MENU
クラウドSIM

MugenWiFiに強力オプション追加!縛り期間なしや低速補償も選べてさらに使いやすいサービスに

MugenWiFiは縛り期間ありで月間100GB使用可能なサービスにおいては、月額3,718円(税込)と非常に安価なサービスになっています。

新オプション追加に伴い、契約時に「縛りなしオプション(月額660円(税込))」を付加することで、月額4,378円(税込)で月間100GBプランが「契約期間縛りなし」で利用できるようになりました。

MugenWiFiの大きな特徴である

  • 30日おためし全額返金キャンペーン
  • 違約金が安価(13か月目~5,500円(税込))
  • 25か月目以降の違約金なし

の条件はそのままに、さらに強力なオプションとして下記が追加されました。

<Mugen Wi-Fi概要>

月額使用料 3,718円(税込)
24か月総額 92,532円(税込)
日割り計算 なし
※次月利用オプション(自動配送オプション)利用で月途中契約時のロスが防げる
(初期費用3,300円(税込)は当月請求)
初期費用
契約事務手数料3,300円(税込)※初回のみ
オプション
(選択加入)
2年間縛りなしプラン|660円(税込)/月
低速補償プラン|440円(税込)/月
Mugen補償プラン|550円(税込)/月
Mugen補償プラン+紛失α|660円(税込)/月
次月利用オプション 0円(税込)
端末費用
無料
送料 無料
発送までの期間 最短即日発送
指定契約期間
(縛り)
24か月(24か月更新プラン)
通信回線 トリプルキャリア対応(ドコモ・au・ソフトバンク)
通信量上限 月間100GB
海外通信 134か国対応
支払い方法 クレジットカードのみ

今すぐ詳細を確認したい方は公式ホームページへどうぞ!

※14か月目:5,000円キャッシュバック
※23か月目:5,000円キャッシュバック

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

<PR>

  • スマホ乗り換え手数料シミュレーター
  • スマホ乗り換え相談所オンライン
  • スマホ乗り換え方法と注意点
  • モバイルWiFiカスタム検索
  • クラウドSIMWiFiルーター通信速度測定比較ランキング
  • クラウドSIMWiFiルーター徹底比較総合ランキング

Mugen Wi-Fiの料金プランについて

プラン名 Mugen格安プラン
月額 3,718円(税込)
容量 100GB/月
契約期間 2年縛り
解約金 0~12ヶ月目:9,900円(税込)
13~24ヶ月目:5,500円(税込)
25か月目以降:無料

これ以外の初期費用としては

契約事務手数料3,300円(税込)(新規契約時のみ)がかかります。

※G4端末プランは停止中

目次に戻る▶▶

 

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

Mugen Wi-Fiのオプションについて

MugenWi-Fiには5つのオプションが存在します。

2年間縛りなしプラン

2年間縛りなしプランオプションを追加すると、月額3,718円(税込)で2年間使用できる100GBプランが縛り期間なしとなり、月額4,378円(税込)で縛り期間なしで使用可能になります。

低速補償プラン

低速保証プランは1Mbps 以下の通信速度となった場合に利用できる補償プランです。

これが適用されると、解約費用および返却送料全額無償、解約月の月額費用の全額の返金がされます。

①1Mbpsを切る速度の場合ご利用いただけます。

②低速解約は、連続5日間以上の速度エビデンス(回線速度調査アプリ画面など)が必要となります。 ※速度検証スマホアプリもございますため、ご確認いただけますと幸いです。

※参考:https://fast.com/ja/

※速度検証スマホアプリもございますため、ご確認いただけますと幸いです

③月間100GB以上ご利用いただいた場合での、低速につきましては適用外となります。使用容量の確認方法はMugen WiFiのWi-Fi接続時にこちらにアクセスいただくと確認が可能です。

