ポケットWiFiカスタム検索▶▶

WiMAX+5Gを契約する前に知っておきたい5Gのこと

2021年4月8日、ついに「5G対応」のワイマックス、「WiMAX+5G」が登場しました。

やはり「5G」と冠しているということで5Gに注目されがちですが、注目ポイントは他にあります。

それは従来の「WiMAX2+」と比較すると、対応する周波数帯が標準で追加されており、繋がりやすさが大きく改善したという点です。

本記事の要点

  • WiMAX+5Gで5G接続の恩恵を受けることは出来ないと考えてもいい
  • WiMAX+5Gのメリットは5Gに繋がることではない
  • WiMAX+5Gのメリットはより繋がりやすく高速化したこと

結論

WiMAX+5Gはこれから契約を最もおすすめするモバイルWiFiルーターサービス

5G対応ワイマックスはこんな人におすすめ

  • 新生活を初めて固定回線を契約しようとしている人
  • 通信費の見直しをしたい方
  • ソフトバンクエアーとWiMAXで迷っている方
  • 格安スマホとの組み合わせでお得に使いたい方
  • 屋内でも繋がりやすいモバイルWIFIを探している方

本記事ではWiMAX+5G契約前に知っておきたい「5Gについて」解説していきます。

この記事の執筆・監修者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi選びの専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。複数メディアでの執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

WiMAX+5G対応のおすすめプロバイダはこちら

WiMAX+5Gおすすめサービス

試しに使ってみたい人

BIGLOBE WiMAX 2+

  • 契約期間が1年間で解約手数料が安価!(一律1,100円(税込))
  • 申し込み翌月に10,000円(不課税)キャッシュバック
  • 支払い方法は口座振替対応
  • 12ヶ月以内に解約した時の違約金支払いリスクが限りなく低い

\申し込みはこちら/
BIGLOBE WiMAX 2+

3年間使い続けられる人

GMOとくとくBB WiMAX

  • 3年間の総費用が他プロバイダ比較で最安値クラス!
  • 端末費用が無料
  • プラスエリアモードオプションがいつでも無料

\申し込みはこちら/
GMOとくとくBB WiMAX

今すぐサービスを乗り換えたい人

BroadWiMAX

  • 他固定回線、ポケットWiFiからの乗り換えにかかる違約金を19,000円まで負担
  • 月額費用が割と安価(4,763円(税込)/月)
  • 端末費用が無料
  • オプション同時加入で5,000円(不課税)キャッシュバック
  • プラスエリアモードがいつでも無料

\申し込みはこちら/
BroadWiMAX

5Gとは次世代通信規格であり電波の周波数のことを指す

よく聞くようになってきた「5G」というワード。

  • なんだかすごそうだけどよくわからない
  • 5GHzとは違いがあるの?
  • 4GとかLTEとかと何が違うの?

そんな声が多く聞かれます。

まずは5Gについて説明しましょう。

5G(ファイブジー)とは

5G(ファイブジー)とは第5世代移動通信システム=5th Generationの略称です。

従来の規格である「4G(ヨンジー、フォージー)」よりも高速通信が可能となっている次世代の通信規格を指します。

5G(ファイブジー)の特徴は3つあります。

5Gの特徴

高速・大容量

5Gは従来の4Gに比べて通信速度が理論値では20倍(1Gpbs→20Gbps)となります。

これによって大きなデータの送受信が可能になることで、より高画質の映像が楽しめたり、マルチアングルやVRのような臨場感のある3D映像の視聴も可能となります。

低遅延

5Gは従来の4Gと比較すると、データ遅延が10分の1(10ms→1ms)に縮小されます。例えばかつての衛生電話は音声が遅れて来たり、ビデオ通話でも口の動きと声がズレていることがありましたが、こうした遅れが限りなく0に近くなることでよりリアルタイムなやりとりが可能になります。

同時多数接続

5Gはそれまでの4Gの10倍多くの危機を同時に接続することが出来ます。従来では10万台/平方キロメートルだったものが100万台/平方キロメートルになります。

5Gの登場によって私たちの日常生活が劇的に変化していくことが期待されています。

自動運転技術が発展して、人間がハンドルを持たなくても目的地まで連れて行ってくれるようになったり、低遅延のメリットを生かして離れた場所でも名医の手術が受けられるようになる…他にも仮想現実(VR)拡張現実(AR)などの技術も飛躍的な進歩を遂げることが期待されています。

また、IoT(インターネットオブシングス=インターネットに繋がっている)機器を用いて、私たちの生活がスマート化することが期待されます。

実際には5Gはまだ発展途上

…ということが言われてきていますが、実際に現在の日本においてはカバーエリアが非常に狭く、5Gのメリットを享受出来ている人は本当にわずかでしょう。

また、5G対応端末で5G対応の通信契約をしなければ5Gの恩恵を受けることは出来ません。

今後、ドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天モバイルの5Gカバーエリアの拡大に期待したいところです。

混同しやすい「5G」と「5GHz」

5G(ファイブジー)と似た言葉で「5GHz(ゴギガヘルツ)」という言葉があります。

5Gは「次世代の通信規格」ですが、5GHz(ギガヘルツ)は電波の周波数を示します。

Wi-Fi規格新名称策定時期最大通信速度周波数帯
IEEE 802.11a1999年10月54Mbps5GHz
IEEE 802.11b1999年10月11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11g2003年6月54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11nWi-Fi42009年9月600Mbps2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11acWi-Fi52013年12月6.9Gbps5GHz
IEEE 802.11axWi-Fi62019年9月9.6Gbps2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11axWi-Fi6E2020年1月9.6Gbps2.4GHz/5GHz
6GHz
参考:https://greenwaves.jp/wifi/about-wifi/

自宅でインターネットをするときに、固定回線を無線LANにつないで、そこから出る電波をつかんで=Wi-Fiに接続して通信をしていることが多いでしょう。

この自宅内に飛んでいる電波の正体が「5ギガヘルツの電波」ということです。

上記図のように無線LAN=WiFiにはこのような規格が存在して、通信に使う周波数は主に「2.4GHz」と「5GHz」になっています。

2.4GHzは自宅内でも割と離れた場所まで飛びますが、電子レンジの周波数と近いため干渉されやすく、通信速度が出にくいデメリットがあります。

一方で、5GHz帯の電波は高速通信が可能ですが、直進性が強く壁に当たると反射してしまうため遠くまでは電波が届きにくいデメリットがあります。

5G対応のWiMAXの特徴について

ここまで読んできてこう思った方が多いでしょう。

  • 5Gって全然普及してないじゃん
  • WiMAXが5G対応しても使える地域が狭すぎて全然使えないし繋がらない
  • わざわざ高いお金払ってまで使える範囲の少ない5Gワイマックスなんて使う人いるの?

まったくその通りです。

2021年現在、日本国内で5Gの恩恵を受けられる地域はごくわずかで、たとえワイマックスが5G電波に対応してもその高速通信の恩恵を受けることは出来ないと断言出来ます。

WiMAX+5Gの魅力は「5Gに繋がること」ではないのです。

WiMAX+5Gのメリットは従来よりもより繋がりやすく速くなったこと

WiMAX+5Gは従来のWiMAXの弱点を全て解消しているのが最大のメリットです。

従来のワイマックスは、Band41と呼ばれる高い周波数帯の電波のみを使用していたため、電波の跳ね返りが強く屋内ではなかなか電波が届きにくい=繋がりにくい、速度が出にくいというデメリットが存在しました。

繋がりやすい電波=プラチナバンドを使用するには別途オプション料金1,100円/月がかかり、さらにはその状態で月に7GB以上使用すると月末まで不可避の速度制限がかかってしまいました。

よって、WiMAXを屋内で使うときは「窓辺設置が推奨」という文化が生まれたのです。

工事不要でパケット無制限


2021年8月27日発売

 

■工事不要の置くだけWiFi■

  • 面倒な工事不要!速度は光回線並み
  • 3日間のパケット上限はあるけど実質無制限!
  • 代理店申込で翌月に15,000円キャッシュバック!
  • 端末費用実質無料、ドコモユーザーなら携帯料金から最大2,387円割引!

詳細記事をみる

\申し込みはこちら/
docomo home5G

しかし、WiMAX+5Gでは、標準で使える電波が増え、カバーエリアが広がっただけでなく屋内での繋がりやすさと通信速度が改善されました。

スクロールできます
WiMAX+5GWiMAX2+

ハイスピードモード
月間データ容量
上限なし
WiMAX2+:Band41
au LTE:Band1/3
au 5G:N78
上限なし
WiMAX2+:Band41のみ
ハイスピードプラス
エリアモード
月間データ容量
15GB
上記に加えて
au LTE:Band18/26
7GB
上記に加えて
au LTE:Band18/26
プラスエリアモード/
ハイスピード
プラスエリアモード
月間データ容量超過時に
速度制限がかかるモード
プラスエリアモードのみハイスピードモード
ハイスピードプラスエリアモード
混雑回避のための
速度制限条件
3日/15GB3日/10GB
最高通信速度
(理論値)
2.2Gbps1.2Gbps

 新しく使えるようになった周波数「Band1(2GHz)/Band3(1.7GHz)」はそれまでメインで使用していたBand41(2.5GHz)よりも低い周波数帯となっており、遮蔽物に強く屋内でも繋がりにくいのが特徴です。

また、au LTE回線となっているため、カバーエリアもauに準ずるように拡大しました。

また、プラチナバンドに接続できる「ハイスピードプラスエリアモード」オプション使用中に指定パケット以上通信した場合でも、通常モードでは速度制限を受けない仕様に変更されました。

この指定パケット上限も7GB→15GB(約2倍)に引き上げられました。

当サイトでの通信速度測定では下り通信速度が60Mbps程度、上り通信速度が10Mbps程度となり、マンションなどで圏外となってしまっていた場所でも繋がる可能性が大幅に向上しています。

WiMAX+5Gはソフトバンクエアーと比較しても有利に

日本国内で大容量通信ができるモバイルWi-Fiルーターでは、ソフトバンク回線を使ったものと、ワイマックスの大きく2つが使われていることでしょう。

対抗馬としてあげられるのが「ソフトバンクエアー」です。

ソフトバンクエアーは自宅に据え置くタイプの持ち運べないホームルータータイプの通信機器です。

パケット無制限=使い放題となっていますが、規約をよく読むと下記記載があります。

サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。以下のコンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制限を行う場合があります。なお、通信の切断は行いません。

・MPEG、AVI、MOV 形式などの動画ファイル

・BMP、JPEG、GIF 形式などの画像ファイル

・動画閲覧、高画質画像閲覧、P2P ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど

特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられる場合であって、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ、サービス安定提供のため、該当のお客さまに対する速度制限を行う場合があります。

引用:ソフトバンク

特に夜間時間帯は速度制限がされている場合もあるため、パケットし放題といっても十分な速度が出ていなければその特性は生かし切れないでしょう。

また、対応周波数はBand41(AXGP2.5GHz)、Band42(3.5GHz)、Band1となっています。

WiMAX+5Gと比較しましょう。

スクロールできます
WiMAX+5Gソフトバンクエアー

対応Band
Band41(2.5GHz)
Band1(2GHz)
Band3(1.7GHz)
N78(3.8GHz)

オプション
Band18/26(800MHz)
Band41(2.5GHz)
Bnad42(3.5GHz)
Band1(2GHz)
混雑回避のための
速度制限条件
3日/15GBなし
※ソフトバンク側の都合で
通信速度を制限する場合あり
最高通信速度
(理論値)
2.2Gbps962Mbps

ソフトバンクエアーよりも周波数が増え、より繋がりやすくなりました。

また、ソフトバンクエアーは自宅でしか使えないですが、WiMAX+5Gだったら持ち運びが可能なため、自宅でも外出先でも思い切りパケットを気にせずに通信が可能となります。

弱点だった屋内での繋がりにくさをカバー出来たことで、ソフトバンクエアーと「どっちがおすすめ?」と比較すれば真っ先にに「WiMAX!」と自信をもっておすすめできるようになりました。

WiMAX+5Gとドコモ「home 5G」はどちらがいいのか?

ドコモが2021年8月下旬にリリースする「home 5G」は月額4,950円でパケット無制限、標準でプラチナバンドに対応しているホームルーターサービスです。

パケット無制限という点と、標準でプラチナバンドに対応しているの点ではhome5Gの方が有利です。

ただし、home 5Gには注意書きのところに「3日間での合計パケット通信量が一定値を超えると速度制限がかかる」旨が明記されているため、パケット無制限ではありません。

また、制限パケット容量数値を公表しておらず、前触れなく急に通信制限となる場合が考えられます。

そういう点ではWiMAX+5Gは3日で15GBとしっかりとパケット上限が明記されているため安心して使うことが出来ます。

WiMAX+5Gは5G対応端末が必須!既存ユーザーは乗り換え検討

WiMAX+5Gを利用するには、「WiMAX+5Gギガ放題プラスプラン」に対応した端末が必要です。

名称Galaxy 5G mobile Wi-Fi
製造元SAMSUNG(サムスン)
対応バンド5G(Sub6)/4G LTE/WiMAX 2+
対応SIMカードau Nano IC Card 04 LE
下り最大速度
ダウンロード
最大 2.2Gbps
上り最大速度
アップロード
最大 183Mbps
大きさ(mm)W147×H76×D10.9
画面サイズTFT タッチ5.3 インチ
バッテリー容量5,000mAh
連続通信時間連続通信時間:測定中
連続待受時間:約790時間(初期設定時)
重量203g
本体色ホワイト
充電時間160分
TypeC 共通ACアダプタ01使用
最大接続台数11台まで(USB接続1台含む)
実売価格21,780円(一括払い)
605円/月(36回払い)

一括払いでは2万円近くかかりますが、分割であれば605円/月の負担で済みます。

WiMAX2+契約ユーザーは2021年5月から移行手数料無料特典あり

現在、UQワイマックスの既存プラン「WiMAX2+ギガ放題」に加入している方は、WiMAX+5G移行にかかる手数料3,300円が無料となっています。

WiMAX +5G契約移行手数料無料特典について
1.概要
「WiMAX +5G」対応ルーターへの契約移行に係る手数料の負担を不要とします。

2.対象のお客さま
UQ WiMAXルーターにおいて「WiMAX 2+」サービスをご利用のお客さま

3.対象となる手数料
契約移行手数料 3,300円(税込み)

4.適用開始日
2021年5月25日

https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/202103313.html

まとめ|ワイマックス5Gで節約しながら無制限を

5G対応ワイマックスはこんな人におすすめ

  • 新生活を初めて固定回線を契約しようとしている人
  • 通信費の見直しをしたい方
  • ソフトバンクエアーとWiMAXで迷っている方
  • 格安スマホとの組み合わせでお得に使いたい方
  • 屋内でも繋がりやすいモバイルWIFIを探している方

以上、5Gについて概要を説明してきました。

あなたの生活を大きく変えるまでは行かないかもしれませんが、少なくともWiMAX+5Gは従来のWiMAX2+よりも格段に使いやすくなっていることは間違いありません。

WiMAX+5Gおすすめサービス

試しに使ってみたい人

BIGLOBE WiMAX 2+

  • 契約期間が1年間で解約手数料が安価!(一律1,100円(税込))
  • 申し込み翌月に10,000円(不課税)キャッシュバック
  • 支払い方法は口座振替対応
  • 12ヶ月以内に解約した時の違約金支払いリスクが限りなく低い

\申し込みはこちら/
BIGLOBE WiMAX 2+

3年間使い続けられる人

GMOとくとくBB WiMAX

  • 3年間の総費用が他プロバイダ比較で最安値クラス!
  • 端末費用が無料
  • プラスエリアモードオプションがいつでも無料

\申し込みはこちら/
GMOとくとくBB WiMAX

今すぐサービスを乗り換えたい人

BroadWiMAX

  • 他固定回線、ポケットWiFiからの乗り換えにかかる違約金を19,000円まで負担
  • 月額費用が割と安価(4,763円(税込)/月)
  • 端末費用が無料
  • オプション同時加入で5,000円(不課税)キャッシュバック
  • プラスエリアモードがいつでも無料

\申し込みはこちら/
BroadWiMAX

河村
ポケットWiFiを縛りなし/ありで月間容量別に掲載しています。是非ご活用ください!

 

 

ポケットWiFiデータベース▶︎▶︎

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!