どんなときもWiFi終了について
10/31 23:59をもってどんなときもWiFiの無制限プランが終了、自動解約となりました。この騒動での管理人の所感とクラウドSIMWiFiルーターの今後について考えてみました。

記事を読む

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

WiFi総合

新型コロナで注目の在宅勤務・テレワーク…zoom等データ通信量とおすすめインターネット環境について

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、在宅勤務や時差出勤を行う企業が増えてきているのは昨今の報道でご存知のことだと思います。

1月下旬にいち早くリモートワークの導入を発表したGMO(GMOインターネット株式会社)の他、ドワンゴ、ベアーズなど、IT企業が続々とテレワークを開始し、現在では非IT企業のテレワーク導入がトレンドとなっています。

2020年11月に入り新型コロナウィルス第三波が襲来しており、再度テレワークとなる企業も多いことが予想され、個人でインターネット環境を整備する必要も出てくるでしょう。

テレワークで必須なのは「安定したインターネット環境」です。

本記事では在宅勤務でのビデオ会議等に必要なデータ通信量の目安おすすめのインターネット環境について解説していきます。

結論
  • 法人契約|最も早い在宅勤務導入はNTTメディアサプライが提供するDoRACOONがおすすめ
  • 個人契約|クラウドSIMWiFiルーターで上り速度の速いものを選ぶ

法人向けWiFiルーターで最もおすすめのサービス

NTTメディアサプライ提供法人向けWiFiルーター「DoRaCOON(ドゥラクーン)」導入の紹介|テレワークやオンライン授業に最適な通信環境を構築 NEWS NTTMEDIASがモバイルWiFiルーター新端末GlocalMe U3の取扱いを開始しました。 NTTM...

※DoRACOONの通信速度については現在データ解析中です。

問題となるアップロード速度についても10Mbps程度は確保できる見込みとなっています。

個人で契約するのであれば下記ランキングで上り速度中央値が3Mbps以上のものをお勧めします。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターの通信速度比較ランキング!24時間10分おきに数日間検証した結果を検証 どんなときもwifiを運営する株式会社グッドラックが500人を対象に行ったアンケート調査では、「Wi-Fiサービス選びにおいて重...

※当サイトはNTTメディアサプライが提供する法人向けWiFiルーター「DoRACOON」の一次取次店「株式会社縁人」との特別提携により「法人専用特別プラン」のご案内をしております。

詳細は下記からご覧ください。

DoRACOON
条件開示申請は
こちら >

<PR>

テレワークを導入した富士通が働き方改革

最近では益々テレワーク形態を導入する企業が増えてきており、富士通では製造拠点を除く国内約8万人のグループ社員を対象に、自宅や最寄りのオフィスで働くテレワークを勤務形態の基本とすることを決めました。

在宅勤務費用として月額5000円の「スマートワーキング手当」を支給するなど、在宅勤務を今後も押し進めていく姿勢が伺えます。

参考:富士通、8万人テレワーク 通勤定期廃止、単身赴任削減(時事通信)

また、「ねとらぼ」でいち早く在宅勤務を導入したGMOインターネット株式会社を紹介し、自宅にインターネット環境がない職員に対しては「インターネット環境およびVPNの貸与」を行っています。

2020年11月以降、新型コロナウィルスの第三波が襲来しており、日本では再度「テレワークを基本とした働き方」が主流になってくるものと考えられます。

テレワークでの社員交流の基本はビデオチャットアプリを用いたオンライン会議が主体になります。

代表的なWEB会議サービスの通信量のまとめ

恐らくビデオ会議アプリで最も有名なのは「Zoom」でしょう。

下記にビデオ会議アプリで必要とされる回線速度とデータ通信量をまとめます。

サービス名 必要速度
(上り/下り)
データ消費(1時間)