④返却時に箱・説明書・ケーブルなどの付属品に欠品がある場合、過度の汚損、破損がある場合追加費用として22,000円(税込)が発生します。

⑤返却期限は解約申し込みから1ヶ月以内となり、過ぎた場合は違約金9.0円(税込)が発生致します。

⑥また送料負担については、不要となります。

⑦ご購入から30日以内である場合は、30日返金補償の対象となりますため、返却手数料などのレギュレーションが発生いたします。詳細はこちら

⑧2020/9/8以前ご契約のお客様がプラン変更ご希望の場合

ご利用いただいた利用月数 ×220円(税込)のご請求をさせていただきます。

→料金は翌月から

低速補償プラン:+440円(税込)

⑨契約のお客様がプラン変更ご希望の場合

ご利用いただいた利用月数 ×440円(税込)のご請求をさせていただきます。

→料金は翌月から

低速補償プラン:+440円(税込)

※端末交換はいたしかねますため、ご了承ください。

 

Mugen補償プラン/+紛失αプラン

MugenWi-Fiには加入時のみ任意の端末補償が550円(税込)でつけることが出来ます。

<補償対象>

  • 正規の利用方法での故障
  • 水濡れ
  • 機器破損
  • 機器全損

※故意による破損、改造による破損、盗難紛失、使用による劣化色落ちは補償対象外

※1度補償をうけたあと、12ヶ月以内の再度補償を受けたい場合は、1台あたり4,180円(税込)が発生

+αプランでは、上記補償内容に加えて紛失時も端末補償が適応されます。

また、+紛失αプランの場合は既存ユーザーのプラン変更も可能となります。※ただし途中解約は不可

管理人
管理人
補償がない場合での本体の交換費用は22,000円(税込)かかるということもあり、破損の心配がある人は入っておいて損はないでしょう。

次月利用オプション

Mugen Wi-Fiは日割り計算がないため、月途中契約時でも1か月分の料金を請求されます。

次月利用オプションを使用すると、自動的に次月頭に配送されるため月途中契約時のロスを防ぐことが出来ます。

ただし、初期費用3,300円(税込)は契約月に請求となります。

<PR>

\あなたにぴったりのプラン/
スマホ乗り換え診断▶▶

※申し込み後”8日以内のキャンセルであれば初期契約解除制度を利用し契約解除可能です

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

 

Mugen Wi-Fiのメリットについて

Mugen(むげん) WiFiにはメリットについてまとめます。

Mugen wifiのメリット
  1. 解約違約金が安い!25か月目以降解約違約金無料!
  2. トリプルキャリア対応で地下鉄OK!
  3. 最短即日発送
  4. 海外でもそのまま利用できる
  5. 違約金が安価
  6. 申込から30日間は全額返金保証!

それでは各特徴について詳しく見ていきましょう。

目次に戻る▶▶

解約違約金が安い!25か月目以降解約違約金無料!

無限ワイファイは24か月契約の縛りがあるプランとなっており、その期間内での解約は違約金が発生します。

<解約違約金>

  • 1年未満:9,900円(税込)
  • 1〜2年未満:5,500円(税込)
  • 2年以降:無料

他社だと1年以内の解約違約金が2万円程度かかることを考えるとその半額で使用することが出来ます。

しかも、更新月のみ違約金がかからないという競合サービスが多い中、無限ワイファイは25か月目以降の解約違約金は無料となっています。

目次に戻る▶▶

パケット上限が明記されているため通信障害リスクが少なく安心

この界隈ではどんなときもwifiの通信障害以降、総務省の指導によりパケット無制限サービスの是正が進んできました。

MugenWiFiもこれを受けて2020年9月7日~月間100GB上限の安心できるサービスに生まれ変わっており、通信障害のリスクが非常に低くなっています。

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

<PR>おすすめ光回線

【公式】enひかり

☆契約期間がないから違約金なし
☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
☆いつでもWiFi3泊4日レンタル無料!
☆1Gbps以上の高速通信に対応(NTTフレッツ光回線使用)
★enひかりクロスは10Gbpsに対応
戸建て:4,730円(税込)
マンション:3,630円(税込)

 

トリプルキャリア対応で繋がりやすく地下鉄でもOK!

