スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

povoとUQモバイルの料金プランの違いを比較!乗り換えであなたが向いているのはどっち?

Author:Ryosuke Kawamura(@hottyhottea)プロフィール
GreenWaves on Twitter @DenpaNavi

auのオンライン専用新プラン「povo」とUQモバイルの新料金プラン「くりこしプランS・M・L」…どちらを選べばよいかわからない方が多いことでしょう。

特にpovoとくりこしプランMは月額費用が共に2,728円となっており、悩みどころです。

povoに関しては申し込みからサポートまでが全てオンラインとなっており、店舗でのサポートを受けることができません。

そういった点では実店舗でのサポートや電話でのサポートが受けられるUQモバイルの方がおすすめです。

また、2021年6月10日からUQモバイルでは「でんきセット割」もスタートしたことで単身でも複数回線でも安価に使用することが出来ます。

あわせて読みたい
UQモバイル、UQでんき/auでんき「でんきセット割」を開始|ワイモバイルより安価、MVNO水準の価格に KDDI、沖縄セルラーは2021年6月10日より「でんきセット割」の提供を開始しました。 UQモバイルを利用しているユーザーまたは家族が対象のサービス「UQでんき/auでんき」...

本記事では「povo」「くりこしプラン」との違いを徹底比較して、あなたにぴったりのプランはどちらなのか解説していきます。

KDDIaupovo」とUQモバイル「くりこしプラン」|料金プラン概要を比較

それでは早速povoとUQモバイルのプラン概要を見ていきます。

優位な点は「赤字」不利な点は「青字」で記載しています。

→スクロールできます

プラン名 povo くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
通信事業者 KDDI KDDI KDDI KDDI
事業種別 MNO MNO MNO MNO
使用回線 au 4G/5G au 4G/5G
※5G対応2021年夏
au 4G/5G
※5G対応2021年夏
au 4G/5G
※5G対応2021年夏
開始時期 2021年3月 2021年2月 2021年2月 2021年2月
月額費用(¥) 2728 1628 2728 3828
パケット上限(GB) 20 3 15※ 25※
超過後速度 1Mbps 300kbps 1Mbps 1Mbps
パケットチャージ(GB/¥) 550円/1GB 220円/100MB
550円/500MB
220円/100MB
550円/500MB
220円/100MB
550円/500MB
テザリング上限 容量上限まで 容量上限まで 容量上限まで 容量上限まで
テザリング利用料 無料 無料(申込不要) 無料(申込不要) 無料(申込不要)
データ使い放題 220円追加/24時間 × × ×
ギガノーカウント × × × ×
海外ローミング 検討中 × × ×
通話定額(¥) 550円/5分かけ放題
1650円/かけ放題
770円|10分間かけ放題
1,870円|かけ放題
550円|60分/月
770円|10分間かけ放題
1,870円|かけ放題
550円|60分/月
770円|10分間かけ放題
1,870円|かけ放題
550円|60分/月
通話料金(円/30秒) 22 22 22 22
特記事項 データ繰り越しなし 節約モード(300Kbps)で
カウントフリー

余ったデータは
翌月繰り越し
節約モード(1Mbps)で
カウントフリー

余ったデータは
翌月繰り越し
節約モード(1Mbps)で
カウントフリー

余ったデータは
翌月繰り越し
新規契約手数料(¥) 3300 3300 3300 3300
店頭サポート ×
契約 オンライン 店頭
オンライン
店頭
オンライン
店頭
オンライン
支払い方法 不明 口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
クレジットカード割引
なし なし なし なし
固定回線セット割 なし なし なし なし
複数回線割引 なし なし なし なし
セット割併用
速度制限 可能性あり 6GB/直近3日間で
制限可能性あり
6GB/直近3日間で
制限可能性あり
6GB/直近3日間で
制限可能性あり