Zoom
1.8Mbps / 1.8Mbps※ 約830MB/約830MB

Skype
8Mbps / 512kbps 約3.6GB/約220MB

Microsoft Teams
1Mbps/2Mbps 約500MB/約900MB

Web会議システムzoomの公式サイトによると、1対1のビデオチャットを行う場合、受信発信共に1.8Mbpsの速度が必要とされています。グループでのビデオチャットの際には受信の場合2.5Mbps(上り/下り共に)、発信の場合3.0Mbps(上り下り共に)の速度が必要とされています。

各ビデオチャットアプリの詳細な通信量については下記項目を展開してご覧ください。

レンタルWiFiルーターにおいてはアップロード速度が低速のものも多いため、しっかりと上り速度中央値について把握した上でサービスを選びましょう。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターの通信速度比較ランキング!24時間10分おきに数日間検証した結果を検証 どんなときもwifiを運営する株式会社グッドラックが500人を対象に行ったアンケート調査では、「Wi-Fiサービス選びにおいて重...
Zoomについての詳細

zoomの通信量

引用:Zoom公式

最近のテレワークで注目を集めることになった複数人のビデオチャット・WEB会議を可能にするサービス「ZOOM」

残念ながら、公式サイトに詳細なパケット通信量については記載がありません。

通信速度から計算した数値については下記をご参照ください。

必要な通信速度については下記の通りです。

zoomで多人数会議を行いたいケースがほとんどとなるため、この場合、「ギャラリービュー」の通信要件をあてはめます。

この数値から計算すると

1.5Mbps(0.23MB/s)×3600秒(60分)=828MB/h

ということになり、おおよそ1時間に830MB消費する計算になります。

ギャラリービューを用いない場合も考慮して、目安としては1時間に500MB~850MB程度と考えていただけらた幸いです。

またグループチャットの場合では

  • 2.5Mbps(0.31MB/s)×3600秒(60分)=1116MB/h
  • 3.0Mbps(0.38MB/s)×3600秒(60分)=1368MB/h

となります。

zoomに関しては、複数人の使用でも最適化されるため複数人でビデオチャットをした場合でも必要な通信速度およびパケット通信量に変化はないようです。

Zoomで使用される帯域幅は、参加者のネットワークに基づいて最高のエクスペリエンスが得られるよう最適化されます。帯域幅は自動的に3GまたはWiFiに応じて調整されます。

引用:zoom

他のサービスに比べると多人数のグループミーティングでも通信量が少なくて済むのが魅力です。

基本的な機能については、「パーソナルミーティング」プランで可能、無料で利用することが出来ますが

  • 参加者は100人まで
  • 1対1であれば無制限にミーティング可能
  • グループミーティングは1回40分まで

となっています。

「100人の参加者までホスト可能」という意味は

Zoomアカウントを持っている人が100人まで招待できますよ

ということです。

ホストとは?

よくZoomをみていると「ホスト」という言葉が出てきます。

このホストとは「主催者」という意味です。

Zoomでは、オンラインビデオチャットをしたい人すべてがZoomアカウントを持っている必要はありません。

Zoomアカウントを持っている主催者=ホストが招待する=ミーティングルームのURLを送信することでチャットが可能になります。

無料・有料プランによる機能の違いについて

1対1のオンラインミーティングでは、時間制限なくやり取りが出来るため、基本の無料プランで問題ありません。

しかし、無料プランではグループミーティングが40分に制限されているため、例えば大人数での会社内の会議や、生徒を対象としたオンラインビデオチャットでは、40分ごとに再接続する必要があります。

これではやはり再度接続する手間がかかります。

プロプラン以上の「有料プラン」にすることで、グループミーティングの時間の制限が解除となります。

また、同時接続人数もプランに応じて多くなり、会議を主催できるホスト権限をもつユーザーアカウントも多くなります。

基本
(無料)
プロ
(2000円/月)
ビジネス
(27,000円/月)
2700円/1ホスト/10台~
エンタープライズ
(270,000円/月)
2700円/1ホスト/100台~
同時参加者 100人 100人 300人 500人~
1対1ミーティング 無制限 無制限 無制限 無制限
グループミーティング 40分まで 24時間まで 24時間まで 24時間まで
多人数オプション(500人まで) なし 8,700円/月 9,400円/月 9,400円/月
多人数オプション(1000人まで) なし 14,100円/月 14,800円/月 14,800円/月

