ポケットWiFiカスタム検索▶▶

【インターネット開通までつなぎ】光回線の工事まで待てない!一刻も早くインターネット環境を手に入れる方法

光回線の工事を申し込んだけど工事予定日が先だという方がこの記事にたどり着くことも多いでしょう。

やはり固定回線はポケットWiFiやホームルーターなどと比べて絶対的なメリットがあります。

固定回線のメリット
  • パケット無制限で使い放題
  • 通信速度が速い
  • 応答速度が速くオンラインゲームも可能

その一方で絶対的なデメリットとして、下記のことが挙げられます。

固定回線のデメリット
  • 回線工事が必要
  • 申し込みから開通までに非常に時間がかかる
  • 解約時の解約金が高額
  • 解約時は回線撤去費用がかかる場合もあり

特に、固定回線の工事予約はしたものの工事日までかなりの時間が空いてしまうため、その空白時間の間どうやってインターネット環境を作ればいいか悩む方もきっと多いことでしょう。

本記事では、インターネット環境の入手手段を期間別に紹介していきます。

固定回線の契約がまだの方へ

固定回線を契約する前に「本当に光回線が必要かどうか」下記項目に該当するか確認しましょう。

  • 家族が5人以上いて、自宅では固定回線を無線LAN接続してみんなで使う方法を検討している
  • 100Mbps以上の高速通信を求めている
  • オンラインゲームや4K動画を楽しみたい
  • 開通にも撤去にも工事費用がかかる可能性があることも踏まえて固定回線にメリットを感じている

以上の項目に該当しないのであれば固定回線を引かずにホームルーターでも良いのかもしれません。

特に最近ではドコモから5G対応ホームルータープラン「home5g」がリリースされ、「ほぼパケット無制限」となっており、通信速度も申し分ありません。

工事も不要ですぐにインターネットが可能で、通信速度も非常に高速です。

WiMAXのように短期間での明確なデータ容量制限もないため思い切り使用することができます。

home5Gについての詳細は下記からご覧ください。

この記事のまとめ

短期間のインターネット開通までの繋ぎで最も安価に済む方法

「短期レンタルのポケットWiFiを契約すること」

→おすすめのポケットWiFi短期レンタルサービスは「WiFiレンタルどっとこむ

この記事の執筆・監修者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi選びの専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。複数メディアでの執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

【注意】ドコモ光などフレッツ光回線のインターネット回線をご検討の方へ|auひかりなどフレッツ光以外の検討を

「フレッツ光」回線を用いたサービスは速度低下の懸念があるため、現時点では避けておいた方が良い可能性があります。

フレッツ光回線は日本国内シェアの6割以上を占めており、「ドコモ光」などのフレッツ光回線を使った「光コラボ」も含まれています。

よって、ユーザーが集中しやすく速度低下の報告が相次いでいます。

確かに、キャリアではセット割適用で1回線あたり1,100円割引となるのは大変魅力的ですが、光回線が遅ければその割引も今ひとつという結果となります。

(残念ながらドコモ光、ソフトバンク光はNTT東日本/西日本のフレッツ光回線です。auひかりは独自回線です。セット割での割引を検討していた方は、合わせて「あなたにピッタリのプランが見つかる」スマホ乗り換え相談所オンラインを活用し、携帯電話会社の乗り換えもご検討ください。)

現時点では、フレッツ光以外の独自回線サービス(auひかり,nuro光,eo光,ケーブルテレビ系)をお勧めします。

下記記事で解説しています。

契約したのに全然速度が出なかった

と、後悔しないためにも是非ご覧ください。

光回線開通までの代用|インターネット開通までのつなぎでポケットWiFiを検討している方のつなぎ手段は4つ

自宅に固定回線を引く工事手続きをしたまではいいものの、工事日が1ヶ月後なんていうことも多くあります。

そうした時に困るのが「光回線開通までのインターネットのつなぎ」でしょう。

特に在宅勤務が必要になった場合で一番困るのが、自宅にインターネット環境がない場合です。

会社から何かしらのモバイルWiFiルーター等の貸与があれば良いのですが、ない場合は自分で用意しなくてはいけません。

しかもすぐに、です。

在宅勤務を命じられているのに、ネット環境がないからと言って、ネットカフェやノマドスペースで仕事をするのは本末転倒です。

また、コンビニ等の無料Wi-Fiスポットは接続時間に制限があることに加えて、セキュリティに問題がある場合が多いためお勧めできません。

このように様々な理由で固定回線の工事が完了するまでの間、なんとかインターネット環境を手に入れたいと考える方はあなただけではありません。

本記事で説明していく「インターネット開通までのつなぎ」としてのインターネット環境の提案は下記の4種類が挙げられます。

インターネット開通までのつなぎ手段
  1. スマートフォンのテザリングで凌ぐ
  2. 店舗でモバイルルーターをレンタルする
  3. オンラインショップで短期間レンタルのポケットWiFiを借りる
  4. オンラインショップで月間契約(縛り期間なし)のポケットWiFiを借りる

順に紹介していきます。

1.【即日可能】インターネット臨時回線!自分のスマホでテザリングしてネット環境を作る

最も早くインターネット環境を用意するには、自身の契約しているスマートフォンのテザリング機能を使うのが有効です。

工事不要でパケット無制限


2021年8月27日発売

 

■工事不要の置くだけWiFi■

  • 面倒な工事不要!速度は光回線並み
  • 3日間のパケット上限はあるけど実質無制限!
  • 代理店申込で翌月に15,000円キャッシュバック!
  • 端末費用実質無料、ドコモユーザーなら携帯料金から最大2,387円割引!

詳細記事をみる

\申し込みはこちら/
docomo home5G

テザリングで凌ぐ→おすすめしない

テザリングはあくまでもキャリアのパケット無制限プランなどを利用している場合に役に立つ代替手段です。

多くの場合、小容量のプランに加入している方が大多数となっているため、そもそもテザリングに耐えうるパケット通信量が使えない可能性があります。

テザリングが出来る端末・できない端末・プランや契約サービスによっても異なる

3大キャリアでは、テザリングに関してはドコモ以外はオプション契約となっているため(auに関しては定額プランであれば月額550円(税込)のところ無料となっており、契約時にオプションに加入している可能性が高い)、別途契約が必要です。

特にソフトバンクに関しては、月額550円(税込)のオプション契約が必要です。

格安スマホと呼ばれるMVNO回線ユーザーに関しては、テザリング機能についてオプションになっている事業者は少ないため、手続きなしで行うことが可能です。

ただし、厄介なのが「以前にソフトバンクで契約した端末を使っていて、のちにその端末のまま格安SIMに乗り換えた」場合です。

その端末がSIMロック解除されていれば問題ないのですが、そうでない場合はテザリング機能が使えない可能性があります。

また、SIMロック解除していても使えない可能性もあるため、この点については注意が必要です。

契約プランに余力があるのが必須条件

在宅勤務でテザリング機能を使ってインターネット環境を作るためには、やはり契約パケットプランにある程度の余力があることが必要です。

3大キャリアのいわゆる「大容量プラン」の場合、ソフトバンク、auでは共に30GBまでのテザリング容量に制限が設けられています。

ドコモに関してはテザリングでもパケット上限が定められていません。

河村

あくまでもスマホテザリングでのインターネット環境を作るのは緊急策と考えた方がいいでしょう。

最新スマホプランについてはこちらも合わせてご覧ください。

2.【即日可能】実店舗でポケットWiFiを借りる

即日レンタルできる手段としては、実店舗でレンタルWiFiルーターを借りるという手段もあります。

近所のショップでポケットWiFiを契約する→おすすめしない

そもそも近所に「ゲオ」などの店舗がない場合は借りることが出来ないですし、そもそも費用が高額です。

WiMAXなどはUQショップで即日契約可能ですが、端末費用が2万円以上するため繋ぎ用途には全く向きません。

ビデオレンタル店舗で借りる

ビデオレンタル店舗でもWiFiルーターのレンタルをしているところも存在します。

全国展開している店舗としては下記の一部大型店舗で短期間のモバイルWiFiルーターのレンタルを行っています。

ただし、これらの店舗ではレンタル費用が高額になるケースが多いです。

加えて最近ではツタヤがレンタル事業から撤退しているため、全国にある実店舗でポケットWiFiを短期間レンタルできるところは少ないでしょう。

キャリアやサブブランドの店舗でレンタルする

大手キャリアのショップ、もしくはサブブランドのショップであれば、即日WiFiルーターを契約することが可能ですが、端末購入が必須となっており、端末も高額となることからつなぎ用途での利用は全く不向きです。

WiFiルーターを貸与している通信事業者
  • au(auスマートポート4,722円(税込)/月)
  • ソフトバンク(ソフトバンクエアー5,368円(税込)/月)
  • UQWiMAX(WiMAX4,268円(税込)/月〜

3.【所要期間2日~】ポケットWiFiの短期レンタルサービスを利用する

インターネット開通までの繋ぎで最もおすすめできるのは「超短期ポケットWiFiレンタルサービス」の利用です。

オンラインショップでポケットWiFiの短期レンタルを利用する
→一番おすすめっ!

オンラインショップであれば最短で注文した翌日に商品が届くためすぐにインターネット環境が作れます。

また、1日からレンタル可能となっており、料金に関しても非常に安価です。

短期レンタルポケットWiFiのメリット
  1. 1日単位で契約できるためイベントや旅行入院に最適
  2. レンタル費用を最小限に抑えることが出来る
  3. 初期費用が安い
  4. 自宅以外の場所でも受け取り可能
  5. 解約金がかからない
  6. 届いたら工事不要ですぐにインターネットが出来る
河村

通常のポケットWiFiレンタルサービスの場合、年間契約となることが多く、中途解約での解約金や初期費用がかかることが多いです。
短期レンタルサービスであれば解約金や初期費用が不要なためインターネット開通までの繋ぎとして最適と言えるでしょう。

おすすめのポケットWiFiの短期レンタルは「WiFiレンタルどっとこむ」

WiFiレンタルどっとこむでは、1日〜1ヶ月の短期利用では非常にお得に利用できるポケットWiFiのレンタルサービスです。

契約事務手数料はなく、解約金もありません。

かかる費用は端末を受け取る際の手数料(550円(税込)/台)と端末返却時の送料(自己負担)のみとなっています。

契約事務手数料なし
受取手数料550円(税込)/台
返送費用自己負担
安心補償サービス
(任意加入)
44円(税込)/日

WiFiレンタルどっとこむでは、1日あたりのパケット上限が決められているプランの他にも月間での利用パケット上限があるプランなど多く取り揃えているため、あなたのニーズによって最適な商品を選ぶことが可能です。

WiFiレンタルどっとこむのプラン

スクロールできます
プラン1日レンタル30泊31日1か月レンタル時
3GB/日473円(税込)5,616円(税込)183円(税込)/日
5GB/日500円(税込)7,480円(税込)241円(税込)/日
50GB/月1,980円(税込)5,940円(税込)191円(税込)/日
30GB/月1,496円(税込)4,312円(税込)139円(税込)/日
10GB/月1,540円(税込)4,620円(税込)149円(税込)/日
7GB/月1,320円(税込)3,960円(税込)127円(税込)/日
6GB/月1,254円(税込)3,762円(税込)121円(税込)/日
5GB/月1,254円(税込)3,762円(税込)121円(税込)/日
WiMAX+5G590円(税込)9,720円(税込)299円(税込)/日

WiFiレンタルどっとこむのおすすめプラン

WiFiレンタルどっとこむのおすすめプランは下記の通りです。

ソフトバンクパケット無制限プラン

スクロールできます
プラン1日レンタル30泊31日1か月レンタル時
3GB/日473円(税込)5,616円(税込)183円(税込)/日
5GB/日500円(税込)7,480円(税込)241円(税込)/日

ソフトバンクパケット無制限プランは、パケット無制限といいつつも「1日3GB上限」と「1日5GB上限」のものがあります。

月の上限が決められているサービスが多いですが、3日以上利用すると同一料金になることから、短期間での利用であれば1日制限があるプランの方が支払い総額が安くなる傾向があります。

\公式サイトはこちら/
WiFiレンタルドットコム

4.【所要期間2日~】ポケットWiFiの長期レンタルサービスを利用する

これは前述の「1日単位や1週間単位」のレンタルではなく、「月間単位・年間単位」でレンタルする方法となります。

オンラインショップでポケットWiFiの短期レンタルを利用する
どの光回線にしようか悩んでいる場合におすすめ

オンラインショップであれば最短で注文した翌日に商品が届くためすぐにインターネット環境が作れます。

ただし、利用期間が1ヶ月以下の場合は短期レンタルの方が安価になります。

長期レンタルのポケットWiFiの場合、いつ解約しても解約金がかからないように契約期間がないサービスがおすすめです。

ただし、利用期間が1ヶ月以下となる場合は短期レンタルサービスのほうが安価になるため、どちらを選ぶか慎重に考えましょう。

月間100GB使用できる契約期間のないポケットWiFiで最安値クラスの「AIR-WiFi」と前述のWiFiレンタルどっとこむの月間100GB相当プランを比較した表が下記です。

スクロールできます
WiFiレンタルどっとこむAiR-WiFi
プラン3GB/日サクッとプラン
解約時累計額※
1日1,023円(税込)10,516円(税込)
1か月6,166円(税込)10,516円(税込)
2か月11,782円(税込)10,516円(税込)
3か月17,398円(税込)14,124円(税込)
※表記価格は解約した時点でかかる 累計金額/ 返送料金は計算対象外としています

AiR-WiFi解約時累計額
月額費用(3,608円(税込))×利用月数+初期費用(3,300円(税込))

河村

AiR-WiFiの最低利用期間は実質2ヶ月となっているため、1ヶ月利用の際も2ヶ月分の料金がかかります。

AiR-WiFiの詳細については下記をご覧ください。

固定回線(光回線)とポケットWiFiを比較|メリットとデメリット

光回線はモバイルWIFIルーターのように持ち運びができないというデメリットがある反面、パケット上限もなく、通信が安定しているという絶対的なメリットがあります。

在宅ワークや外出自粛での動画視聴、ゲーム利用では光回線にかなうものはありません。

光回線のメリット
  1. 速度が速い
  2. 応答速度が速い
  3. パケット上限なし
  4. 常にインターネット回線につながっている
  5. 通信が安定して行える
  6. 通信障害が少ない
モバイルWIFIルーター光回線
通信障害
弱い

強い
月額料金相場
2,000円〜5,000円

6,000円〜7,000円
通信速度
実測最大60Mbps程度

実測最大500Mbps程度
パケット上限
指定時間は
無制限のものも存在

どれだけ使ってもOK
可搬性の有無(持ち運べるか)
どこでも使える

家の中だけ
工事の有無
工事不要で引っ越しも楽

必要

固定回線の特筆すべきデメリットはやはり「工事が必要」で「インターネット環境を作るまでに時間がかかる」という点でしょう。

これを抜きにすれば、現時点では光回線が最も優れたインターネット手段となります。

ただし、前述のようにフレッツ光回線では低速化が報告されているため、ご注意ください。

光回線の詳細については下記記事をご覧ください。

まとめ

以上、使えるまでの期間別にインターネット環境をなるべく早く手に入れる方法について解説してきました。

これまでのまとめです。

この記事のまとめ

短期間のインターネット開通までの繋ぎで最も安価に済む方法

「短期レンタルのポケットWiFiを契約すること」

→おすすめのポケットWiFi短期レンタルサービスは「WiFiレンタルどっとこむ

やはり、テレワークや在宅勤務等で、動画コンテンツを用いて仕事をする場合や、外出自粛で動画サービスを視聴する場合には、パケット上限を気にしなくてもいい光回線が最もおすすめです。

しかし、インターネットが開通するまでに時間がかかってしまうのが難点です。

河村

そもそも固定回線を引くまでに時間がかかる上に解約時の違約金も高額となるケースを考えると、パケット無制限の「ドコモhome5g」も選択肢に入れるべきだと思います。

あなたにピッタリのインターネット環境が見つかるといいですね!

河村
ポケットWiFiを縛りなし/ありで月間容量別に掲載しています。是非ご活用ください!

 

 

ポケットWiFiデータベース▶︎▶︎

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!