Mugen wifi(むげんワイファイ)がほかのレンタルwifiルーターより優れているのは、ドコモ・au・ソフトバンクの通信回線に対応しているということです。

これは、クラウドSIMという仕組みを利用しており、その場所で最も通信しやすい電波を選んで通信をしてくれるという仕組みです。

例えば、WiMAX(=au回線)の弱点としては、地下鉄で繋がりにくいということです。

Mugenwifiであれば、遮蔽物に強いソフトバンク・ドコモの電波網で通信が可能なため、地下鉄等でも繋がりやすいことが期待できます。

目次に戻る▶▶

最短即日発送

Mugen wifi(むげんワイファイ)のすごいところは、最短で即日発送してくれるということです。

東京からの発送ですので、地域によっては最短翌日に受け取ることが可能です。

ただし、即日発送を受ける場合、平日は13時まで、土曜日は11時までの受付分となり、申込内容に不備がない場合に限ります。

多くのレンタルwifiルーターは発送までに2営業日以上かかるところが多いことを考えると、Mugen wifi(むげんワイファイ)の発送がどれだけ早いかわかると思います。

すぐに使いたい方にはぴったりですね。

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

海外でもそのまま利用できる

Mugen wifi(むげんワイファイ)はクラウドSIMの仕組みを利用しているため、特別な手続きをすることなくそのまま海外でも使用することが出来ます。

世界134か国対応です。

プランは「世界どこでも放題・アジアどこでも放題プランday1GB」プランになります。

Area1ーアジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア

1,320円(税込)/日(上限1GB超過後は384kbpsの通信制限)

Area2ー中東・アフリカ・南米

1,760円(税込)/日(上限1GB超過後は384kbpsの通信制限)

目次に戻る▶▶

違約金が安価

他社のパケット上限ありプランの違約金がおおよそ1万円程度となっていますが

MugenWiFiでは~12ヶ月目までは10,450円(税込)、13か月目~は5,500円(税込)となっています。

加えて、自動更新がないため、25か月目以降の解約では違約金が発生しません。

目次に戻る▶▶

申込から30日以内であれば全額返金保証!

Mugen wifi(むげんワイファイ)の一番の目玉は

申込から30日以内であれば全額返金保証ということでしょう。

返金保証の詳細は下記のとおりです。

  1. フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
  2. 返品の「発送日時」が30日以内であること。
  3. Mugen WiFiのご利用が初めてであること。
  4. 海外利用がある場合はデイリーの利用料金が発生
  5. 50GB を超える大容量通信を行った場合、9,900円(税込)の解約費用が掛かる

要するに、契約後30日以内で「やっぱり必要ないや」と思ったら

  • 契約違約金なし
  • 月額料金返金

という破格の条件で契約解除が可能です。

お試しで使うにはもってこいですね!

ただし

  • 箱の破損・説明書の欠品等は追加費用22,000円(税込)
  • 返却処理手数料1,188円(税込)
  • 送料は送り主負担

となるため、注意が必要です。

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

MUGEN Wi-Fi(むげんワイファイ)のデメリット

メリットばかりのMUGEN wifiですが、デメリットも存在します。

MUGEN wifiのデメリット
  1. 解約違約金がかかる
  2. 支払方法がクレジットカードのみ
  3. 新規サービスのためサポート体制が未知数
  4. 日割り計算がない
  5. 24か月未満の解約時に端末の返却が必要

