スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

NomadSIM(ノマドシム)、4キャリア対応のクラウドSIMリリースに向けて準備|X社SIMカード上限変更を受けて

Author:Ryosuke Kawamura(@hottyhottea)プロフィール
GreenWaves on Twitter @DenpaNavi

2021年5月20日、NomadSIMがドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4キャリア対応のクラウドSIMの仕組みを採用したポケットWIFI(モバイルWiFiルーター)のリリースを検討していることが株式会社Nomad Works代表ツイッターで判明しました。

同社はX社のレンタルSIMカードのパケット上限引き下げを受け、2021年4月23日付けのコンテンツでクラウドSIM対応ルーターの販売時期を6月としていました。

今回のツイートではその対応キャリアが明らかになった形となります。

追記:NomadWiFiがリリースされました。

NomadSIM(ノマドシム)、4キャリア対応のクラウドSIMリリースに向けて準備

2021年5月20日、NomadWorks代表ツイッターで下記のツイートが投稿されました。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル対応のクラウドSIMリリースの背景にはNomadSIMデータ上限引き下げがあるか

NomadSIM(ノマドシム)では、2021年4月23日に提供していたレンタルSIMプラン「BASICプラン」の月間上限が回線提供元から100GBから50GBへ引き下げられることを発表しました。

参考:Nomad SIM Basicプランに対しての容量制限につきまして

BASICプランは月額4,180円でしたが、パケット引き下げ後はLITEプランの価格となるため、月額3,740円へ変更となります。

月間使用パケット上限が半分となったため、データ単価にして約2倍の値上げとなりました。

既存のBASICプランユーザーは自動的に「Nomad SIM LITEプラン」へ自動的に変更されるため特別な手続きは必要ありません。

同コンテンツでは

全事業者に対して行われている容量変更となり、弊社以外の全事業者様も対象に含まれております。

Nomad SIM Basicプランに対しての容量制限につきまして

としている通り、NomadSIM以外にも2021年5月以降にX社SIMカードのレンタルサービスを展開する事業者は軒並み月間100GB上限のSIMカードの容量を50GBへ引き下げることが発表されています。

実現すればクラウドSIM初の「本当の意味でのマルチキャリア対応」になるか

「トリプルキャリア対応」を謳うクラウドSIMの仕組みを採用したポケットWIFIの多くはX社回線に高頻度で繋がることが知られています。

今回、明確に「4キャリア対応となる」見込みとなれば、本当の意味での「その場所に最適な電波で通信が可能」なクラウドSIMの真価を発揮できる可能性があります。

ただし、クラウドサーバー上に挿入されるSIMカード割合によっては確率的に挿入割合が多いSIMカードキャリアに接続する確率が高くなる可能性が考えられます。

スマートフォンアクセサリー専門店 UNiCASE ユニケース

クラウドSIMの中身についてまでは深く触れるコメントが少ない中での今回の発言は注目を集めることでしょう。

今後のNomadSIMの新サービスに期待ですね。

【公式】Nomad SIM

株式会社Nomad Worksについて

会社名株式会社Nomad Works
代表者名望月 強兵
本社〒104-0061
東京都中央区銀座6-14-8 銀座石井ビル4F
電話番号03-6403-4552
メールinfo@nomad.inc
設立令和元年5月21日
電気通信事業届出番号A-01-17337
代理店届出番号C2104838
ホームページhttps://nomad.inc/

NomadSIM関連記事

Twitter企画実施中

\抽選で1名様にiPad Air4が当たる/

AirWiFi×GreenWaves Twitter企画

■応募方法■

■Wチャンス■

■開催期間■

  • 2021年7月15日(木)23:59

参加される方は必ず応募規約をご一読の上ご参加ください。

iPad×AIR-WiFiであなたの生活が変わります!

iPadの使い道については下記コンテンツをご覧ください。

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!