MENU
docomo

ドコモ、記者会見で新プラン「アハモ(ahamo)」について発表|月額2,980円で月間20GBまで使用可能

2020年12月18日|既存ドコモユーザーが専用サイトでプラン変更手続きでahamoへ変更できるように仕様が変更になりました。

2021年1月14日|ファミリー割引、みんなドコモ割、ドコモ光セット割の条件が明らかになりました。

参考:ITMedia

2021年2月5日|報道発表資料でahamoの提供開始が2021年3月26日となることが発表されました。

参考:報道発表資料|ドコモ(2021年2月5日)

当サイトの取材により、以前契約していたプランの違約金は留保され、ahamoを解約した際に請求される可能性があることが判明しました。

NTTドコモから正式回答あり|ahamo解約時には違約金がかかる場合が判明 2021年3月26日からサービス開始となることが判明したNTTドコモの廉価料金プラン「ahamo」が話題となっています。 ...

NTTドコモは2020年12月3日14時~記者会見を開き、今後の料金戦略に関しての発表を行い、新プラン「ahamo(アハモ)」について主に説明を行いました。

今回発表された新プランは既存の「ギガホ」「ギガライト」などの既存プランの一つとして提供されるとのことです。

ドコモ、既存プラン値下げ|新プラン「5Gギガホ/ギガホプレミア」の提供を発表 株式会社NTTドコモは、2020年12月18日に新料金プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」を発表、2021年4月1日か...

エコノミーに該当する超廉価プランに関してはMVNOを中心に今後検討していくとのことです

参考:ドコモ報道発表資料

<PR>

  • スマホ乗り換え手数料シミュレーター
  • スマホ乗り換え相談所オンライン
  • スマホ乗り換え方法と注意点
  • モバイルWiFiカスタム検索
  • クラウドSIMWiFiルーター通信速度測定比較ランキング
  • クラウドSIMWiFiルーター徹底比較総合ランキング

ドコモ新プラン「ahamo(アハモ)」の料金と特徴について

新プランアハモの概要を紹介します。

  • 月額料金2,980円
  • 月間パケット上限20GB
  • 規定容量超過後は1Mbpsに制限
  • パケットチャージは500円/GB
  • 5分以内の通話が無料(料金に内包)
  • すべての手続きがオンラインで可能
  • 4G/瞬速5G対応
  • SIMカードのみでの契約可能
  • dアカウント必須
  • 事務手数料無料
  • 2年縛りなし
  • キャリアメールなし
  • 海外(82か国)でもそのまま20GBまで利用可能
  • 提供開始は2021年3月26日から(追記)
  • ファミリー割引は適用不可だがファミリー割引の回線数にカウント→対象プランからahamoへの通話は無料、逆は有料(追記)
  • みんなドコモ割は適用不可だが家族回線にはカウントされる→対象プランの月額料金が割引(追記)
  • ドコモ光割は適用不可→同一グループ内の対象プラン契約が割引対象になる(追記)

リリースを記念して、特に人気の高いスマートフォンを提供予定とのことです。

乗り換えについての案内|ドコモユーザーは無料

新プラン「アハモ」への移行に関しては、ドコモユーザー以外は2021年3月~専用のウェブサイトで簡易な手続きを行うことで契約可能としています。

また、既存ドコモユーザーに関しても2021年5月まではシステム上、上記同様の手続きが必要とのことです。

2021年5月以降はプラン変更という形で手続きが行えるとのことです。

12月18日発表資料でこれについて更新され、ドコモユーザーでも3月から専用ウェブサイトでのプラン変更手続きが可能となりました。

ドコモユーザーに関しては、井伊社長曰く「手数料は無料」とのことです。

しかし、ahamoに関してはドコモ回線継続利用期間を引き継ぐため、旧プラン→ahamoへの移行では違約金は発生しませんが、ahamo解約が旧プラン契約から2年以内だった場合に違約金9,975円(税込)が発生します。

自社サブブランドへの移行手数料を無料へ(KDDI・ソフトバンク)寡占へと逆戻りする日本の携帯市場 2020年12月9日、KDDIと沖縄セルラーは自社メインプランドである「au」と2020年10月からサブブランドとなった「UQモ...

先行予約でdポイント3000ポイントプレゼント

また、アハモを先行予約された方については、dポイント3000ポイントをプレゼントするとのことです。

アハモ設計に関して

アハモはドコモの若手社員を中心にプラン設計がされたとのことです。

若手社員を代表して2人の方が登壇し、それぞれアハモの特徴を説明しました。

右:井伊社長 中央:佐々木千秋さん(サービスデザイン部)
左:高山賢人さん(マーケティング部)

アハモのはデジタルネイティブ/ニューノーマル向けの新プラン

社会人になると約5割の方がスマートフォンを家族名義から個人名義に変更しています。

これから社会に出ていく20代はデジタルネイティブ、ソーシャルネイティブと言われ、初めて持つ携帯電話がスマホ、情報感度リテラシーが非常に高いと言われています。

現行プランは家族で使うことで割引ができる仕組みのため、個人としてぴったりなプランを提供したいという思いからアハモが生まれたとのことでした。

<PR>

\あなたにぴったりのプラン/
スマホ乗り換え診断▶▶

アハモのデザインについて

アハモUIについての説明|佐々木 千秋 サービスデザイン部

申込から機種変更、各種設定まですべてオンラインで可能となっています。

WEBサイトにアクセスし、お客様情報入力、EKYCによる本人確認後、決済方法を選ぶだけです。(キャッシュレス決済がベース)

