Logicool MX MECHANICAL Mini for Macの持ち運びに最適なキャリングケースはどれ?

  • URLをコピーしました!

Logicool MX MECHANICAL Mini for Macが満を辞してリリースされました。

ここ最近のロジクールはMac周辺製品に力を入れており、いわゆる「コアなMacBookファン」がCTOモデルで選択する「英語配列キーボード」と同配列となるモデルを精力的にリリースしています。

Logicool MX MECHANICAL Mini for Macも「Macbookで使えるUS配列」となっているものの一つ。

現状で「正規にコマンドキー」がついているUS配列モデルのキーボードはそれほど多くないため、Macユーザーからは非常に人気が出ること間違い無いでしょう。

やはり、お気に入りのキーボードは「いつでもどこでも使いたいもの」です。

そうなってくると問題になるのが「どうやって持ち運ぶか?」ということでしょう。

本記事ではLogicool MX MECHANICAL Mini for Macを持ち運ぶのに最適なキャリングケースを紹介していきます。

著者

GreenEchoes Studio代表

河村亮介

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

実は「75%レイアウト対応」のケースであればほとんど対応できる

なかなか「キーレイアウト」と言ってもピンとこない人が多いでしょう。

実はキーボードには様々なレイアウトが存在 しており、Logicool MX MECHANICAL Mini for Macはその中でも「75%レイアウト」に該当します。

テンキーレス〜コンパクト

このレイアウトは、右側の一列の有無によっても変わりますが、おおよその縦幅、横幅は同一となっています。

純正のMagic Keyboardもこのサイズで、MX Keys Miniもこのサイズ感です。

要するに、「75%レイアウト」のキーボードケースであれば、どれでも入る可能性があります。

Logicool MX MECHANICAL Mini for Macに最適なキャリングケースはどれ?

Amazonで「mx mechanical mini ケース」と検索すると、真っ先に出てくるのがこのケースでしょう。

実はこのケース、全く同じデザインで寸法違いのものも存在します。

mx keys mini ケース」で検索して出てくるのがこれ。

前者のサイズが「33.9 x 17.7 x 5.7 cm; 330 g」

後者のサイズが「31.5 x 5 x 15 cm; 322 g」

となっており、「mx mechanical mini ケース」の方が若干大きくなっているのがわかります。

実際に「MX Keys Mini」用に買った同ケースにLogicool MX MECHANICAL Mini for Macを入れてみました。

ピッタリです。

ちょっと窮屈な感じもありますが、許容範囲内でした。

ただ、このケース、思っている以上に嵩張ります。

この重量感と厚さは結構存在感があります。

ハンドル付きなので、本当に「カバン」として持ち運ぶのであれば最適ですが、リュックやブリーフケースの中に入れて利用するのには向かないでしょう。

そう言った場合は、ソフトケースを検討してください。

実証はしていませんが、サイズ的にはこのケースなら入りそうです。

NuPhy Air75のケースも使える

同サイズのライバル機種である「NuPhy Air75」のケースにも試しに入れてみましたが、結構ピッタリでした。

若干の膨らみが出てしまいますが、許容範囲内です。

そこまで嵩張らないため、インナーケースとしても利用可能。

簡易的なタブレットスタンドにもなるため、結構便利です。

まとめ

以上、Logicool MX MECHANICAL Mini for Macのキャリングケースについて紹介してきました。

キーボードを持ち歩こうなんて言うマニアックな方は少ないかもしれませんが、個人的には非常におすすめしていています。

やはり、ノートパソコンのキーボードでは、打鍵感がそれほど良いとは言えず、タイピングスピードや正確性も落ちてしまう可能性も考えられるでしょう。

そう言った点では、しっかりと押し込めるメカニカルキーボードを利用することは、生産性の向上や業務効率化につながるのではないでしょうか?

キーボードの持ち歩き、検討してみてくださいね。

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

使用感など口コミ募集中!

コメントする

タップできる目次