これ以外にも、有料プランになると各種オプション機能が利用可能です。

参考:ZOOM料金プランについて

Skypeについての詳細

Skypeを利用するのに必要な速度は100kbps以上

ビデオ通話サービスで最も有名なSkypeの公式サイトによると

通話の種類 最低ダウンロード
/アップロード速度
推奨ダウンロード
/アップロード速度
通話 30kbps / 30kbps 100kbps / 100kbps
ビデオ通話/
画面共有
128kbps / 128kbps 300kbps / 300kbps
ビデオ通話
(高品質)
400kbps / 400kbps 500kbps / 500kbps
ビデオ通話
(HD)
1.2Mbps / 1.2Mbps 1.5Mbps / 1.5Mbps
グループ ビデオ通話
(3 人)
512kbps / 128kbps 2Mbps / 512kbps
グループ ビデオ通話
(5 人)
2Mbps / 128kbps 4Mbps / 512kbps
グループ ビデオ通話
(7 人以上)
4Mbps / 128kbps 8Mbps / 512kbps

引用:Skypeヘルプ

通話必要な推奨速度は100kbps、ビデオ通話に必要な推奨速度は300kbpsとなっています。

WiMAXで通信制限がかかった状態でも通話はできます。

他人数でのビデオ通話となると8Mbps程度の速度が必要となってくるため、速度制限がかかった状態ではやり取り自体が難しいでしょう。

Skypeは全体的にオンラインチャットではパケット通信料を消費しやすい傾向にあります。

スカイプでウェブ会議をしたときにかかるパケット通信量

上記表を参考に仮にグループビデオ通話を7人以上で行ったとします。

推奨速度は8Mbpsです。

1Mbps=125KB/秒=0.125MB/秒

となります。

8Mbpsでは1秒間に1MBの通信量という計算になります。

仮に60分の会議だった場合、単純計算で

1MB(秒)×60分(3600秒)=3600MB=3.6GB

となります。

たった60分の会議で4GB近いパケットを消費してしまいます。

月に何度会議をするかは会社によって異なりますが、短期間でのパケット通信料に上限があるWiMAXでは、ビデオ通話に用いるには少し不利でしょう。

仮にテレワークを導入した企業がWiMAXを使ってWEB会議を行った場合、程度によりますが通信制限がかかってしまう場合も考えららます。

Microsoft Teamsについての詳細

Microsoft Teamsの必要通信速度

Microsoft Teamsの必要通信速度は下記の通りです。

帯域(上/下) シナリオ
30 kbps ピアツーピアの音声通話
130 kbps ピアツーピア音声通話と画面共有
500 kbps ビデオ: 30 fps 360 p の呼び出しのピア ツー ピア品質
1.2 Mbps 30 fpsでHD 720 pの解像度でのピアツーピアHD品質ビデオ通話
1.5 Mbps 30 fpsでHD 1080 pの解像度でのピアツーピアHD品質ビデオ通話
500 kbps/1Mbps グループビデオ通話
1Mbps/2Mbps HD グループビデオ通話 (1080 p の画面で 540 p のビデオ)

引用:Microsoft Teams

このように概ねZoomやSkypeとほぼ同じ必要条件となっています。

IP電話を使うのもパケット通信料がかかる

企業側からスマートフォンなどを貸与している企業であれば、通話料金については問題ありませんが、そうでない場合は個人のスマートフォンで会社や取引先とのやりとりを行う必要があります。

必ずしも個人のスマートフォンの契約プランが通話し放題になっているわけではありません。

そうした時に便利なのが「IP電話サービス」です。

無料で使える「050」で始まる個別番号を取得できるアプリは「SMATalk」です。

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
開発元:Rakuten Communications Corp.
無料
posted withアプリーチ

しかし、これを使う場合にもやはりパケット通信量が発生してしまいます。

<PR>

テレワークを早急に導入するならWiFiルーター一択

このようにテレワークをするとなるとやはりデータ通信量が非常に多くかかってしまいます。

急場しのぎでお使いのスマートフォンのテザリング機能を使っている方も多いと思いますが、やはりすぐにパケット上限が来てしまうことでしょう。

一方で光回線はパケット上限がないものが多いですが、工事が必要ということもあり、時間がかかってしまいます。

早急にテレワーク環境を作る第一選択肢としては工事不要なWiFiルーターとなります。

一方でWiFiルーターに関しては上り速度が遅いものが多くすべてのサービスをおすすめすることはできません。

<PR>

【公式】enひかり
☆契約期間がないから違約金なし

☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
【公式】おてがる光
☆契約期間がないから違約金なし

<下記から選べる特典>
☆最大12か月月額間500円引き
☆基本料金最大2か月無料
☆開通までの期間モバイルWiFi貸与
☆工事費5,000円
※期間限定のためご注意ください。

法人契約でおすすめなのは、法人専用回線を用いてアップロード速度も十分に確保できるNTTメディアサプライが提供する法人向けWiFiルーター「DoRACOON」です。

NTTメディアサプライ提供法人向けWiFiルーター「DoRaCOON(ドゥラクーン)」導入の紹介|テレワークやオンライン授業に最適な通信環境を構築 NEWS NTTMEDIASがモバイルWiFiルーター新端末GlocalMe U3の取扱いを開始しました。 NTTM...

個人契約に関しては下記からアップロード速度中央値が3Mbpsのサービスを選択してください。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターの通信速度比較ランキング!24時間10分おきに数日間検証した結果を検証 どんなときもwifiを運営する株式会社グッドラックが500人を対象に行ったアンケート調査では、「Wi-Fiサービス選びにおいて重...

光回線と比較してもドゥラクーンなら安心感が大きい

DoRACOON 光回線
通信障害
強い

強い
月額料金相場
3,800円
※無制限プランの場合

3,500円~6,000円
通信速度
実測最大60Mbps程度

実測最大500Mbps程度
パケット上限
上限あり

どれだけ使ってもOK
可搬性の有無(持ち運べるか)
どこでも使える

家の中だけ
工事の有無
工事不要で引っ越しも楽

必要

光回線と比べるとやはり回線速度は劣りますが、DoRACOONであればトリプルキャリア対応で通信障害にも強く、NTTメディアサプライが提供するサービスということで回線品質も折り紙つきです。

無制限プランという名称ですが、1日10GBまで使用可能です。

~5GBまでは高速通信が可能、5GB~10GBまでは下り1~3Mbps程度に制限、10GB以上は128Mbps制限となります、

賃貸物件の制約がある人にもDoRACOONがおすすめ

マンションやアパート等、賃貸物件に住んでいらっしゃる方では光回線の工事が行えない方も多いでしょう。

そういった場合にも工事が不要なモバイルWiFiルーターサービスはお勧めです。

モバイルWiFiルーターサービスでは「WiMAX」が有名ですが、使用している電波特性上、建物の中では繋がりにくいです。

DoRACOONであればトリプルキャリア対応で高速LTE回線を使った通信が可能なため、建物の中でも問題なく通信が可能です。

NTTメディアサプライ提供法人向けWiFiルーター「DoRaCOON(ドゥラクーン)」導入の紹介|テレワークやオンライン授業に最適な通信環境を構築 NEWS NTTMEDIASがモバイルWiFiルーター新端末GlocalMe U3の取扱いを開始しました。 NTTM...

DoRACOONの料金プラン

DOR01
モバイルルータータイプ
jetfon S20i
スマートフォンタイプ
YT60
マルチファンクションタイプ
端末
\おすすめ/
端末費用 19,800 46,000 55,000円
初期費用 3,000円
プレミアムプラン
(10GB/日)
3,800円 4,300円 4,500円
容量制限型プラン
(5GB/月の場合)
1,500円 2,000円 2,000円
指定容量プラン 問い合わせ
エコノミープラン
(データ無制限|128Kbps制限)
なし 1,000円~ なし
休止プラン 500円
契約期間 定めなし

DoRACOONは回線と端末が分離プランとなっているため、初期費用として端末代金はかかってきます。(これに関してはWiMAXも同様)

<PR>

お好みのWiFiルーターを条件指定して検索!

タップして展開

月額費用

パケット上限

契約期間

日割り計算

データ単価

回線種類

自動更新

違約金

初期費用

端末割賦

こだわり条件を追加

他サービスと比べても月額3800円で月間150GBの高速LTE回線を使った通信が可能なのはアドバンテージが大きいです。

特にNTT印のサービスということで安心して使えます。

当サイトはDoRACOON(ドゥラクーン)正規取次店である株式会社縁人と提携しサービス紹介を行っております。

DoRACOONの申込に関しては当社GreenEchoes Studioと株式会社縁人との提携により、当サイトからお問合せのお客様のみにご案内可能なWEB非公開のスタートアップキャンペーンを開催しています。

条件開示については無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

DoRACOON
条件開示申請は
こちら >

NTTメディアサプライ提供法人向けWiFiルーター「DoRaCOON(ドゥラクーン)」導入の紹介|テレワークやオンライン授業に最適な通信環境を構築 NEWS NTTMEDIASがモバイルWiFiルーター新端末GlocalMe U3の取扱いを開始しました。 NTTM...

テレワークでのインターネット環境第一選択は法人ならDoRACOON、個人ならアップロード速度が速いものを

以上、在宅勤務で必要なパケット通信量の目安について解説してきました。

新型コロナウィルスの蔓延を受けて再度テレワークへ移行する企業様には是非DoRACOONを検討していただきたいです。

個人の方のご利用についてはできませんので、下記ランキングからアップロード速度が3Mbps以上のサービスを選びましょう。

WiMAXに関しては電波状況によって十分な速度が出にくい可能性があるため十分な検討が必要です。

端末の在庫がない!申し込めるサービスがない中でUQWiMAXを勧める理由 当サイト限定法人専用UQWiMAX特別プランについては下記からどうぞ。 UQWiMAX 法人専用特別プランについて ...
クラウドSIMモバイルWiFiルーターの通信速度比較ランキング!24時間10分おきに数日間検証した結果を検証 どんなときもwifiを運営する株式会社グッドラックが500人を対象に行ったアンケート調査では、「Wi-Fiサービス選びにおいて重...
月間容量別で選ぶ!パケット上限20GB/40GB/100GB/200GB/300GB/無制限…おすすめレンタルWiFiルーターはどれだ? 月々のパケット通信量を節約したいのであればスマートフォンと「モバイルWiFiルーター」の組み合わせがお勧めです! さらに月...

快適な在宅勤務でのインターネット環境を手に入れられるといいですね!

在宅ワークのセキュリティ対策についてはこちら

在宅勤務テレワークに必須のセキュリティ対策「VPN」とは?速度や導入費用を比較 新型コロナウィルスの影響でパソコンを使用しての在宅勤務が主流となってきていますが… セキュリティ対策はしっかりと行っていま...

記事一覧を見る

テレワーク導入には法人向けWiFiルーターサービスを|新型コロナウィルス第三波の影響から考える今後のテレワークとオンライン授業の未来 新型コロナウィルス第三波の勢いが止まりません。 2021年1月7日には東京都での新規感染者数が2,000人を超えました。 ...

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST