れません。

海外プレミアリーグのサッカーの試合は最低でも90分です。

工事不要でパケット無制限


2021年8月27日発売

 

■工事不要の置くだけWiFi■

  • 面倒な工事不要!速度は光回線並み
  • 3日間のパケット上限はあるけど実質無制限!
  • 代理店申込で翌月に15,000円キャッシュバック!
  • 端末費用実質無料、ドコモユーザーなら携帯料金から最大2,387円割引!

詳細記事をみる

\申し込みはこちら/
docomo home5G

野球やテニス、モータースポーツとなると3時間超えは当たり前です。

データ通信量を節約するにはデータセーブ機能(節約モード)を使おう

画質消費パケット/1時間
DAZN
リアルタイム
高画質3.3GB
節約モード0.33GB
DAZN
ハイライト
高画質3.4GB
節約モード0.9GB

やはりDAZNは動画サービスの中でもかなりデータ消費量の多い部類のサービスです。

自宅で視聴する際にはパケット無制限の固定回線に接続している方が多いため特に困らないかもしれませんが、出先ではそうはいきません。

そこで活用したのが「データ節約機能=節約モード」です。

節約モードでは画質を落とすことで通信量を10分の1(DAZNリアルタイム)もしくは3分の1(DAZNハイライト)に節約することが出来ます。

視聴画質は標準画質よりもさらに粗くなるため、かなり見にくいというのが正直なところです。

設定手順

  1. DAZNアプリを開きます
  2. 画面右下の「その他」を開きます
  3. 「データセーブ」をタップします。
  4. 「3G/4G/LTEの通信量を節約」と「Wi-Fiの通信量を節約」の2つをオンにします。

以上で設定は完了です。

モバイルWi-Fiルーターに接続したときには高画質で見たい場合は「Wi-Fiの通信量を節約」をオンにしましょう。

DAZNを外出先でも自宅でも高画質で楽しみたい方は持ち運べるモバイルWi-Fiルーターを持つ

以上、DAZNの通信量と必要通信速度について解説してきました。

やはり出先で見るとなると「節約モード」にして見ないとあっという間にパケット上限が来てしまいます。

いくらスマートフォンの小さい画面だからといって、テニスや野球の球筋が見えないのでは面白味にかけてしまうでしょう。

出先でも自宅でも最高画質でDAZNを見たい場合はモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)がお勧めです。

月間100GB以上使用できるサービスもリリースされており、中には月間200GB以上使用できるものも存在します。

おすすめサービス
  • 月間100GBで足りる|縛り期間なしで最安値のAiR-WiFi
  • 月間200GB以上欲しい|安心して使えるhi-ho Let’s Wi-Fi
  • 動画を見るのは日中(6時ー18時)が多い|日中パケット無制限で繋がりやすいWiMAX+5G

各サービス名をタップすると解説ページにジャンプします。

通信速度が気になる方は下記実測速度測定記事もご覧ください。

あなたの快適な動画ライフをサポートします!

河村
ポケットWiFiを縛りなし/ありで月間容量別に掲載しています。是非ご活用ください!

 

 

ポケットWiFiデータベース▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
トップへ