※くりこしプランM・Lについて、2021年4月まで5GB分はUQポータルアプリでのチャージが必要

povo,UQモバイルではともにテザリング利用料金は無料、テザリングについてはパケット上限まで使用することが可能です。

【比較】povoとくりこしプランの明確な違い

povoとUQモバイルは両者KDDIが提供する料金プランとなっています。

UQモバイルの位置づけとしては「サブブランド」となりますが、auと同様の電波を使っていると思われるため、実質的にはauと考えても差し支えないでしょう。

本項では明確な違いについて解説していきます。

<povoとUQモバイルの違い>

  1. 申込方法の違い
  2. 対応電波の違い
  3. パケットチャージ料金の違い
  4. 通話定額費用の違い
  5. 【UQモバイル独自】UQでんきセット割でお得
  6. 【UQモバイル独自】余ったパケット通信量が翌月に繰り越せる
  7. 【UQモバイル独自】ターボオフでパケットノーカウント
  8. 【UQモバイル独自】3日間で6GB以上通信すると速度制限
  9. 【UQモバイル独自】UQ学割でお得に使える
  10. 【povo独自】24時間/200円でパケット無制限オプションあり

申込方法の違い|povoはオンライン専用

<申込方法>

povo|オンライン専用(申込は専用WEBサイトからのみ)

UQモバイルくりこしプラン|店頭またはWEBサイトから可能

povoはオンライン専用プランとなっており、申し込みだけでなくサポートについてもオンラインでのみしか行ってくれません。

スマートフォンアクセサリー専門店 UNiCASE ユニケース

残念ながらauショップでは申し込みもサポートも受けることはできません。

オンライン専用プランとすることで人件費や手続きにかかるコストを削減することでこの料金を実現しているため、今後もauショップ店頭で申込をすることはできないでしょう。

一方でUQモバイルであればauショップと併売となっているケースが多く、全国に店舗がたくさんあるため、WEBでの手続きが難しい人でも店頭で乗り換えや新規契約手続きができます。

対応電波の違い|UQモバイル5G対応は2021年夏以降

povoとUQモバイルは両プランともに「4G/5G」対応となっています。

しかし、UQモバイルでは、5G対応に関しては2021年夏頃を予定しているため、povoと比べると開始時期は若干遅れます。

実際の5Gカバーエリアに関してはまだまだ狭いため、これに関しては気にしなくでもいいでしょう。

ドコモ5Gギガホプレミアでは「5G専用端末」の用意が必要であり、対応端末がない場合には必然的にギガホプレミアを申込む形となります。

auとソフトバンクについては4G/5G共通のプランとなっており、4G端末のままでも利用できるプランとなっています。

これに倣い、UQモバイルとpovoの両プランでは、4G端末であっても契約することができるます。

5G電波を使って通信がしたい方に関しては、iPhone12など5G対応機種への機種変更が必要です。

<注意点>

5G電波を利用するためには5G対応端末の用意が必須となります。

5G対応端末でない場合でも問題なく4G電波を使って通信をすることが出来ます。

パケットチャージ料金の違い

プラン名 povo くりこしプラン
パケットチャージ
(GB/¥)
550円/1GB 220円/100MB
550円/500MB

パケットチャージ料金に関してはpovoの方が安価となっています。

スマホ乗り換え方法

povoが1GBチャージが550円になっているのに対して、UQモバイルでは1GB チャージするのに1100円かかります。

単純にUQモバイルの方がチャージする際のデータ単価が高いため、頻繁にチャージするようであれば24時間/200円でデータ無制限トッピング=オプションがあるpovoの方がいいでしょう。

通話定額費用の違い

プラン名 povo くりこしプランS
通話定額(¥) 550円/5分かけ放題
1650円/かけ放題
770円|10分間かけ放題
1,870円|かけ放題
550円|60分/月

通話定額オプションについては、かけ放題の時間が異なっているため単純比較はできません。

かけ放題を選択したいのであればpovoの方が良いでしょう。

通話定額に関しては、現在ではパケット通信を使ったIP電話(LINEでんわ)などでも音声通話は利用できるため、重視しない方も多いと思われます。

あわせて読みたい
通話定額かけ放題は必要?必要となる通話時間目安とIP電話活用での通話料節約方法を解説 携帯電話料金プランを選ぶ際に気になることは「月にどれくらいのパケットが使えるか」ということに加えて「通話オプションが充実しているかどうか」という点です。 特に...

