スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

LINEMOは本当におすすめ?カウントフリーがお得なのは〇〇な人|ソフトバンク新ブランドラインモ

LINEMOは本当におすすめ? LINEカウントフリーがお得になるのは〇〇の人!

2021年3月17日よりスタートしたソフトバンク新ブランド「LINEMO

ソフトバンク本体の新プランではなく、新ブランドとしてリリースした点がドコモ・auとは明確に異なります。

LINEMOはサブブランド

最大の特徴は「LINEカウントフリー」でしょう。

LINEでんわやLINEビデオ通話などのサービスのパケット通信量がカウントされない=無料となる(※一部対象外サービスあり)ため、たくさんLINEをしたい人や通話を楽しみたい人にとっては非常に魅力的でしょう。

ですが…実はLINEってそんなにパケット通信量を消費しないのはご存知でしょうか?

本記事ではLINEカウントフリーについて深堀りしながらLINEMO が本当にお得かについて検証していきます。

本記事の要点

  • LINE電話は1GB/55.5時間通話可能
  • LINEビデオ通話は1GB/3.25時間通話可能
  • LINEMOのカウントフリーを生かせる人は1日2時間以上ビデオ通話をする人
  • LINEMOミニプラン(3GB)でさらにお得に

LINEMO(ラインモ)の概要

LINEMO (ラインモ)の概要は下記の通りです。

基本情報

  • 月額料金|2,480円(2,728円税込)
  • データ容量|20GB/月
  • 使用電波|ソフトバンク4G/5G
  • 通話料|22円/30秒(税込)
  • 通話オプション|5分までかけ放題+500円/無制限かけ放題+1,500円

特筆事項

  • LINEサービスはカウントフリーで使い放題
  • 20GB超過後は1Mbpsに速度制限
  • ソフトバンク回線使用で混雑時間帯でも繋がりやすい
  • LINEスタンプ使い放題※2021年夏頃からの適用

キャンペーン

  • 契約から12ヶ月間通話オプションが500円/月割引

コミュニーケーションアプリ「LINE」のパケット通信量はどれくらい?

画像はahamoですがLINEMOも同様です。

現在ではメールに変わって人々の連絡ツールとして浸透した「LINE(ライン)」

もはやこのアプリなしでは私たちの生活が成り立たないレベルでインフラ化しています。

このLINEのパケット通信が無料となることから、LINEMOは非常に人気となっているとみられます。

では実際にLINEではどのくらいのパケット通信量となるのかみていきます。

LINEトークは1通〇〇バイト

LINE利用者がメインとして使っているのがこの「LINEトーク」と呼ばれる機能です。

吹き出しアイコンで相互にメッセージをやりとりできるため、まるで会話しているようなテンポでコミュニーケーションを取れるのが大変便利です。

このLINEトーク1通に消費するパケット通信量は「2KB」です。

また、LINEスタンプは大きくても5KB程度です。

iPhone13発売!

iPhone13の発売日が2021年9月24日に決定しました!

最安値情報をチェックしましょう。

参考:LINE公式サイト

1GB=1,000MB=1,000,000KB(100万)

よって、1GBあたりではLINEトークなら50万回、スタンプは20万回ほど送信可能です。

ただし、動画や写真などを送る場合にはこの限りではなく相応のパケット通信量がかかります。

パケット通信は送り手と受け手に同量のパケット通信量が発生します。

LINEでんわのパケット通信量は〇〇バイト

次にLINEでんわです。

通常の通話アプリとは違い、LINE電話は「IP電話」となるため、パケットを消費して通話することが出来ます。

LINE電話で消費するパケット通信量は1分あたり約0.3MBです。

1GBあれば約55.5時間の通話が可能です。

LINEでんわのパケット消費量
  • 通話1分|約0.3MB(300KB)
  • 通話10分|約3MB(0.003GB)
  • 通話60分|約18MB(0.018GB)
  • 1GBで通話できる総時間|約55.5時間

1GBで55.5時間であれば1ヶ月では1日あたり1時間51分通話ができる計算になります。

[PR]工事不要でパケット無制限


2021年8月27日発売

■工事不要の置くだけWiFi■

  • 面倒な工事不要!速度は光回線並み
  • 3日間のパケット上限はあるけど実質無制限!
  • 代理店申込で翌月に15,000円キャッシュバック!
  • 端末費用実質無料、ドコモユーザーなら携帯料金から最大2,387円割引!

詳細記事をみる

\申し込みはこちら/
docomo home5G

LINE通話では、かける方と受ける方の両方で同量のパケット通信量が発生します。

LINEビデオ通話のパケット通信量は〇〇バイト

続いてLINEビデオ通話です。

ビデオ通話はスマートフォンのカメラ機能を利用して、離れた相手の表情をみながらまるで目の前にいるような感覚で通話が可能な素晴らしいサービスです。

ビデオ通話では、10分話すと約51MB消費します。

1GBでは約3.25時間の通話が可能です。

LINEビデオ通話のパケット消費量
  • 通話1分|約5.1MB
  • 通話10分|約51MB(0.051GB)
  • 通話60分|約307MB(0.307GB)
  • 1GBで通話できる総時間|約3.25時間

LINEビデオ通話もかけ手と受け手の双方に同量のパケット通信量が発生します。

LINEMOでのLINEカウントフリー使用時の注意点

これまでにも注釈してきましたが、LINEは「送信者」と「受信者」で同量のパケット通信量負担が発生します。

通常の電話では、かける方が代金を支払って、受け手は無料となっていますが、LINEを使った通話はIP電話=パケット通信を使った音声相互通信サービスのため、かけた方だけでなく受けた方にも料金が発生します。

あなたがLINEMO に加入しているからと言って、お知り合いにビデオ通話をしたとしましょう。

あなた自身はLINEカウントフリーのためどれだけ電話してもパケット通信量はかかりませんが、受け手は1時間ビデオ通話するごとに約0.3GBの通信量を負担することになります。

カウントフリーは素晴らしいですが、相手にも通信量がかかるということを十分に理解しておかないと大変なことにもなりかねません。

注意しておきましょう。

LINEMOのカウントフリーをお得に使える人の基準は

以上、LINEを使うとどれくらのパケット通信量がかかるかについて説明してきました。

  • LINEトークのパケット通信はわずか
  • LINE電話は1GB/55.5時間通話可能
  • LINEビデオ通話は1GB/3.25時間通話可能

これを踏まえると、そこまでLINEで通話をしたとしてもパケット通信量はかからないことがわかりました。

LINEでんわの場合は1日1時間話したとしても月間1GBも使いません。

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

毎日友人や家族、恋人と2時間通話しても月間1GBちょっとの通信料で収まります。

ですので、「LINEが使い放題だから」という理由でLINEMOを契約する必要はそこまでないでしょう。

LINEMOを契約した方がいい基準は1日2時間以上ビデオ通話をする人です。

1日2時間ビデオ通話をすると月間で20GBとなります。

この他にも動画コンテンツをみたり、ネットコンテンツを見たりすることを考えると、月間20GBが浮くのは非常にメリットが大きいでしょう。

LINE通話がメインという人は、無理にLINEMO にする必要はありません。

単身世帯であればUQモバイル,2回線以上の契約ではワイモバイルも安価で使いやすいです。

何よりも「キャリアと同じ通信速度」で「店頭でのサポートがある」点においては少なくともLINEMOよりも使いやすいでしょう。

河村
スマホ乗り換えをお考えなら下記コンテンツもご利用くださいっ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!