スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

新型iPhone13無印・mini・Pro・Pro Maxで最も値段が安いのはどこ?

2021年9月16日のAppleの新製品発表イベントで、ついに最新の「iPhone13」シリーズが発表され2021年9月24日に国内販売がスタートしました。

特にiPhone13Proの動画が非常に好評でシームレスなピント調整が話題になっています。

本記事では各キャリア取り扱いの新型iPhone13の各シリーズの値段を徹底比較し、一括購入の場合で最も安い購入方法を紹介します。

iPhone13シリーズのポイント
  • シネマティックモード撮影で動画が映画風のピントに
  • フォトグラフスタイル(撮影フィルターのような機能)
  • ノッチが約20%小型化
  • バッテリー駆動時間が2.5時間アップ
  • 新色としてピンクが追加
この記事の執筆者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

スマホ乗り換えアドバイザー

通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するスマホ乗り換えアドバイザー。複数メディアでの執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費の削減・節約を進めたい。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎


iPhone13の発売日・予約開始日

iPhone13の発売日、予約日は下記の通りです。

  • 予約日:2021年9月17日(金)午後9時
  • 発売日:2021年9月24日(金)

人気機種のiPhone13 Pro Maxから在庫切れが出てき始めているため、お目当ての商品がある場合は早めに購入したほうがいいでしょう。

公式オンラインショップなら事務手数料が不要!
通常のショップよりもお得に購入できます。

(タップしてジャンプ)

取り扱いキャリア

iPhone13取り扱いキャリア
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル

iPhone13を取り扱うキャリアはドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社です。

前回のiPhone12から取り扱いを始めた楽天モバイルが今回も取り扱うのは非常にうれしいですね!

iPhone13の値段価格をキャリアごとに徹底比較

実は同じiPhone13でも取り扱うキャリアによって定価が大きく異なります。

やはりお得に買うのであれば安い方がいいですよね。

早速ですが一括購入の場合のiPhone13の最安値はコチラです。

iPhone13の最安値

iPhone13 mini

  • 128GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 256GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 512GB|楽天モバイル/Apple公式

iPhone13

  • 128GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 256GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 512GB|楽天モバイル/Apple公式

iPhone13 Pro

  • 128GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 256GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 512GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 1TB|楽天モバイル/Apple公式

iPhone13 Pro Max

  • 128GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 256GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 512GB|楽天モバイル/Apple公式
  • 1TB|楽天モバイル/Apple公式

\iPhone13が一括最安値/
楽天モバイル

なんと楽天モバイルがApple公式と同価格となっており大変お得になっています。

河村

楽天モバイルさん、気合入りすぎですね…(笑)
確かに国内スマホシェアの7割近くを占めるiPhoneを制すれば携帯電話業界を制するというわけですので納得です。

それでは実際の一括販売価格について見ていきましょう。

楽天モバイルキャンペーン情報

  1. 本体価格は4キャリアで最安!※9/24時点
  2. 他社から乗り換え(MNP)で最大20,000ポイント還元!※Rakuten Link利用条件あり
  3. iPhoneアップグレードプログラム利用でお支払い金額を抑えられる!

【iPhoneアップグレードプログラム】
iPhoneを48回払いで購入し、24回分お支払い後に端末を返却すると、残額の支払いは不要になるため月々のランニングコストと総費用が大幅に節約できます。※楽天カード利用が必要、返却時に事務手数料3,300円(税込)がかかります。

河村

iPhone13がキャリア最安値で且つ乗り換えで20,000ポイント還元とかアツすぎます…!!!

\申し込みはこちら/
楽天モバイル

iPhone13miniの価格を比較

128GB256GB512GB
ドコモ98,208円(税込)120,384円(税込)151,272円(税込)
au101,070円(税込)115,020円(税込)143,020円(税込)
ソフトバンク101,520円(税込)115,920円(税込)144,000円(税込)
楽天モバイル86,780円(税込)98,800円(税込)122,800円(税込)
SIMフリー86,780円(税込) 98,800円(税込) 122,800円(税込)

なんと楽天モバイルが公式と同価格…!

定価で数万円の差になっているスペックのものもあります。

やはり楽天モバイル強い!

iPhone13の価格を比較

128GB256GB512GB
ドコモ111,672円(税込)125,136円(税込)164,736円(税込)
au115,020円(税込)128,970円(税込)156,995円(税込)
ソフトバンク115,920円(税込)129,600円(税込)157,680円(税込)
楽天モバイル98,800円(税込)110,800円(税込)134,800円(税込)
SIMフリー98,800円(税込) 110,800円(税込) 134,800円(税込)

iPhone13についても楽天モバイルが最安値となっています。

iPhone13の512GBにもなると最高値のドコモとの価格差は約3万円です。

ahamoキャンペーン情報

\公式サイトを見る/
ahamo

ahamo関連記事を見る>>

iPhone13 Proの価格を比較

128GB256GB512GB1TB
ドコモ142,560円(税込)165,528円(税込)197,208円(税込)226,512円(税込)
au143,040円(税込)156,995円(税込)185,015円(税込)212,920円(税込)
ソフトバンク144,000円(税込)157,680円(税込)186,480円(税込)214,560円(税込)
楽天モバイル122,800円(税込)134,800円(税込)158,800円(税込)182,800円(税込)
SIMフリー122,800円(税込) 134,800円(税込) 158,800円(税込) 182,800円(税込)

ついにiPhone13Proでは最大容量1TBモデルで支払額が20万円を超えます。

最高値のドコモとの価格差は約4万円。

iPhone13 Pro MAXの価格を比較

128GB256GB512GB1TB
ドコモ165,528円(税込)182,160円(税込)213,048円(税込)243,144円(税込)
au156,995円(税込)170,945円(税込)198,965円(税込)226,870円(税込)
ソフトバンク157,680円(税込)172,080円(税込)200,160円(税込)228,240円(税込)
楽天モバイル134,800円(税込)146,8000円(税込)170,800円(税込)194,800円(税込)
SIMフリー134,800円(税込) 146,800円(税込) 170,800円(税込) 194,800円(税込)

他キャリアの128GBモデルのスタートラインが15万円台なのに対して楽天モバイルだけ13万円台です。

本当に気合が入っていますね…笑

\iPhone13が一括最安値/
楽天モバイル

河村

まだ楽天モバイルが出そろっていませんが、2年後の端末下取り前提での購入方法も各社しのぎを削っています。

  • ドコモ:いつでもカエドキプログラム
  • au:スマホトクするプログラム
  • ソフトバンク:トクするサポート+
  • 楽天モバイル:アップグレードプログラム
河村

ソフトバンクの「端末返却時に自社の携帯電話を購入する必要がある」という規約が撤廃されるたためより買いやすくなります。
まずは公式サイトの割引情報をご覧ください!

公式オンラインショップなら事務手数料が不要!
通常のショップよりもお得に購入できます。

(タップしてジャンプ)

iPhone13の特徴とiPhone12からの進化点

それでは簡単に今回の新型iPhone13について紹介していきます。

iPhone13の進化点
  • A15 Bionicチップでよりパワフルに
  • ストレージ容量の最小に128GBが追加される
  • 新色ピンクの登場
  • カメラ|シネマティックモード
  • カメラ|フォトグラフスタイル
  • ディスプレイ|iPhone12より28%明るくなった
  • バッテリー駆動時間が2.5時間増えた(iPhone13の場合)

A15 Bionicチップでよりパワフルに

iPhone13は最新チップのA15 Bionicチップ積んでいおり、アンドロイドスマホで最強のスナップドラゴン888を超えると予想されています。

Apple公式では下記のように表現しています。

ほかのスマートフォンが目を回すほど速いチップ

ほかのスマートフォンよりも最大50%速いCPU、ほかのスマートフォンよりも最大30%速いグラフィックス

省エネにも寄与しており、ロングバッテリーは最新チップのおかげと言っても過言ではありません。

ストレージ容量の最小に128GBが追加された

今回のiPhoneからは最小ストレージが128GBに上げられました。

また、iPhone13は最大ストレージ容量に512GB追加されてより多くの写真を保存できるようになりました。

新色ピンクの登場

iPhone13では新色のピンクが追加されました。

[PR]工事不要でパケット無制限


2021年8月27日発売

■工事不要の置くだけWiFi■

  • 面倒な工事不要!速度は光回線並み
  • 3日間のパケット上限はあるけど実質無制限!
  • 代理店申込で翌月に15,000円キャッシュバック!
  • 端末費用実質無料、ドコモユーザーなら携帯料金から最大2,387円割引!

詳細記事をみる

\申し込みはこちら/
docomo home5G

Proシリーズはスペック狙いの男性向けなカラーリングになっていますが、無印やminiでは女性でも選びやすいおしゃれなカラーがそろっており、特に新色のピンクは人気となりそうですね。

カメラ|シネマティックモード

新機能「シネマティックモード」は簡単に言うと「ポートレートモードの動画版」です。

撮影中に人物の顔(正面を向いている状態)にピントが合い、他の背景がボケるため、手前の人物が後ろを向いた瞬間に後ろにいる人の顔にピントが合うなんて言うこともできます。

これがまさに映画でいうところの「ピント調整による視線効果」になり、シネマティックモードと呼ばれる所以なのでしょう。

もちろんiPhone13シリーズすべてで対応しています。

カメラ|フォトグラフスタイル

フォトグラフスタイルとは「フィルター機能」のようなものです。

カメラのアプリケーションで写真の見た目を変えることが出来ます。

もちろんiPhone13シリーズすべてで対応しています。

ディスプレイ|iPhone12より28%明るくなった

iPhone13(無印)とiPhone12(無印)を比較すると、最大輝度が28%明るくなったとしています。

炎天下の屋外でもより見やすくなったと言えるでしょう。

バッテリー駆動時間が2.5時間増えた(iPhone13の場合)

iPhone13(無印)とiPhone12(無印)を比較すると、バッテリー最大2.5時間駆動時間が長くなったとしています。

動画視聴時間で比べるとビデオ再生で2時間、ストリーミング再生で4時間、連続再生時間が延長しました。

急速充電は別売りの20W以上のアダプタを使用すれば30分で最大50%充電できます。(ここはiPhone12と変わりません)

iPhone13|4シリーズの違いを比較

今回のiPhone13では「無印」と「Pro」で大きくスペックの差別化が見られました。

無印とminiのスペックは機能的には同じなので、ここではiPhone13無印とPro,ProとProMaxの大きく異なる点を確認しましょう。

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

iPhone 13とiPhone 13 Proの違い

スクロールできます
iPhone 13iPhone 13 Pro
重量173g203g
ディスプレイ6.1型Super Retina
XDRディスプレイ
(有機EL)
6.1型ProMotion搭載
Super Retina
XDRディスプレイ
(有機EL)
最大輝度800ニト1000ニト
連続使用時間ビデオ再生
最大19時間
ビデオ再生
最大22時間
ビデオストリーミング
最大15時間
ビデオストリーミング
最大20時間
アウトカメラ1200万画素
(超広角+広角)
1200万画素
(望遠+超広角+広角)
広角:F1.6
超広角:F2.4
望遠:F2.8
広角:F1.5
超広角:F1.8
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大15倍のデジタルズーム
LiDARスキャナを活用した
ないとポートレード
マクロ写真撮影
AppleProRAW
ビデオ撮影最大4K
30fpsのProRes
ビデオ撮影
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム

わかりやすくまとめると下記のようになります。

iPhone13無印とProの違い
  • 重量とバッテリー容量が異なることで、連続使用時間がProの方が長い
  • iPhone13無印の方が軽い
  • iPhone13 Proではリフレッシュレート120Hzのヌルヌルスムーズに動く液晶を搭載
  • iPhone13 Proの方が画面が明るい
  • iPhone13 Proは望遠レンズ搭載の3眼カメラでLiDARスキャナを使用したポートレート撮影・マクロ撮影が可能
河村

カメラとバッテリー性能にこだわならければ無印でいいでしょう。どちらもシネマティックモード搭載となっており、玄人がこだわって使わない限りは無印がお勧めです。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの違い

スクロールできます
iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
重量203g238g
ディスプレイ6.1型ProMotion搭載
Super Retina
XDRディスプレイ
(有機EL)
6.7型ProMotion搭載
Super Retina
XDRディスプレイ
(有機EL)
連続使用時間ビデオ再生
最大22時間
ビデオ再生
最大28時間
ビデオストリーミング
最大20時間
ビデオストリーミング
最大25時間
オーディオ再生
最大75時間
オーディオ再生
最大95時間

わかりやすくまとめると下記のようになります。

iPhone13ProとProMaxの違い
  • 重量とバッテリー容量が異なることで、連続使用時間がProMaxの方が長い
  • iPhone13 Proの方が軽い
  • iPhone13 Pro Maxの方が液晶が大きい
河村

ProとProMaxで迷ったらProをおすすめします。
両者の大きな違いは画面サイズの大きさでしょう。
従来のiPhone13から比べる6.7インチ液晶はかなり大きいので手の大きな男性でないと片手での操作は難しいです。
機能的に差がないなら取り回しのきいて安いProがおすすめです。

まとめ|iPhone13は買い?見送り?

以上、iPhone13の最安値情報とスペックについてお伝えしてきました。

個人的には「シネマティックモード」がiPhone13無印にも搭載されたこともあり、魅力的な動画が撮りたい人には「買い」だと思います。

また、新色ピンクも出たこともあり、古いiPhoneから買い替えるにはいい機会ではないでしょうか?

やはり楽天モバイルは回線契約シェア獲得に必死ということもあり、非常に安価にiPhone13を購入できるのが魅力です。

自社回線エリアや接続状況も主要都市では大きく改善しており、東京都内ではパートナー回線が終了になるほど自社エリアが拡大して生きています。

2022年3月には全地域で回線整備が完了し、楽天モバイルパケット無制限エリアになる予定です。

河村

楽天モバイルマスター河村イチオシです!

楽天モバイル概要

  • 月間1GBまでなら月額料金0円(税込)
  • 楽天リンクで通話料無料
  • パケット無制限でどれだけ使っても3,278円(税込)
  • 3か月月額費用無料キャンペーン

\iPhone13が一括最安値/
楽天モバイル

以上、新型iPhone13についてでした!

河村
スマホ乗り換えをお考えなら下記コンテンツもご利用くださいっ!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
トップへ