途中解約金がかかる

無限ワイファイは24か月の継続利用を前提とした「縛り期間のある」レンタルwifiルーターです。

24か月未満で解約した場合には下記の解約違約金が発生します。

<解約違約金>

  • 1年未満:9,900円(税込)
  • 1〜2年未満:5,500円(税込)
  • 2年以降:無料

先ほども触れましたが、これは業界最安値クラスです。

他社は2万円近くかかるところ半額ということは、それほど大きなデメリットにはなりません。

目次に戻る▶▶

支払い方法がクレジットカードしか選べない

無限ワイファイはクレジットカードでしか支払いができません。

口座振替を希望する方には対応していません。

目次に戻る▶▶

サポート体制が未知数

無限ワイファイはまだまだ歴史の浅いサービスです。

従業員が14名ということを考えると、電話対応の遅さも可能性としては考えられます。

この辺は業界最安値を謳っている企業なので、今後の発展に期待したいところでしょう。

目次に戻る▶▶

日割り計算がない

Mugenwifiは日割り計算がないため、契約するのが月初めでも月終わりでも1か月分の料金を請求されます。

mugenwifi日割り計算

参考:Mugenwifi

しかし、次月配送オプションを利用すれば、端末の発送が翌月はじめになる代わりに日割り計算がないことによるデメリットをゼロにすることが出来ます。

管理人
管理人
日割り計算ができないのはデメリットですが、こういう心配りが出来る優良サービスと言えるでしょう。

目次に戻る▶▶

24か月未満の解約時に本体の返却が必要

Mugen Wi-Fiは24か月以上契約すると端末がプレゼントとなります。

しかし、それ以前の解約では端末の返却が必要となります。

返却できない場合は1,760円(税込)×残り月数の支払い義務があるので、落としたり汚したりしないよう大事に扱いましょう。

また、専用化粧箱だけでなく、発送時の段ボールやmicroUSBケーブル等無くさないように大切に保管しましょう。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

同時接続台数が5台と少ない

他のクラウドSIMwifiルーターで共通していますが、GlocalMe端末は同時に5台までしか接続できないため、ホームルーターとして使用するにはちょっともの足りません。

しかし、下記の方法で接続台数を増やすことが出来ます。

クラウドSIMWiFiルーター端末GlocalMe U2s/G3/G4などで5台以上同時接続する方法 大容量通信が可能なサービスとして、クラウドSIMの仕組みを用いたWiFiルーターが主流となってきています。 最新機種のGl...

Mugen Wi-Fi(むげんワイファイ)の使用端末

GlocalMe U3

月間100GBプランに関して、使用端末は「GlocalMe」ブランドのU3を採用しています。

端末名 U3
重量 125g
端末サイズ 126×66×10mm
液晶サイズ なし
連続通信時間 約12時間
下り最大 150.0Mbps
上り最大 50.0Mbps
付属品 USB Type-Cケーブル(充電用)
SIMピン
ACアダプタ 2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
同時接続台数 10台

最新端末GlocalMeU3はU2sに比べると

端子がUSB Type-C/同時接続台数が10台と改良されています。

通信機能については特段差はありません。

GlocalMe U3デビュー!U2sと比較しての根本的な違いは同時接続台数の多さ 日本国内のクラウドSIMWiFiルーターサービスで主流になっているのが GlocalMe U2s(液晶無し) ...
モバイルWiFiルーター端末仕様を比較解説|ポケットWIFI・クラウドSIM対応端末 本記事ではレンタルWiFiルーターでよく採用されている端末についての情報を比較していきます。 クラウドSIM採用の...

詳細設定はスマホ側から設定可能です。

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

GlocalMe U3のデメリット

デメリットとしてはWPS機能を搭載していないことです。

WPS機能とは、煩雑な接続設定をせずにボタン一つでWi-Fiルーターと無線機器を接続できる機能です。

接続先の端末がWPS方式でしか接続できない場合には接続ができません。

この点は注意しましょう。

また

  • SSIDの非表示(ステルス化)
  • MACアドレスの変更不可

が行えないなど、最低限WiFiルーターとして機能するように作られています。

セキュリティの観点を重要視する方にとっては満足いただけない可能性があります。

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

Mugen Wi-Fi(むげんワイファイ)の通信対応エリア

無限ワイファイはクラウドSIM採用によるトリプルキャリア対応で、ドコモ・au・ソフトバンク回線を利用することができます。

各社の通信エリアは人口カバー率99%ですが、微妙に異なっています。

その中で最も通信しやすい回線を自動で選んでくれるため、無限ワイファイは非常に繋がりやすくなっています。

また、ソフトバンク回線とドコモ回線の特徴として、遮蔽物に強いことが挙げられます。

これは、au回線であるWiMAXが苦手とする地下鉄内での通信がしにくいというデメリットを解消してくれます。

NTTドコモ|通信エリア

au|通信エリア

ソフトバンク|通信エリア

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

Mugen Wi-Fiの通信速度

24時間を10分置きに計測したデータが下記です。

Mugen Wi-Fi(無限WiFi)の通信速度測定結果|24時間を10分置きに7日間計測 2020年9月7日より既存のパケット無制限プランから月間100GB上限プランへ移行したMugenWiFi。 やはり気になる...