【UQモバイル独自】UQでんきセット割でさらにお得に

2021年6月10日からスタートしたUQでんきセット割で「くりこしプラン」が大幅に値引きされます。

1回線の契約でも割引対象となるため、UQモバイルユーザーはUQでんき/auでんきを契約することをお勧めします。

スクロール可能→

料金プラン名 くりこしプラン
S
くりこしプラン
M
くりこしプラン
L
お支払い
合計額
Ⅰ~Ⅱ
900円/月
(税込990円/月)
1,900円/月
(税込2,090円/月)
2,700円/月
(税込2,970円/月)

月額料金
1,480円/月
(税込1,628円/月)
2,480円/月
(税込2,728円/月)
3,480円/月
(税込3,828円/月)

でんきセット割
-580円/月(税込-638円/月)
-580円/月(税込-638円/月)
-780円/月(税込-858円/月)
基本
データ容量
3GB/月 15GB/月 25GB/月
基本データ
容量超過時
or
節約モード時
最大
300Kbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps

 

【UQモバイル独自】余ったパケット通信量が翌月に繰り越せる

UQモバイルの独自機能としては、当月中に使用しなかったパケットを次の月に繰り越せる機能が付与されています。

競合プランとなる「ワイモバイルシンプルプラン」にはついておらず、povoにも同様の機能はついていません。

使うパケット量に月ごとで波がある人にとっては非常にうれしい機能となります。

【UQモバイル独自】ターボ機能オフでパケットノーカウント

UQモバイルでは、専用アプリ上で「ターボ機能オフ」が選択できます。

これは、データ通信量を低速(Sプランでは300kbps、他プランは1Mbps)とすることで、低速時の通信は当月のデータ通信量にカウントしない=パケットノーカウントとなる機能です。

移動中にストリーミングミュージックを流すときや、GoogleMapを使用するときなど、パケットの消費を抑えることが出来ます。

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

これは執筆時時点ではUQモバイルだけの機能となっています。

【UQモバイル独自】3日で6GB以上消費すると速度制限となる可能性

UQモバイル公式ページでは速度制限について以下の記載があります。

【通信速度制限】
※ネットワーク混雑回避のために、直近3日間に6GB以上のご利用があったお客さまの通信速度を、翌日にかけて制限させていただきます。
※各プランのデータ容量を超過後は、くりこしプランSでは最大300kbps、くりこしプランM、くりこしプランLでは最大1Mbpsに通信速度を制限します。
●ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。また、最大通信速度は対応機種により異なります。

引用:https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/kurikoshi/

このように直近3日間で6GB以上の通信があった場合、翌日にかけて速度制限がかかります。

速度制限なく一時的に大容量通信を行いたい方はpovoの「200円/24時間データ通信量無制限」トッピングを使用した方がいいでしょう。

【povo独自】24時間/220円でパケット無制限オプションあり

au新プラン「povo」では追加トッピングとして「24時間データ通信量無制限」オプションがあります。

これは、200円課金することでその日のデータ通信量の上限なしで通信できるようにするものです。

UQモバイルと比較しても、povoは直近3日間のデータ通信量に関しての制限もなく、この「トッピング」があるため、短期間に大容量通信を行う可能性がある人はpovoの方が向いているといえます。

UQモバイルとpovoに共通している項目とデメリット

続いて、povoとUQモバイルに共通している項目なデメリットについて見ていきます。

家族割がない

povo/UQモバイルには家族割がありません。

オンライン専用プランpovoやUQモバイルに関しては「単身者向け」のプランとなっており、複数回線契約による割引=家族割がありません。

ただし、その分、家族割のあるワイモバイルに比べると「1回線のみ」での契約はUQモバイルの方が安価となっています。

あわせて読みたい
UQモバイル新プラン「くりこしプラン」について解説!乗り換えMNP移行やプラン変更でお得に!ワイモバイ... 2021年2月1日からUQモバイルで新料金プラン「くりこしプラン」がスタートしました。 くりこしプランは旧「スマホプラン」と比較して ①家族割の廃止 ②光回線セット割(ギ...

しかし、2021年6月10日から「UQでんきセット割」がスタートしたため、家族割があるワイモバイルと比べても非常に安価に使用できるようになりました。

あわせて読みたい
UQモバイル、UQでんき/auでんき「でんきセット割」を開始|ワイモバイルより安価、MVNO水準の価格に KDDI、沖縄セルラーは2021年6月10日より「でんきセット割」の提供を開始しました。 UQモバイルを利用しているユーザーまたは家族が対象のサービス「UQでんき/auでんき」...

auのキャリアメールは使えない

povo/UQモバイルに共通して、「kddi.ne.jp」などのKDDIが提供しているauのキャリアメールを引き続き使うことはできません。

よって、これらふたつのいずれかに契約した瞬間にキャリアメールが使用できなくなります。

クレジットカードやLINE引き継ぎ設定などでキャリアメールを指定してる場合は、それらを全てGmailなどのフリーメールアドレスを取得したのちに変更する必要があります。

フリーメールアドレスであれば乗り換えをした後も問題なく使用可能です。

あわせて読みたい
キャリアメールの代わりにGmailをメインに切り替える方法や他の注意事項【ahamo/povo/LINEMO対応 】 ドコモ・au・ソフトバンクから新たに「オンライン手続き専用プラン」がリリースされました。 2021年3月開始 ドコモ|ahamo(2021年3月26日提供開始) au|povo(2021年3...

対応機種(対応端末)が限られる

povoに関しては対応機種が限られています。

現時点で対応が確認できている機種に関しては下記の通りです。

povo対応機種一覧
povo対応のiPhone
シリーズ
iPhone iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro MAX、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE (第2世代)、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE (第1世代)、iPhone 6s、iPhone 6s Plus
povo対応のau製品
メーカー 製品
auブランド Qua phone QZ、Qua phone QX、Qua phone PX、Qua phone
グーグル Pixel 5
HTC HTC U11 HTV33、HTC 10 HTV32、HTC J butterfly HTV31
ファーウェイ HUAWEI P30 lite Premium HWV33、HUAWEI P20 lite HWV32、HUAWEI nova 2 HWV31
京セラ GRATINA KYV48、BASIO4、TORQUE G04、URBANO V04、BASIO3、TORQUE G03、rafre KYV40、miraie f、URBANO V03、DIGNO rafre KYV36、TORQUE G02、URBANO V02、INFOBAR A03、BASIO、URBANO V01
LG LG it LGV36、isai V30+ LGV35、isai Beat LGV34、isai vivid LGV32、isai VL LGV31
OPPO OPPO Find X2 Pro OPG01
サムスン Galaxy A32 5G SCG08、Galaxy A51 5G SCG07、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06、Galaxy Z Fold2 5G SCG05、Galaxy Z Flip 5G SCG04、Galaxy S20 Ultra 5G SCG03、Galaxy S20+ 5G SCG02、Galaxy S20 5G SCG01、Galaxy A41 SCV48、Galaxy Z Flip SCV47、Galaxy A20 SCV46、Galaxy Note10+ SCV45、Galaxy Fold SCV44、Galaxy A30 SCV43、Galaxy S10+ SCV42、Galaxy S10 SCV41、Galaxy Note9 SCV40、Galaxy S9+ SCV39、Galaxy S9 SCV38、Galaxy Note8 SCV37、Galaxy S8 SCV36、Galaxy S8+ SCV35、Galaxy S7 edge SCV33、Galaxy A8 SCV32、Galaxy S6 edge SCV31
シャープ AQUOS sense5G SHG03、AQUOS zero5G basic DX SHG02、AQUOS R5G SHG01、AQUOS sense3 basic、AQUOS zero2 SHV47、AQUOS sense3 plus サウンド SHV46、AQUOS sense3 SHV45、AQUOS R3 SHV44、AQUOS sense2 かんたん、AQUOS sense2 SHV43、AQUOS R2 SHV42、AQUOS R compact SHV41、AQUOS sense SHV40、AQUOS R SHV39、AQUOS SERIE mini SHV38、AQUOS U SHV37、BASIO2、AQUOS U SHV35、AQUOS SERIE SHV34、AQUOS SERIE mini SHV33、AQUOS SERIE SHV32、AQUOS SERIE mini SHV31
ソニーモバイル Xperia 5 II SOG02、Xperia 1 II SOG01、Xperia 10 II SOV43、Xperia 8 SOV42、Xperia 5 SOV41、Xperia 1 SOV40、Xperia XZ3 SOV39、Xperia XZ2 Premium SOV38、Xperia XZ2 SOV37、Xperia XZ1 SOV36、Xperia XZs SOV35、Xperia XZ SOV34、Xperia X Performance SOV33、Xperia Z5 SOV32、Xperia Z4 SOV31
シャオミ Mi 10 Lite 5G XIG01
ZTE ZTE a1 ZTG01
povo対応のSIMフリー※対応端末は一部機能が利用できない可能性あり
メーカー 製品
ASUS ROG Phone 3 (ZS661K)、ZenFone 7 (ZS670KS)、ZenFone 7 Pro (ZS671KS)、ROG Phone 2 (ZS660KL)、ZenFone 6(ZS630KL)、ZenFone Max (M2) (ZB633KL)、Zenfone MAX Pro (M2)(ZB631KL)、Zenfone MAX Pro (M1)(ZB602KL)、ZenFone Live( L1)(ZA550KL)、ROG Phone (ZS600KL)、ZenFone Max (M1)(ZB555KL)、ZenFone 5Z (ZS620KL)、ZenFone 5Q (ZC600KL)、ZenFone 5 (ZE620KL)、ZenFone 4 Max (ZC520KL)、ZenFone 4 Selfie (ZD553KL)、ZenFone 4 Max Pro (ZC554KL)、ZenFone 3 Max (ZC520TL)、ZenFone 4 Pro (ZS551KL)、ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)、ZenFone 4 (ZE554KL)、ZenFone Live (ZB501KL)、ZenFone AR (ZS571KL)、ZenFone Zoom S (ZE553KL)、ZenFone 3 Ultra (ZU680KL)、ZenFone 3 Max (ZC553KL)、ZenFone 3 Laser (ZC551KL)、ZenFone 2 Laser (ZE500KL)、ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)、ZenFone3(ZE520KL)、ZenFone Go (ZB551KL)
富士通 arrows BZ01、arrowsM04、arrowsM03
グーグル Pixel 4a(5G)、Google Pixel 4a、Pixel 4、Pixel 4 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 3、Pixel 3 XL
ファーウェイ NOVA(CAN-L12)、HUAWEI P10 lite
MAYA SYSTEM FREETEL REI 2 Dual (FTJ17A00)、jetfon(G1701)
モトローラ moto g6 plus(XT1926-5)、moto g6(XT1925-7)、moto e5(XT1944-6)、Moto X4(XT1900-2)、Moto G5s(XT1797)、Moto G5s Plus(XT1805)、moto z3 play (XT1929-8)、moto g6 play (XT1922-1)
OPPO OPPO A73(CPH2099)、OPPO Reno3 A(CPH2013)、OPPO A5 2020、OPPO Reno A、OPPO Reno 10x Zoom、OPPO AX7、R17 Pro、R15 Pro、R17 Neo、R15 Neo、R11s
ピーアップ Mode1 RS (MD-03P)
シャープ AQUOS SH-M04
TCL BlackBerry KEY2 (BBF100-9)、Alcatel SHINE LITE(5080F)、Alcatetel IDOL 4(6055D)
トリニティ NuAns NEO [Reloaded] (NA-CORE2-JP)
ウイコウ・ジャパン View、Tommy3plus
ZTE ZTU31、BLADE E02

表引用:ケータイWatch/参考:povo

非表示のコンテンツ

UQモバイルの対応端末についてはこちらをご覧ください。

iPhoneなら機種そのまま使用可能

povo/UQモバイルに共通して、iPhone端末であれば問題なく使用可能です。

ただし、UQモバイルはiPhone5sまで対応していますが、povoに関してはiPhone6s以降でないと使用できない点は注意が必要です。

povo UQモバイル
対応しているiPhone iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro MAX、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE (第2世代)、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE (第1世代)、iPhone 6s、iPhone 6s Plus iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro MAX、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE (第2世代)、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE (第1世代)、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 5

SIMの入れ替えが必要な場合あり

UQモバイルに関しては、同じKDDIのサブブランドですが、たとえ現在契約しているのがauであってもSIMカードの交換入れ替えが必須です。

povoに関してはauを使用しているユーザーであれば殆どの場合SIMカードの入れ替えは不要でそのまま使えますが、下記の場合に該当する場合のみ変更が必要です。

  • VoLTE非対応のauスマホを利用している(黒いSIMカードを使っている)ユーザー
  • 一部のiPhoneを利用しているユーザー※
  • auケータイを利用しているユーザー

※下記iPhoneを使用していて且つ、auの黒いSIMカードが挿入されているユーザーに関しては4月1日以降にSIMカードの交換手続きを行うとpovoへ以降可能です。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus

ドコモやソフトバンクからの乗り換えにはSIMロック解除が必要

ドコモ、ソフトバンクからの乗り換えに関して、現在使用しているiPhoneなどの端末をそのまま使用する場合は、SIMロックの解除手続きが必要です。

下記を参考に手続きを行ってください。

ドコモSIMロック解除方法

ドコモでのSIMロック解除要件

ドコモ

現在のキャリアのSIMロック解除の要件については、総務省が2019年11月22日に施行したガイドラインに則っています。

このガイドラインではSIMロックの即時解除を義務化しています。

ドコモでのSIMロック解除要件等は下記に紹介します。

SIMロック解除にかかる料金

◆料金(スマートフォンの場合|ガラケーは無料)

  • WEB受付:無料
  • 電話受付:有料(事務手数料3,000円)
  • 店舗受付:有料(事務手数料3,000円)

※端末購入当日は販売店でのSIMロック解除は無料
※中古端末の場合(ドコモユーザー以外)は電話での受付は不可

SIMロック解除受付窓口

SIMロック解除が可能な機種

SIMロック解除が可能な端末は下記リンクからご覧ください

(公式サイトへジャンプ)

2015年5月以降に発売された機種

2011年4月~2015年4月に発売された機種

SIMロック解除に関する条件

◆新規購入の場合

下記のいずれかの条件を満たす場合にSIMロックを解除した状態で引き渡しが可能

<回線契約あり>

  • 当該回線のSIMロック解除から100日が経過した場合
  • 当該機種の一括購入
  • 当該機種を分割購入(クレジットカード払い)

<回線契約なし>

  • 当該機種の一括払い
  • 「スマホおかえしプログラム」を適用、支払い方法をdカードもしくはdカードゴールドによるクレジットカード払い

◆既存端末の場合

<自分で購入した場合>

  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと
  • 購入日から101日以上経過した機種であること

ただし、下記条件のいずれかを満たせば100日以内でもSIMロック解除が可能

  • 当該回線において過去(回線契約期間中)SIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
  • 当該機種を一括払いで・または分割支払金/分割払金を精算された場合
  • 当該機種(解約済回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金のお支払方法をクレジットカードに設定いただいた場合

<自分で購入していない場合(中古端末)>

下記条件のいずれかに該当

  • 一括購入の場合は無条件で解除可能
  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと
  • ドコモの販売店で分割払いで購入された日から100日経過した機種であること

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかはこちらから確認可能です。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト|ドコモ

参考:ドコモFAQ

ソフトバンクSIMロック解除方法

ソフトバンクのSIMロック解除要件

現在のキャリアのSIMロック解除の要件については、総務省が2019年11月22日に施行したガイドラインに則っています。

このガイドラインではSIMロックの即時解除を義務化しています。

ソフトバンクでのSIMロック解除要件等は下記に紹介します。

SIMロック解除にかかる料金

◆料金(スマートフォンの場合|ガラケーは無料)

  • WEB受付:無料
  • 電話受付:なし
  • 店舗受付:有料(事務手数料3,000円)

※端末購入当日は販売店でのSIMロック解除は無料

SIMロック解除受付窓口

SIMロック解除が可能な機種

SIMロック解除が可能な端末は下記リンクからご覧ください

(公式サイトへジャンプ)

SIMロック解除可能機種

SIMロック解除に関する条件

◆新規購入の場合

下記のいずれかの条件を満たす場合にSIMロックを解除が可能

  • 当該機種の一括購入
  • 当該機種を分割購入(クレジットカード払い)

※中古端末の場合、一括支払いであれば即日SIMロック解除可能、分割払いの場合は101日目以降に可能

※新規購入の場合、その場でSIMロック解除可能

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかはこちらから確認可能です。

ネットワーク利用制限確認|ソフトバンク

参考:ソフトバンク

UQモバイルからpovoへの乗り換えは手数料無料

GreenWaves(グリーンウェーブス)
スマホ乗り換え手数料シミュレーター|乗り換えでかかる違約金(契約解除料)などを一度に確認! | GreenWave... \画面切り替えまでちょっと待ってね!/ ようこそ スマホ乗り換えでどれくらい手数料がかかるかをチェックしましょう。 スタート! タップして拡大 スマホ乗り換え相談所...

例えば、UQモバイルを契約して、「やっぱりこのプランは損だな」と思った方は、2021年4月1日からpovo(au)へ乗り換える場合、すべての手数料は無料となります。

無料となる手数料

MNP転出手数料

契約解除料(違約金)

契約事務手数料(初期費用)

povoとUQモバイルくりこしプラン、どっちがおすすめ?

以上を踏まえて、UQモバイル新プラン「くりこしプラン」とau「povo」はどんな人が向いているかまとめます。

UQモバイル「くりこしプラン」がおすすめな人はこんな人

UQモバイル新プラン「くりこしプラン」がおすすめな人はこんな人です。

  • 店頭でのサポートが必要な人
  • 月々のパケット通信量が一定でおおよその使用目安が立っている人
  • ちょっとでもパケット通信量を節約したい人
  • 3日で6GB以上通信する予定がない人
  • 通話はそれほどしない人
  • 制限後速度1Mbpsでもストレスを感じない人
  • UQでんきセット割で少しでもお得に使いたい人

また、UQモバイルに加入した後、povoへ乗り換えたい場合には全ての手数料が無料で乗り換えができるため、まずは実店舗サポートが安心なUQモバイルから契約することもおすすめできます。

現在実施しているキャンペーンは下記の通りです。

現在実施しているキャンペーン一覧です。

でんきセット割で大幅割引

UQでんきセット割内容

UQモバイルでは、UQでんき/auでんき契約の本人/家族が専用サイトから「でんきセット割」を申し込むと「くりこしプラン」の料金が割引になります。

→スクロールできます

料金プラン名 くりこしプラン
S
くりこしプラン
M
くりこしプラン
L
お支払い
合計額
Ⅰ~Ⅱ
900円/月
(税込990円/月)
1,900円/月
(税込2,090円/月)
2,700円/月
(税込2,970円/月)

月額料金
1,480円/月
(税込1,628円/月)
2,480円/月
(税込2,728円/月)
3,480円/月
(税込3,828円/月)

でんきセット割
-580円/月(税込-638円/月)
-580円/月(税込-638円/月)
-780円/月(税込-858円/月)
基本
データ容量
3GB/月 15GB/月 25GB/月
基本データ
容量超過時
or
節約モード時
最大
300Kbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps

【公式】UQモバイル

でんきセット割申し込みフォーム

 

UQでんきPontaポイントプレゼント

UQでんきPontaポイントプレゼント

UQでんき新規加入で4ヶ月以内に開通した方全員に2,000Pontaポイントプレゼント

期間:2021年12月1日〜

対象:受付期間内にUQでんきに新規加入

au新プラン「povo(ポヴォ)」がおすすめな人はこんな人

au新プラン「povo」がおすすめな人はこんな人です。

  • ◎店頭でのサポートが不要でオンライン手続きでも不満を感じない人
  • ◎頻繁に大容量通信をする可能性がある人
  • ◎頻繁にデータチャージをする可能性がある人
  • ◎月々のパケット通信量に波がある人
  • ◎通話定額「かけ放題」が選びたい人

povoはオンライン専用プランのため、申し込みのハードルが高く、またサポートも全てオンラインのため、スマートフォンに精通した玄人向けんサービスと言わざるをえません。

安いから、という理由では契約はあまりお勧めできないでしょう。

不安な方は同価格(2,728円)で月間15GB(povoは20GB/月)のUQモバイルの「繰越しプランM」をおすすめします。

まとめ

以上、povoとUQモバイル「くりこしプラン」について比較してきました。

やはり一番の違いは「実店舗でのサポートがあるかどうか」でしょう。

実際のところ、au新プラン「povo」とUQモバイル「くりこしプランM」は月額2,728円と同額となっています。

パケット通信量を見ると、povoが月間20GB上限、くりこしプランMが15GB上限となっています。

この「5GB分の差=実店舗でのサポート分」ととらえても差し支えないでしょう。

どちらのプランもWEB上でMNP手続きが可能ですが、実店舗で手続きやサポートができるのはUQモバイルとなります。

すべてオンラインで完結できる人はpovo、そうでない方はUQモバイルという選択方法もありだと思います。

また、パケット通信量のムラも選ぶ基準になるでしょう。

povoでは24時間220円でパケット無制限オプションがあり、データチャージも1GB/550円と安価になっています。

一方でUQモバイルくりこしプランは、使わなかったデータを繰り越せて、ターボ機能オフでパケットノーカウントとなる一方で、データチャージはpovoの倍の価格、無制限オプションはありません。

数か月のうちで、「この月は集中的に配信の連ドラを見たい」「この月はテレワークが多そうだ」など、パケット通信量に波がある人はpovoが向いているでしょう。

UQモバイルはそういった柔軟な対応をすると料金が高額となるケースがあり、直近3日間で6GB以上使用すると翌日に通信制限となるため、月によってパケット通信量にムラがない人が向いているといえます。

どちらのプランがいいか、この記事であなたの背中を押せることを祈っています。

乗り換えは下記公式サイトでどうぞ!

【公式】povo

【公式】UQモバイル

携帯&スマホ乗り換え手順を解説|格安スマホに番号そのまま(MNP)で通信費を節約

 

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!