スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

ドコモ、既存プラン値下げ|新プラン「5Gギガホ/ギガホプレミア」の提供を発表

Author:Ryosuke Kawamura(@hottyhottea)プロフィール
GreenWaves on Twitter @DenpaNavi

株式会社NTTドコモは、2020年12月18日に新料金プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」を発表、2021年4月1日から提供を開始することを発表しました。

ドコモ、新料金プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」を来春から提供開始

画像引用:ドコモ報道資料

従来のプランでは5GBギガホが月額8,415円(税込)/月間パケット上限100GB、ギガホが月額7,865円(税込)/月間パケット上限30GB(※60GBまで期限未定で増量中)で提供しています。

※いづれも価格は割引前の表示

新料金プラン「5Gギガホ」では従来プランより月額料金を1,100円(税込)値下げして「7,315円(税込)」とし、月間パケット上限については「無制限」としました。

なお、月間パケット使用量が3GB未満だった月は5,665円(税込)としています。

「ギガホプレミア」では、従来プランより月額料金を660円(税込)値下げして「7,205円(税込)」とし、月間パケット上限は現在と同様の「60GB」としました。

こちらも月間パケット使用量が3GB未満だった月は5,555円(税込)としています。

5Gと4Gの差額はわずか

5Gギガホプレミア(7,315円(税込))と4Gギガホ(7,205円(税込))の差額はわずかに110円(税込)としており、ユーザーの5Gプラン移行を狙ったものとみられます。

ドコモの5Gについては執筆時時点ではカバーエリアが一部地域に限定されており、まだまだ普及には時間がかかるものとみられるため、しばらくは5Gの恩恵を受けることは難しい印象です。

しかし、今後を見据えての料金設定にしたものと思われます。

新プランでは各種割引も適用可|ahamoは適用されない

「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」に関しては、従来通り各種割引の適用があります。

(新プラン)
5Gギガホ プレミア
利用可能データ量 無制限 ~3GB
各種割引適用前の料金 7,315円(税込) 5,665円(税込)
みんなドコモ割3回線以上 -1,100円(税込) -1,100円(税込)
ドコモ光セット割 -1,100円(税込) -1,100円(税込)
dカードお支払割® -187円(税込) -187円(税込)
お支払料金 4,928円(税込) 3,278円(税込)

 

(新プラン)
ギガホ プレミア
利用可能データ量 60GB ~3GB
各種割引適用前の料金 7,205円(税込) 5,555円(税込)
みんなドコモ割3回線以上 -1,100円(税込) -1,100円(税込)
ドコモ光セット割 -1,100円(税込) -1,100円(税込)
dカードお支払割
または2年定期契約
-187円(税込) -187円(税込)
お支払料金 4,818円(税込) 3,168円(税込)

 

<各種割引一覧>

みんなドコモ割3回線以上 -1,100円(税込)
みんなドコモ割2回線以上 -550円(税込)
ドコモ光セット割 -1,100円(税込)
dカードお支払割
または2年定期契約
-187円(税込)

<通話オプション料金>

音声オプション 月額料金 通話料
かけ放題オプション 1,870円(税込) 国内通話かけ放題
5分通話無料オプション 770円(税込) 国内通話
5分以内:無
5分超過分:30秒あたり22円(税込)

このようにドコモ関連のサービスでまとめると割引が適用されて安く使える、いわゆる「囲い込み」戦略が引き続き適用される形となります。

一方、新プランahamoについては「若者向け=単身者」をターゲットとしたプランとなっており、これら各種割引に関しては適用されません。

スマートフォンアクセサリー専門店 UNiCASE ユニケース

ユーザーは「ahamo」と「ギガホプレミア」の悩ましい選択を迫られることに

管理人の懸案事項としては、「新プランahamoと今回発表nなったプランではどちらがお得なの?」とユーザーが悩んでしまうことが挙げられます。

総務省発表のデータによれば、月間パケット通信量が20GB以上となっているユーザーは全体の11.3%となっており、8割以上のユーザーが月間20GB以下しか使っていないことがわかります。

この状況を踏まえると、月間パケット上限無制限、もしくは100GBという数字は多くの人にとってオーバースペックでしょう。

当サイトが行ったシミュレーションでは、月間20GB以下はahamo一択、~1GBの小容量は既存プラン、大容量ではギガホプレミアがおすすめという結果になりました。

https://greenwaves.jp/docomo-newplan-simulation/

ただし、ahamoに関してはWEB受付のみとなっているため一部ユーザーに対してのプラン変更ハードルは極めて高いと言えるでしょう。

各社は月間大容量のサービスを打ち出してきていますが、そこまでの利用を求めるユーザーがどれだけいるのかは疑問です。

加えて、月間100GB上限のモバイルWiFiルーターサービスとドコモギガライトステップ1を組み合わせた方が値下げした「ギガホプレミア」よりも安価というデータもあります。

ギガホプレミア ギガライト
ステップ1
月額料金 7,205円(税込) 3,278円(税込)
パケット上限 100GB 1GB
5分間通話 +770円(税込) +770円(税込)
みんなドコモ割3回線以上 ‐1,100円(税込) ‐1,100円(税込)
ドコモ光セット割 ‐1,100円(税込) ‐1,100円(税込)
dカードお支払割
または2年定期契約
-187円(税込) -187円(税込)
モバイルWiFiルーターサービス +3,388円(税込)/月間100GB
合計 5,588円(税込) 4,961円(税込)

※モバイルWiFiルーターサービスは月間100GB上限のモバイルWiFiルーターにおいて最安値クラスの「どこよりもWiFi」を想定

通信費の節約に関しては、今後も学んでいく必要がありそうです。

携帯&スマホ乗り換え手順を解説|格安スマホに番号そのまま(MNP)で通信費を節約

スマホ乗り換え方法

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!