非常に安定した速度で通信が可能です。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

MUGEN wifi(むげんワイファイ)の申し込み手順

Mugen wifiwifiの申込時に必要なもの
  • クレジットカード

無限ワイファイの申込は、公式サイトの「申し込みはこちら」のバナーをクリックします。

そこから

  • 商品選択(料金プランの選択)
  • サポートオプションの選択
  • 利用規約・個人情報の取り扱いの☑

を済ませます。

※オプションの選択が少しわかりにくいですが、赤枠点灯が申込、赤枠が点灯していないと申込をしないという選択になります。

次ページでは申込内容の確認を行います。

続いての決済画面では

  • クレジットカード情報
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 郵便番号住所
  • 生年月日
  • 商品送付先

を入力します。

「次へ」を選択後、申込確認画面を経て申込完了です。

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

MUGEN wifi(むげんワイファイ)の解約方法

MUGEN wifiの解約には、お問い合わせフォームにて連絡することで解約手続きが行えます。

連絡後、折り返し指定のメールアドレスに連絡が来て、解約手続きを行うことが出来ます。

「ご契約者様ページ」からは解約手続きが行えないので注意が必要です。

解約に伴う必要料金は下記のとおりです。

  • 端末返却時送料:ユーザー側負担
  • 返却処理手数料:1,188円(税込)
  • 30日おためし全額返金保証返却時 箱の破損、説明書等の欠品がある場合:22,000円(税込)/台
  • Mugen補償を1度受けたあと12ヶ月以内の再度補償を受ける場合:22,000円(税込)/台
  • 契約期間24ヶ月前の解約時 端末のご返却がない場合:契約月残数×1,760円(税込)/台
  • 補償プラン未加入の機種交換代:22,000円(税込)/台

目次に戻る▶▶

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

Mugen Wi-Fi(むげんワイファイ)は株式会社surfaveが運営

会社名 株式会社surfave
設立 2018年6月1日
運営責任者 大山 勝士
従業員数 8名
届出電気通信事業者 届け出番号:A-01-17268
届け出年月日:令和元年8月6日
所在地 〒305-0031
茨城県つくば市吾妻1丁目15-1-204
ホームページ https://www.surfave-inc.com
業務内容 MUGEN WiFiを始めとした5Gソリューションの提案など
お問い合わせ 専用フォームからどうそ

月額料金を払うサービスを契約をするわけなので、運営会社はしっかりと把握しましょう。

Mugen WiFi(無限ワイファイ)は株式会社surfaveが運営しています。

「ん?surface?」

違います、サーフェーブです。

サーフウェーブをもじった会社名なのでしょう。

我々のmissionは、常に消費者に対し

次から次に生まれるインターネットの波を

乗りこなせるSurfboadをつくることです。

https://www.surfave-inc.com

というホームページの文言のごとく、インターネット通信事業を手掛ける会社です。

容量無制限モバイルルーターとしては、最安値を誇るMugenWiFiです。

古参のレンタルwifiルーター事業者へ挑戦する姿勢が素晴らしいですね。

目次に戻る▶▶

まとめ

草原とPCのアイキャッチ

今回のアップデートで下記3つの補償プランが加わりました。

さらに使いやすくなったMugenWiFi、ぜひお試しください。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

 

クラウドSIMWiFiルーター徹底比較総合ランキング
クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2021年2月版) 【お知らせ】2021年2月21日更新 それがだいじWiFiでGreenWaves限定キャッシュバック10%アップク...

目次に戻る▶▶

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新の通信情報を手に入れよう!

友だち追加

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST