ポケットWiFiカスタム検索▶▶

サイゼリヤには無料wifi(ワイファイ)はあるの?フリーWiFiの危険性と縛りなしWiFiを持つべき理由

Author:Ryosuke Kawamura(@hottyhottea)プロフィール
GreenWaves on Twitter @DenpaNavi

最近ではノマドワーカーも増えつつあり、ファミレスやカフェなどで仕事ができる環境が整ってきています。

外でパソコンやスマートフォンで通信をする上で重要になってくるのが「無料wifiスポット」です。

本記事では有名ファミリーレストランチェーン「サイゼリヤ」で無料wifiが使えるのか調査した結果とお得にwifiをつないでインターネットをする方法を解説していきます。

フリーWiFiは危険ですので接続するのは控えましょう

結論

  • サイゼリヤは2021年5月から順次無料WiFiを提供中
  • 安全な通信をするならばモバイルWi-Fiルーター推奨
  • 縛り期間のないAiR-WiFiがおすすめ

サイゼリヤでは2021年5月から一部店舗で無料WIFiの提供を開始しています。

しかし、通信速度やセキュリティの面から接続はおすすめできません。

安価に大容量のパケットを使う方法では「契約期間なしのモバイルWiFiルーター」がおすすめです。

読み飛ばししたい方へ

詳細はこちらからご覧ください。

Wi-Fiとは何か?

Wireless Fidelity(ワイヤレス フィデリティ)」=Wi-Fi(略称)

Wi-Fiとは無線で通信できるネットワークのことを指します。

「Wi-Fiってお金かかるの?」などの疑問がありますが、パケット使用量に制限のないことが多い光回線を「無線Wi-Fiルーター」と呼ばれる機器に接続して、そこから発する電波=Wi-Fiを受信して通信すれば、どれだけパケットを消費してもお金はかかりません。

通常の無線通信は契約先の無線電波を使用しており、その多くが使った分だけお金がかかる従量課金制となっていますが、光回線に繋がったWi-Fiでは従量課金制ではないため、Wi-Fiに接続してインターネットを行うことで「ある意味では無料」で通信が可能です。

高円寺/池袋/渋谷など人気店も含めてサイゼリヤにフリーWifiの提供はあるのか?

サイゼリヤといえばお手頃価格で本格的なイタリア料理を楽しめる超リーズナブルな人気ファミリーレストランです。

ドリンクバーもあり、学生が勉強のために長居する姿も多く見かけますね。

都内でも池袋、新宿、高円寺、吉祥寺、高田馬場などの利用しやすい場所に立地していることや、ガストやココスなどのファレスよりも安価ということもあり利用する方も多いでしょう。

サイゼリヤでは無料wifiの提供を一部店舗から提供開始

サイゼリヤでは経営方針の転換により2021年5月から一部店舗で無料WiFiの提供を開始しています。

参考:サイゼリヤ、全店にWi-Fi(日本経済新聞)

本記事をご覧になった方からは「サイゼリヤ高円寺店では無料WiFiの提供があった」という情報も寄せられています。

他にはサイゼリヤ東青梅店での無料WiFiの提供が開始されたとの情報もあります。

ただし、セキュリティの観点から、無料WIFiスポットでインターネット通信を行うことは情報漏洩のリスクが非常に高まるため、テレワーク等での利用は厳禁です。

サイゼリア以外のファミレスでWi-Fiがあるファミレスは?

サイゼリヤ以外にも有名ファミリーレストランやカフェは多くあります。

有名な提供店舗を下記にまとめてみました。

接続可能時間接続可能回数
ガスト60分3回/日
バーミヤン60分3回/日
夢庵60分3回/日
ジョナサン60分3回/日
デニーズ60分3回/日
びっくりドンキー無制限無制限
スターバックスコーヒー60分無制限
マクドナルド60分無制限
タリーズコーヒー60分無制限

やはりガストをはじめとするすかいらーくグループのレストランは無料で60分まで提供してくれるところが多い印象です。

びっくりドンキーはなんと接続時間も回数も無制限ですが…さすがにあの肉臭いところで長時間無料wifiために居座りたくありません。

パソコンが臭くなりますね。

無料wifiは個人情報流出の観点で危険!なるべくなら使わない方がいい

やはり現代人は慢性的なギガ不足に陥っており、少しでもパケットを節約しようと躍起になっています。

そのため、無料でwifi電波が飛んでいれば喜んで接続してしまう印象があります。

しかし、無料wifiは安易につないではいけません。

セキュリティのかかっていない「オープンな通信」というのは非常に危険なのです。

WiMAX5G記事誘導

盗聴・のぞき見などの被害に合いやすくクレジットカード情報が洩れる

通常、wifiの電波というものは暗号化されており、第三者から情報が読み取れないような仕組みになっています。

このようにカギマークがついていないwifiが「暗号化されていない」状態です。

暗号化されていない状態での通信では、自分が閲覧しているウェブサイトのURL、履歴、メール内容など、同じwifiを利用している第三者が簡単に取得できます。

悪意のある人がその内容を閲覧していた場合、ウィルスを送ってくる、パスワードを盗むというようなことはたやすくできてしまいます。

特にクレジットカードを使った楽天市場やアマゾンでの買い物をすることは自殺行為です。

その情報、駄々洩れです。

決してフリーwifiを使った状態でクレジットカード情報を送信することはやってはいけません。

なりすましのアクセスポイントも存在する

実はポケットWIFIやWiMAX、スマホのテザリング機能を使ってアクセスネームをそれらしいものに変更すれば、アクセスポイントを偽装することが出来ます。

そうやってセキュリティをかけていないアクセスポイントに接続させて情報を抜き取るという被害も多数聞かれています。

「ただほど怖いもの」はありません。

接続するのであれば必ずカギマークのあるwifiにすべきでしょう。

それでも接続しなければいけない場合、VPNソフトが必須となります。

ただし、ここまで導入する余裕のある方であればモバイルWiFiルーターをレンタルした方が良いでしょう。

ギガが足りない場合は節約のために縛りなしレンタルwifiルーターの導入を検討しよう

以上、サイゼリヤの無料wifiの導入状況と無料wifiの危険性について説明してきました。

いくらギガが足りないといっても、無料wifiはつないではいけません。

あなたの個人情報は簡単に抜き取ることが出来ます。

やはりギガを節約したい場合はwifiルーターの導入を検討しましょう。

おすすめは縛り期間なしで月間100GB使える「AiRWiFi」

AiR-WiFiは月間100GBまで使用できるレンタルWiFiルーターサービスです。

「2年縛り」などの契約期間はなく、月額3,608円(税込)で利用可能です。

※縛り期間なしで使うためには「縛りなしオプション」を追加する必要あり

縛りなしプランサクッとプランまるっとプランらくらくプラン
月額3,280円
3,608円(税込)
3,580円
3,938円(税込)
3,370円
3,707円(税込)
端末GlocalMeU2sGlocalMeG4MaxGlocalMeU3
容量100GB100GB100GB

このように端末によって金額が異なりますが、どれも通信速度や使用可能時間は同じです。

明確な違いはU3のみ同時接続台数が10台まで、それ以外は5台までとなっています。

ホームルーターとしてゴリゴリに使わない以上は5台までの接続で十分です。

モバイルWi-Fiルーターをもつメリット

モバイルWIFIルーターで変わるあなたの生活

  • スマホのパケット上限に加えて月間100GB使えるため、もうパケットを気にしなくてもいい
  • 工事不要ですぐ使えるため、光回線を引かなくてもいい
  • 自宅ても外出先でもパケット上限を気にせず思い切りインターネットができる
  • 面倒なスマホ乗り換えをしなくてもすぐに大容量通信が手に入れられる

このように、モバイルWi-Fiルーターを持つことであなたの生活は大きく変わるでしょう。

ギガをチャージする必要もなくなり、節約にもなります。

AirWiFiは縛り期間がないため、最低利用期間1ヶ月の後ならいつ解約しても違約金がかかりません。

とりあえずお試しで使ってみたい

という方におすすめできるサービスです。

AiRWiFiは月間100GB上限の縛りなしWiFiの中では最も安価となっています。(2021年4月時点)

ぜひお試しください!

詳細は公式サイトをご覧ください。

\詳細はこちら/
AIR-WiFi

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!