MENU
一番お得なポケット型WiFiを見つける▶︎▶︎

DAZN(ダゾーン)のパケットデータ通信量を検証!データセーブ機能を使って通信量を節約する方法とは

  • URLをコピーしました!

「ダゾーン(DAZN)」と言えばNBAや野球などのスポーツの配信を前面に押し出した有料動画サービスです。

他が映画やドラマ、アニメなどに力を入れている中、DAZNでしか見れないスポーツの生中継などもリアルタイムで見ることができるため、最近では非常に人気が高まってきています。

実は、動画を視聴する際には大量のデータ通信が必要ということはご存知でしょうか?

DAZNのように高画質映像をリアルタイムで見るとなると、他の動画配信サービスと比較して非常に大きなデータ通信を必要とすることもあり、出先の携帯電話でうっかり長時間みるとパケット無制限プランでもない限りあっという間にパケット上限に達してしまうでしょう。

本記事ではダゾーンのデータ通信量を検証し、節約方法を解説していきます。

この記事の執筆者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケット型WiFi選びの専門家

通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。複数メディアでの執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

DAZN(ダゾーン)のデータ通信量と必要な通信速度について

ダゾーンの最も大きな特徴としては、ライブスポーツが見れるということです。

今まさに国内や海外でやっているサッカーや野球、テニス、モータースポーツなどがリアルタイムで見れることを最大の特徴としています。

Jリーグ、プロ野球、欧州サッカー、MLB(メジャーリーグ)、F1™、テニス(WTA)、バスケットボール (Bリーグ)、総合格闘技、NFL、その他多数のスポーツコンテンツをカバーしており、最近では地上波で見ることができなくなったスポーツを「生放送で」観戦できるのです。

DAZNの配信種類

ダゾーンですが、ライブ配信とハイライト配信の2種類が存在します。

DAZNの配信種類
  • DAZNリアルタイム(生放送)
  • DAZNハイライト(録画)

リアルタイムとハイライトにはそれぞれ、高画質/節約モードの2種類の画質が存在します。

それではそれぞれの画質でのパケットデータ通信量を比較しましょう。

DAZNのデータ通信量(目安)

画質消費パケット/1時間1時間×30日使用
DAZN
リアルタイム
高画質3.3GB99GB
節約モード0.33GB9.9GB
DAZN
ハイライト
高画質3.4GB102GB
節約モード0.9GB27GB
※値はDAZNが最高画質で見れる「下り8Mbps」以上の速度を想定しています。

DAZNリアルタイム節約モードでは、1時間みても330MB=0.33GB程度しか消費しません。

一方でDAZNハイライトでは、節約モードでも約1GB とかなり大きなパケット通信量となります。

それぞれの高画質モードでは他の配信サービスに比べてもかなり多くのデータ通信量を消費してしまいます。

DAZNを視聴する際に必要な回線通信速度

非常に大きなデータ通信量を必要とするDAZNは視聴に必要な通信速度要件もYouTubeなどに比べると若干高く設定されています。

DAZNを見るために必要な最低回線通信速度=下り2.0Mbps以上
DAZNを最高画質で見るために必要な通信速度=下り8.0Mbps以上

DAZNのヘルプでは下記の記載があります。

DAZNでは、お客様がご利用のデバイスやインターネット環境に合わせ、最適な映像を自動選択し、提供しております。
DAZNをご視聴いただく際のインターネット環境につきましては、下記内容をご確認ください。
 

■ 2.0Mbps: 標準画質での動画をお楽しみいただけるインターネット接続スピードです。
                (外出先でご視聴の場合、快適な回線速度です)

■ 3.5Mbps: HD画質での動画をお楽しみいただけるインターネット接続スピードです。
                (モバイルデバイスでご視聴の場合、最適な回線速度です)

■ 6.0Mbps: HD画質と高フレームレートでの動画をお楽しみいただけるインターネット接続スピードです。
                (TVでご視聴の場合、6.0Mbps以上の回線速度をお勧めします)

■ 8.0Mbps: 弊社が提供する最高のビデオ品質で動画をお楽しみいただける回線速度です。

動画の画質について|DAZN

前述の値はあくまでも「最高画質」で見た場合と「節約モード」で見た場合です。

後述するデータ通信量の節約=節約モードにした場合の通信量は変わりませんが、それ以外の場合は回線速度によって画質とデータ通信量が変わります。

回線速度画質消費パケット/1時間1時間×30日使用
2.0Mbps標準約0.5GB15GB
3.5MbpsHD画質約1.6GB48GB
6.0MbpsHD画質約2.7GB81GB
8.0Mbps最高画質約3.6GB108GB
※1Mbps=0.13MB/secで計算

見るデバイスによって通信量に差はないため節約にはならない(PCパソコン/スマホ/FireTVStickなど)

上記の値はリアルタイム/ハイライトで画質によってパケット通信量が異なるというだけであり、デバイスによって通信量に差はありません。

見るスポーツや番組によって多少の通信量に差は出る(野球・サッカー・テニスなど)

上記値は見る番組によって多少の誤差が出る場合が多いです。

よってあくまで参考目安値として捉えてください。

DAZN(ダゾーン)は1GBでどれくらい見れるのか?

スポーツの生放送が見れるのが魅力のダゾーン。

DAZNで1GBで見れる動画の長さは下記のとおりです。

DAZNは1GBでどれくらい見れる?
  • DAZNリアルタイム高画質-約18分
  • DAZNリアルタイム節約モード-約1時間30分
  • DAZNハイライト高画質-約18分
  • DAZNハイライト節約モード-約1時間6分

高画質モードではたった18分しか見れません。

\たった30秒で無料診断/
あなたにぴったりのスマホプランは?

海外プレミアリーグのサッカーの試合は最低でも90分、野球やテニス、モータースポーツとなると3時間超えは当たり前ですので出先で視聴したい場合は非常に大きなデータ通信を行うこととなります。

データ通信量を節約するにはデータセーブ機能(節約モード)を使おう

画質消費パケット/1時間
DAZN
リアルタイム
高画質3.3GB
節約モード0.33GB
DAZN
ハイライト
高画質3.4GB
節約モード0.9GB

やはりDAZNは動画サービスの中でもかなりデータ消費量の多い部類のサービスです。

自宅で視聴する際には実質的にパケット無制限の固定回線に接続している方が多いため特に困らないかもしれませんが、出先ではそうはいきません。

そこで活用したのが「データ節約機能=節約モード」です。

節約モードでは画質を落とすことで通信量を10分の1(DAZNリアルタイム)もしくは3分の1(DAZNハイライト)に節約することが出来ます。

河村

視聴画質は標準画質よりもさらに粗くなるため、かなり見にくいというのが正直なところですが、出先でどうしても見たい場合は仕方ないでしょう。

設定手順

  1. DAZNアプリを開
  2. 画面右下の「その他」を開く
  3. 「データセーブ」をタップする
  4. 「3G/4G/LTEの通信量を節約」と「Wi-Fiの通信量を節約」の2つをオンにする

以上で設定は完了です。

DAZNを外出先でも自宅でも高画質で楽しみたい方はモバイルルーターがおすすめ

以上、DAZNの通信量と必要通信速度について解説してきました。

やはり出先で見るとなると「節約モード」にして見ないとあっという間にパケット上限が来てしまいます。

いくらスマートフォンの小さい画面だからといって、テニスや野球の球筋が見えないのでは面白味にかけてしまうでしょう。

出先でも自宅でも最高画質でDAZNを見たい場合はモバイルルーター(ポケット型型WiFi)がお勧めです。

特にWiMAX +5Gは2022年2月1日から「3日で15GB超過による速度制限要件」が撤廃されたため実質的にパケット無制限のような感覚でサービスを利用することが可能です。

出先でも思い切りDAZNを楽しみたい方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

WiMAX+5Gおすすめサービス

WiMAX+5Gなら「月間パケット無制限のような感覚」で使える!

(3日間合計15GB以上使用した際の速度制限は2022年2月1日に撤廃されました)

契約間縛りなしがいい人

5G CONNECT

  • 最低利用期間3ヶ月以降は違約金の請求なし
  • 端末がレンタルとなっているため初期費用で端末代金がかからない
  • 月額4,950円(税込)とUQWiMAX(4,950円(税込)/月)と同額
  • プラスエリアモードの利用料金が無料

\公式サイトを見る/
5G CONNECT

3年間の総額が最安値のサービスを探している人

GMOとくとくBB

  • 当サイト限定リンクからの契約で14,000円のキャッシュバック付き
  • キャッシュバック受け取りで実質月額が3,913円(税込)と当サイト掲載WiMAXの中でもっとも安い
  • 端末費用が無料
  • 今なら他回線からの乗り換えでキャッシュバック金額が増額(23,000円(不課税))
  • プラスエリアモードの利用料金が無料

\公式サイトを見る/
GMOとくとくBB

中途解約時の違約金が気になる人

BIGLOBE WiMAX +5G

  • 契約期間が1年間で解約手数料が安価!(一律1,100円(税込))
  • 申し込み翌月に15,000円(不課税)キャッシュバック
  • 支払い方法は口座振替対応
  • 12ヶ月以内に解約した時の違約金支払いリスクが限りなく低い

\公式サイトを見る/
BIGLOBE WiMAX +5G

3年間使い続けられる人

カシモWiMAX

  • 3年間の総費用が他プロバイダ比較で最安値クラス!
  • 端末費用が無料
  • プラスエリアモードオプションがいつでも無料

\公式サイトを見る/
カシモWiMAX

今すぐ乗り換えたい人

BroadWiMAX

  • 他固定回線、ポケットWiFiからの乗り換えにかかる違約金を19,000円まで負担
  • 月額費用は実質(4,462円(税込)/月)
  • クレジットカード払い+オプション同時加入で初期費用20,743円が無料に
  • プラスエリアモードがいつでも無料

\公式サイトを見る/
BroadWiMAX

河村
WiMAXの実質月額費用をデータベース形式で比較しています。是非ご活用ください!

 

 

 WiMAX料金比較データベース▷▷

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenWaves著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenWaves責任者/事業代表

スマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通しています。専門知識を活かし、UQ WiMAX公式メディアへの寄稿など、様々な媒体で回線系記事の執筆・監修を手がけます。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。プロフィールは一番左のリンクマークからご覧頂けます。

トップへ