NuPhy Halo75 レビュー!新しいキースイッチも搭載して大ヒットの予感。

  • URLをコピーしました!

NuPhyは2022年11月8日19時30分(日本時間)、新モデルである「NuPhy Halo 75」を発表し、先行予約販売を開始しました。

「Halo75」は、「Haloシリーズ」の第2弾となっており、2022年9月にリリースされた「NuPhy Halo 65」の最上段にファンクションキーを搭載した75%レイアウトのノーマルプロファイルメカニカルキーボードです。

基本スペックはHalo65とそれほど大差はありませんが、Halo 65で大好評を博した「Gateron Baby Kangaroo」に加えて、新たに「Gateron Baby Raccoon」「Night Breeze」「Rose Glacier」の3種類のキースイッチが選択できるということで非常に期待が高まります。

Haloシリーズの真ん中に位置する本機種は、万人受けするレイアウトとなっていることからもどんなユーザーにもおすすめできる機種と言えるでしょう。

NuPhy Halo シリーズ

本記事では、「Halo75」についての実機レビューを行っていきます。

NuPhy Halo 75
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ファンクションキー搭載で誰にでも使いやすい
  • 配色がおしゃれ
  • オリジナルキースイッチの打鍵感が素晴らしい
デメリット
  • 重量が1200gと重く、持ち運びには向いていない
  • US配列のみでJIS配列がない
  • タクタイルスイッチが特徴的となっているため好みが大きい
著者

GreenEchoes Studio代表

河村亮介

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Haloシリーズの特徴について|とにかくおしゃれでかわいい!

Haloシリーズは飛び抜けてキャッチーでポップ!

こんな可愛くておしゃれなキーボード、日本国内にはまず売っていません。

もう持っているだけで満足しそうなくらいのルックスとなっており、キーボードにまったく詳しくない人でも欲しくなるようなデザイン性の高さを感じます。

白やグレーを基調としたMacにはまさにピッタリのカラーリングと言えるでしょう。

加えて、交換用のキーキャップと組み合わせれば、シックなルックスにも変更できる点も非常に好印象です。

(画像はHalo65)

Halo75の概要

画像参照:NuPhy

ここではHalo75の特徴的な仕様を紹介していきましょう。

Halo75のスペック詳細

パッケージ内容

  • 1 x halo75 wireless mechanical keyboard
  • 1 x usb-c to usb-a cable (1.5 m)
  • 1 x 2.4g receiver
  • 1 x keycap/switch puller
  • 17 x extra keycaps
  • 7 x extra switches
  • 1 x quick guide/poster
  • 1 x stickers

技術仕様

General

  • switch type: gateron g-pro v2/baby kangaroo switches
  • layout: ansi 75%
  • number of keys: 83 keys
  • hot-swappable support: yes
  • n-key rollover support: yes
  • backlight & sidelight: rgb-led
  • backlight modes: 10
  • sidelight modes: 4
  • halolight modes: 4
  • mode: 2.4G wireless, bluetooth 5.0 or wired
  • battery capacity: 4000mAh
  • working time (all lights on): up to 48 hours (lab test result)
  • working time (all lights off): up to 240 hours (lab test result)
  • connection type: usb type-c
  • compatible system: macos/windows/android/ios
  • angle: 5.5º/ 8.5º/ 11º
  • operating environment: -10 to 50℃

Materials

  • frame: aluminum
  • bottom case: abs
  • keycap: double-shot pbt

Dimensions

  • 12.5 inch x 4.5 inch x 1.48 inch
  • 318.1 mm x 114.4 mm x 37.5 mm

Weight

  • 2.20 pound
  • 1000 grams

アルミニウムフレームに光る美しいライティング

「Halo」とは「光の帯」のことを指します。

そう、Halo75の特徴はそのライティングの美しさにあるのです。

無機質で凛としたアルミニウムフレームから漏れ出るライティングを辿っていくと、フレームの中央に光の帯を見つけることができるでしょう。

正直、こんなにライティングが美しいキーボードに出会ったことはありません。

セットで購入できるアクリル製の透明なリストレストとの相性はぴったりです。

最大4台までの無線接続/USB接続が可能

Halo75は、最大4台の異なるデバイスとの接続が可能であり、その都度接続先を切り替えることが可能です。

Bluetooth接続がないMac /Windowsも、付属の2.4GHz帯域をサポートするUSBレシーバー(USB Type A)を使えば問題なく接続することができます。

Nuphy Halo 65-Side View

また、USB Type-Cコネクタも備えているため、好みに応じて有線接続も可能です。

カールコードとの相性は抜群です。

MacおよびWindowsに対応

Halo75は、MacだけてなくWindowsにも対応します。

付属のキーキャップを付け替えれば、簡単にMacからWindowsへ切り替えることが可能です。

非常に高い静音性能

Halo75には、高いノイズ対策が施されています。

やはり、メカニカルキーボードの良し悪しを決めるのは「打鍵音」と言っても過言ではありません。

Halo75では、空洞が大きく響きやすいスペースバーの内部にシリコンを入れ込むことで余分な残響音をシャットアウトしています。

加えて、複数層にわたるシリコンを内蔵しているため、非常にタイトな打鍵感となっているのです。

試しに、Baby Kangarooを別のキーボードにインストールして打鍵音を比較してみましたが、やはりHaloシリーズのような「タイトさ」を再現することはできませんでした。

新開発のキースイッチを4種類の中から選べる贅沢な悩み

Halo75のリリースに合わせて、新しく3つのキースイッチがNuPhyに仲間入りしました。

Gateron × NuPhy KeySwiches

Switch TypeOperating ForceTotal TravelKeystroke
Night BreezeLinier42±5gf3.3±0.3mmsoft low tone
Rose GlacierTactile60±5gf3.3±0.3mmsoft low tone
Gateron Baby RaccoonLinier55±8gf3.6±0.2mmsoprano
Gateron Baby KangarooTactile59.8±8gf3.4mmMaxsoprano

Halo65リリースのタイミングに合わせて追加されたBaby Kangarooも加えると、新たに4種類のキースイッチから好みのものを選択することができます。

もちろんHalo75はホットスワップ対応。

どのスイッチもショートストロークとなっているのが特徴です。

どのスイッチも試してみたいですね!

Halo 75の実機レビュー!Halo65と比較した時のメリットとデメリットについて

やはり気になるのは、Halo 75より前にリリースされたHalo 65との違いでしょう。

ここでは、Halo 75とHalo 65との共通点や違いについて考察していきます。

メリット1:打鍵感の素晴らしさ

メカニカルキーボードで重要なのは、「打鍵感」です。

一般的には、キースイッチによる打鍵感が重要視されているように思いますが、個人的にはキーボードを構成する「パーツ=構成要素」が非常に重要だと考えています。

音は必ず「反響」するため、いくらキースイッチがシャープなサウンドを奏でていても、それを支えるケースや内部構造が華奢であれば、当然躯体全体に鳴り響いてしまいます。

結果的に、「打鍵感はいいけどなんかうるさい」という残念な結果にもなりうるでしょう。

やはり、メカニカルキーボードにおいては、「デッド感=残響感の少ない」ものが耳心地がよく結果として「気持ちいい」内心地につながるのではないでしょうか。

それを追求した結果がKeychronのQシリーズでしょう。

Keychron製品一覧はこちら▷▷

ダブルガスケット構造+金属製ケースを用いた構造となっているため、残響音が少なく、どのキースイッチに交換しても「コトコト」という小気味よいサウンドでタイピングすることが可能です。

画像引用:Keychron

一方、金属ケースを用いたことにより、非常に重量感があり、とても気軽に持ち運べるものではありません。

その点、Haloシリーズでは、軽量な金属ケースと複数層に渡るシリコンパットを内蔵したことで、KeychronのQシリーズを彷彿とさせる「デッド感」を作り出している点は非常に工夫が凝らされた製品だと感じました。

画像引用:NuPhy

この工夫のおかげで、KeychronのQシリーズよりは軽量となっているのがHaloシリーズの特徴です。

この徹底したシリコンによるノイズ対策の効果は抜群で、残響音の少ない、非常にタイトな打鍵感を作り出しています。

これはHaloシリーズすべてに共通しており、Halo75も同様にデッドで引き締まった打鍵音を体感することができるのです。

この優れた打鍵音は、Halo75の大きなメリットの一つと言えるでしょう。

また、一般的に空洞音が響きやすいスペースバーも静音化加工がされており、非常にタイトな打鍵音となっています。

メリット2:ファンクションキーがあって使いやすい

画像をご覧いただくと分かると思いますが、Halo65には、ファンクションキーがありません。

一般的なキーボードは横に「6列」あるべきものの、Halo65は「5列」しかないのです。

よって、日本語入力の場合で必ず使用するであろう「カタカナ変換=F7」は最下段右にあるFnとコンビネーションで押下しなくてはいけません。

もしくは、同様のショートカットキーである「control + K(Mac)」や「Ctrl + I(Windows)」といった、普段打ち慣れないコンビネーションを覚える必要があります。

特にブラインドタッチを習得している人ほどタイピングの「癖」が抜けにくいため、「カナ変換=F7」という手癖を修正するのはなかなか骨が折れる作業でしょう。

(日本語の場合はスペースキーでひらがなをカタカナへ変換する場合はF7キーを押しますが、英語圏やその他の場合は「変換」する作業自体がないため、ファンクションキーはそこまで重要ではない可能性があります)

河村

私の愛用キーボードはどれもファンクションキーレスです。
やっぱり慣れるまで結構時間がかかりました。

以上を踏まえると、やはり「Halo65」は、日本のマーケットには受け入れられ難い存在と言えます。

HHKBがあれだけ知名度があるのに普及しないのは、同じように「65%配列」となっているからでしょう。

65%サイズのキーボードをもっと見る▷▷

一方、Halo75に関しては、日本人に馴染みの深いファンクションキーが搭載されている「75%レイアウト」となっています。

日本のマーケットには、確実にHalo75の方がウケがいいでしょう。

一方で、英語圏やその他の国では、Halo65の方が評価が高い可能性も十分考えられます。

メリット3:新スイッチ「Baby Raccoon」が選択可能

Halo65とHalo75の特徴的な違いは、選べるキースイッチが異なる点です。

こちらの表をご覧ください。

Halo96Halo75Halo65
Night Breeze(Linier)
Rose Glacier(Tactile)
Gateron Baby Raccoon(Linier)
Gateron Baby Kangaroo(Tactile)
Add Extra Switches

Add Extra Switches

Add Extra Switches
Gateron G Pro Red 2.0
Add Extra Switches

Add Extra Switches

Add Extra Switches
Gateron G Pro Brown 2.0
Add Extra Switches

Add Extra Switches

Add Extra Switches
Gateron G Pro Bule 2.0Add Extra SwitchesAdd Extra SwitchesAdd Extra Switches
Gateron G Pro Yellow 2.0Add Extra SwitchesAdd Extra SwitchesAdd Extra Switches
Gateron G Pro White 2.0Add Extra SwitchesAdd Extra SwitchesAdd Extra Switches
Gateron G Pro Silver 2.0Add Extra SwitchesAdd Extra SwitchesAdd Extra Switches

このように、Gateron Baby Raccoon Switchを選択することができるのはHalo75とHalo96のみとなっており、Halo65では選択できません。

個別販売も始まっていないため、現時点でBaby Raccoon Switchを使いたい場合は、Halo75もしくはHalo96を選ぶしか選択肢がないと言えます。

デメリット1:日本語配列はない

Nuphy Halo 65-Front

Halo75には、他のHaloシリーズ同様にUS配列モデルしかなく、日本語配列モデルのラインナップがありません。

日本国内で発売されているMac・PCのほとんどが「日本語配列モデル」となっており、あまりUS配列に馴染みがない方も多いでしょう。

特に日本語を打つ場合は、「変換→確定」という作業や「英数とひらがなの切り替え」が頻繁にあることから、「言語切り替えの簡便さ」を追求すべく、スペースキーが短く配置され、Macでは「英数・かな」キー、Windowsでは「全角/半角」キーが独自に用意されています。

一方で、US配列キーボードは、「分かち書き」文化に対応すべく、使用頻度の多いスペースキーは押しやすいように横に長くスペースを占有しており、使用頻度の低いEnterキーはJIS配列に比べて面積が小さくなってしまっているのです。

英数⇄かなの切り替えは、「control + Spece(Mac)」や「Alt + ~(Windows)」で切り替える必要があるため、やはりここでも「慣れ」が必要になります。

河村

US配列は慣れてしまえばなんてことはありません。
私は1週間で慣れました。

デメリット2:新しいタクタイルスイッチはかなりクセがあるため注意が必要

NuPhyのキーボードの特徴の一つが、オリジナルのキースイッチおよびGateronと共同開発したキースイッチが利用できることです。

Gateron × NuPhy KeySwiches

Switch TypeOperating ForceTotal TravelKeystroke
Night BreezeLinier42±5gf3.3±0.3mmsoft low tone
Rose GlacierTactile60±5gf3.3±0.3mmsoft low tone
Gateron Baby RaccoonLinier55±8gf3.6±0.2mmsoprano
Gateron Baby KangarooTactile59.8±8gf3.4mmMaxsoprano

特に注意すべきが「2種類のタクタイルスイッチ」です。

一般的なGateron Brown Switchと比較すると、かなりバンプ感があり、加えてショートトラベルとなっていることから、しっかり押し込んで打鍵したい方は戸惑ってしまう可能性があります。

また、Rose Glacierタクタイルスイッチは、動作するまでかなり押し込む必要があり、それなりの押下圧となっているため、長時間のタイピングでは疲れやすいでしょう。

この2種類の中でタクタイルスイッチを選ぶ時には、Baby Kangaooをおすすめします。

Night Breeze / Baby Raccoonに関しては、心配することはありません。

どちらも十分に事前潤滑されており、非常に滑らかな打鍵感となっています。

軽い打鍵感とやや低い打鍵音がお好みであればNight Breezeを、Gateron Oilkingのようなちょっと重い打鍵感を甲高い打鍵音を好むのであればBaby Raccoonを選びましょう。

Halo 75 発売までのあゆみ

実はHalo75は、SNS上で公式にリリースが宣言されていました。

この記事の初稿が9月30日ですが、このツイートは知りませんでした笑

ここから全く音沙汰なしでしたが、突如11月に入ると、Gateron公式インスタグラムでHalo 75のリリースが発表されたのです。

その後、11月6日にようやくNuPhy公式が正式発表しました。

この時点での発売日は11月7日でしたが、急遽延期されることに。

そして、11月8日日本時間19時30分に「Halo 75」がリリースされました!

一日延びましたが、ようやくリリースです。

延期された理由については不明ですが、無事にリリースされて安心しました。

NuPhy Halo 75の取り扱い説明書について

公式サイトでは取り扱い説明書の配布は行っていません。

下記に記載内容について紹介していますので、参考にしてください。

NuPhy®︎ Halo75の取扱説明書(マニュアル)
STEP
モード選択
  • Winモード:本体上部のスライダーを「Win」に合わせる
  • Macモード:本体上部のスライダーを「Mac」に合わせる
STEP
接続方法の選択
  • スイッチ右:電源を切る
  • スイッチ中央:有線モード
  • スイッチ左|ワイヤレスモード
STEP
ワイヤレス接続方法

FN+ Q / W / E / R

= Bluetooth1 / Bluetooth2 / Bluetooth2/ 2.4GHz(レシーバー接続)

上記キーを短く押すことでそれぞれのデバイスチャンネルの切り替えが可能です。

上記コマンドを3秒以上長押しすることでペアリングモードに入ります。

2.4GHz帯での接続を行う場合は、USB端子にレシーバーを挿入してください。

STEP
バックライト設定
  • FN + :バックライトモードの切り替え
  • FN + :バックライトカラーの切り替え
  • FN + ↑↓:バックライトを明るく/暗く
  • FN + , or .:ライトスピードの増加/減少
STEP
リングライト設定
  • FN + H + :リングライトモードの切り替え
  • FN + H + :リングライトカラーの切り替え
  • FN + H + ↑↓:リングライトを明るく/暗く
  • FN + H + , or .:リングライトスピードの調整
STEP
サイドライト設定
  • FN + ? + :サイドライトモードを切り替える
  • FN + ? + :サイドライトのカラーを切り替える
  • FN + ? +↑↓:サイドライトを明るく/暗く
  • FN + ? + , or .:サイドライトスピードの調整
STEP
ファンクションキーとマルチメディアキーを切り替える

Macの場合

ハサミ:画面の一部を選択してスクリーンショット

FN + ハサミ :画面全体をスクリーンショット

Windowsの場合

ハサミ :画面全体をスクリーンショット

STEP
バッテリーチェックライト設定
  • FN + |(縦線):電池残量を確認
  • FN + ]:電池残量を右側のライトで常時点灯
  • FN + |(縦線):電池残量の常時点灯をキャンセル
STEP
工場出荷時の状態に復元する(ファクトリーリセット)

まとめ

以上、Halo75についてお話してきました。

Haloシリーズに関しても、Halo96がリリースされることでかなり選択の幅が広がりますし、ロープロファイルのAirシリーズに関してもAir96のリリースが予定されているため、ますます好みに応じた商品が選べるようになりますね。

新商品をどんどんリリースするNuPhy、いま最も注目すべきキーボードブランドです。

Halo75が気に入ったら、ぜひ購入してみてくださいね!

Halo75は、まだ日本国内で正規販売代理店はありませんので、公式サイトから購入しましょう。

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

使用感など口コミ募集中!

コメントする

タップできる目次