スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

【どんなときもwifiの再来?】パケット無制限は実在するのか?テレコムスクエアWi-Ho!プリペイドSIMの通信速度と上限容量を検証

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年8月26日、テレコムスクエア(Wi-Ho!)はモバイルWiFiルーター「GlocalMe G3」の中古端末とパケット通信量無制限のSIMカードをセットにしたパッケージをAmazonで発売しました。

https://greenwaves.jp/wi-ho-unlimitsim/

要するに中古端末+プリペイドSIMカードをセット販売している商品です。

この「パケット無制限」という表記に惹かれてSIMカードのみを購入しました。

※15日間パッケージの選択項目から選択し、7日間のパッケージを購入しました。

本記事では定時計測を元にパケット無制限かどうかの検証と通信速度についてレビューしていきます。

<PR>

結論:パケット無制限は存在しない

結論から言うと、Wi-Ho!パケット無制限プリペイドSIMはパケット無制限ではなく、上限2GBで速度制限がかかり使用できなくなりました。

本パッケージは7日間の使い切りだったため2GBだった可能性があり、残る14日間/30日間のパッケージは恐らく7日間(上限2GB)×週数分の容量しか使えないと思われます。

パケット無制限プリペイドSIM
  • 7日間パッケージ|上限2GB
  • 14日間パッケージ|上限4GB
  • 30日間パッケージ|上限8GB

Wi-Ho!プリペイドSIMカード詳細

パッケージは3種類存在し、7日間使い切りの物は1,590円(税込、購入当時)でした。

使用する回線はIIJ=インターネットイニシアティブでした。

IIJmioといえば日本初のフルMVNOです。

通常の格安SIMと違って、キャリアから回線を借用していますがSIMカードを発行することができます。

ピクトグラムも「IIJ」表記になっています。

付属の用紙に記載していあるAPNを設定して準備は完了です。

パケット無制限プリペイドSIMカードの速度データ

測定方法については下記方法で実践しました。

  • 通信端末にプリペイドSIMカードを挿入しAPN設定を実施
  • 通信速度自動測定ソフトを用いて10分置きに計測
  • 実施期間は2020年8月30日7時~9月1日8時まで
  • 測定項目はPing/DLSpeed/UPSpeedとする

速度計測1日目

計測1日目は非常に良い結果となりました。

朝8時30分~23時59分までの計測を行いました。

混雑時間帯での通信速度低下もほぼなく、1日を通してのダウンロード速度平均は32.6Mbpsを記録しました。

制限がかかる気配もなく1日目を終えました。

速度計測2日目

0時~23時59分まで計測を実施しました。

1日目とは違い、昼・夕方・夜間で通信速度低下がみられました。昼食時は~3Mbps程度、夜間は~10Mbps程度となりました。

また深夜帯でも速度が乱高下しました。

速度計測3日目

0時~8時まで計測を実施しました。

午前6時、使用開始からの累計パケット通信量が2GBを超過した直後から速度制限がかかり、0.2Mbpsに制限されました。

それ以降、手動で何度か計測しましたが下り速度が「0」となることが多く全く通信ができなくなりました。

3日間トータル

3日間の結果一覧です。

使用時間が長くなるにつれて、Ping/DL速度が不安定になる傾向がみられました。

まとめ-パケット無制限プリペイドSIMはおすすめしない

以上、Wi-Ho!(テレコムスクエア)のパケット無制限プリペイドSIMのレビューでした。

やはり当初の予想通りパケット上限が設定されており、パケット無制限ではありませんでした。

どんなときもwifiで露呈されたように、現在の日本でモバイルデータ通信でのパケット無制限は存在しません。

\ahamo対応決定/

★毎月データ容量を増量★

  • dカード:+1GB
  • dカード GOLD:+5GB

※2021年9月提供予定

★dポイント還元★
毎月のdカード GOLDのご利用金額の3,000円(税込)を上限に10%dポイント進呈※300P上限
 ※2021年3月26日~

ドコモユーザーは「dカード GOLD」がお得!

  • 毎月のケータイ・ドコモ光のご利用料金の《10%ポイント還元》
  • 年会費は10,000円(税抜)分も十分ポイントでカバーできる!
  • 年会費無料のdカードよりもdカード GOLDの方がお得!

パケット無制限をうたっていたクラウドSIMWiFiルーターサービスもパケット上限ありのプランを続々とリリースしており、業界の健全化が進んでいます。

決してプリペイドSIMが悪いというわけではありません。

上限が明記されたプリペイドSIMであれば安心して使用することが可能です。

特にWi-Ho!ブランドの国内向けプリペイドSIMはドコモ回線/IIJのSIMカードを用いているため、高速通信が可能です。

以前では再販型ソフトバンクSIM一強でしたが、IIJのSIMカードが登場したことで勢力図も変わりつつあります。

くれぐれもパケット無制限は信用しないようにしましょう。

おすすめプリペイドSIMは下記にて

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!