専用アプリについては、キャリアショップへ行かなくても知りたい情報がわかるアプリ設計とし、アハモアプリ一つですべて対応できることを目指したとのことです。

まとめ

井伊社長は会見の最後で「デジタルネイティブの世代にそって成長していきたい」と発言し、新プランは20代を中心とした世代向けに提供していきたいサービスということを強調しました。

KDDIとソフトバンクはサブブランドで月間上限20GB/4,000円程度の新プランをリリースすることを発表していますが、見直しを迫られた結果、ソフトバンクではahamo同様に2,980円(3,178円税込)、KDDIは2,480円(2,728円税込)で5分間まで通話無料オプションは500円(550円税込)としました。

一方でドコモメインブランド本体からこれだけ廉価な「ちょうどいい」パケット容量のプランが出てしまうことで懸念されるのが市場流動性の低下です。

「アハモ」というあたかもサブブランドかのようなネーミングからも、先の武田総務大臣の発言を踏まえてサブブランド計画を切り替えて、メインに組み込んできた可能性もあります。

やはり、ギガホ、ギガホライト、アハモという並びは不自然です。

28年前にNTTドコモを分離したのは一体なんのためだったのでしょうか。

これはやはり総務省アクションプランとは大きく乖離していると考えます。

ジャーナリスト石川氏が「笛吹けど踊らず」と言っていましたが、まさにその通りです。

各社料金プランが大きく動いているため、自分に見合った料金プラン探しは「スマホ乗り換え相談所オンライン」をご活用ください!

スマホ乗り換え相談所オンライン
スマホ乗り換え相談所オンライン|あなたにぴったりのスマホ料金プランが見つかる! \番号はそのまま/ 乗り換え方法はこちら https://greenwaves.jp/plan_migratio...

Author:Ryosuke Kawamura(GreenEchoesStudio代表)

記事一覧を見る

<PR>おすすめ光回線

【公式】enひかり

☆契約期間がないから違約金なし
☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
☆いつでもWiFi3泊4日レンタル無料!
☆1Gbps以上の高速通信に対応(NTTフレッツ光回線使用)
★enひかりクロスは10Gbpsに対応
戸建て:4,730円(税込)
マンション:3,630円(税込)

 

【実質0円】楽天モバイル|Rakuten WiFi Pocketは1年間タダのりで通信費を大幅節約できる!メリットとデメリットを解説 <要点> 楽天モバイル通信料金1年間無料&Rakuten WiFi Pocket端末実質0円で1年間無料でデータ通信が...
スマホ乗り換え方法と注意点
【特集】携帯キャリアを番号そのまま(MNP)で乗り換え!スマホ料金をお得に節約しよう ※本コンテンツは総務省携帯電話ポータルサイトを参考にしています。 「通信費を節約したい!」 「スマホを乗り換えたい!...
キャリアでもMVNOでもない選択肢とは?|ソフトバンク5000円以下20-30GB新プラン報道から第三の可能性を考える 2020年10月13日、オンラインニュースを中心にソフトバンクが新料金プランを検討しているというトピックスが舞い込んできました。...
総務省、モバイル市場の競争環境整備に向けた「アクションプラン」を発表…その詳細とは 2020年10月27日、総務省はモバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクションプランを発表しました。 引用:総務...
KDDI、ソフトバンクが20GB/5,000円以下の新プランを投入…|ドコモとMVNOの今後の動きについて 菅政権が推し進めたい「携帯電話料金の値下げ」要請を受けて、大手キャリア2社が動きました。 au/UQ mobileを運営す...
総務省、キャリアメールなどにメス|菅新政権が進める携帯料金改革はちょっとずれてきた…? 菅新政権となって早1か月が経過し、根幹に掲げている「携帯電話料金4割値下げ」の具体的な施策が出てきました。 2020年10...
ドコモ・au・ソフトバンクの中古スマートフォンが利用者以外でもSIMロック解除可能に|中古端末格安SIM市場の起爆剤になるか 2020年10月1日、ソフトバンクはスマートフォンの中古端末のSIMロック解除を同社サイトおよび店頭で行うことを発表しました。 ...
【総まとめ】ポケットWiFi(モバイルWiFi)ルーター界隈の2020年下半期の最新動向報告 当サイト「GreenWaves」ではモバイルWiFiの最新動向について調査しています。 本記事では2020年下半期(6月~...
【総務省発表】携帯電話主力4ブランド、大容量プランが42%、内月間20ギガバイト以下の割合が88.7%という結果に 武田総務大臣の熱弁が止まりません。 武田総務大臣は11月26日に行われた記者会見で、記者の質問に対して大手4キャリアの利用...

 

 

 

 

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新の通信情報を手に入れよう!

友だち追加

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST