スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

GlocalMe U2sなどのクラウドSIM端末に物理SIMカードでテザリングする方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

※本記事は以前に「どんなときもWiFi月間25GB制限」を受けた方に対して、GlocalMe端末で物理SIMカードを使って通信できるようにする方法を記した記事です。

一部加筆修正を行っています。

本記事では、どんなときもWIFIの端末「GlocalMe D1」もしくは「GlocalMe U2s」の端末でフジシム等の物理SIMカードを使って運用する方法を解説します。

どんなときもWIFIの端末をそのまま流用することで、新規にWiFiルーター端末を用意するコストを節約することが出来ます。

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

GlocalMe D1/U2sにフジシムを挿してテザリングする設定方法

GlocalMe端末はクラウドSIMといって、インターネット上にあるSIMカードにアクセスしてインターネット通信を行うのが主な使い方ですが、実は物理SIMカードを挿入しても通信が可能です。

本項ではフジシムを題材にその方法を解説します。

本記事はGlocalMe U2sマニュアルを参考に画像を引用、記載しております。

本体を開けて物理SIMカードを挿入する

まずはどんなときもWIFI端末の本体を開けましょう。

本体側面にある爪を外すようにコジると外れます。

結構硬くはまっているので、カバーの破損に注意しながら開けましょう。

そうすると、物理SIMカードスロットが2つ出てきます。

フジシムに関しては、マルチカットSIMカードを採用しているため、通常サイズのSIMでもMicroサイズのSIMでもどちらでもつかうことが出来ます。

SIMカード自体は自分で押して抜くことになります。

通常サイズでの押し抜きでいいでしょう。

SIMカードを挿入するときは切り抜きの向きに注意して挿入しましょう。

挿入後、カバーをはめて電源を入れると、WiFiマークが点滅します。

キャンペーン情報

OCNモバイルONE新料金プラン開始!人気端末もセール中!

  • 1GB770円~利用可能!OCN光とセット割で月額550円
  • 専用アプリ不要でキャリアの半額の11円/30秒
  • 完全かけ放題オプション+1,430円
  • 端末セール開始中!Redmi 9T、moto g8、oppo A5 2020などが1円
  • 5月11日から「Redmi Note 10 Pro」がMNP+完全かけ放題加入で18,400円!

\公式サイトを見る/ OCN モバイル ONE

マークが点灯するまで待ちましょう。

SIMカードが認識されると電波アイコンが点灯します。

管理画面にログインする

続いて、お使いのスマートフォンもしくはパソコンで、どんなときもWIFIの端末にWiFi接続(SSIDとパスワードを入力、どんなときもWIFIを使用していた人なら自動で選択されます。)

SSIDとパスワードは本体裏側に記載されています。

その後、管理画面にアクセスしましょう。

管理画面は、safariやchrome等のインターネットブラウジングアプリに「192.168.43.1」と打ち込むと入れます。

192.168.43.1

すると、下記画面が表示されます。

グリーンのエリアをタップし、ユーザー名とパスワードに「admin」と打ち込むとログイン可能です。

APN(アクセスポイントネーム)設定を行う

続いて、アクセスポイントネームの設定を行います。

フジシム等は入れただけでは通信することはできません。

縛りなしWiFI記事誘導

通信先の情報を入力する必要があり、これをAPN設定といいます。

フジシムのAPN設定は下記の通りです。

SoftBank 4G
シンプルスタイル 4G スマートフォン
APN(アクセスポイント名) plus.4g
ユーザー名 plus
パスワード 4g
MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080

これをどんなときもWIFI端末に記憶させます。

上記管理画面から設定をタップ→SIMカード選択画面へ移行します。

その画面で、SIMカードを挿入したスロットを選択し、適用をタップします。

楽天モバイル×iPhone記事誘導

すると、通信状況の確認が始まります。(所要時間2-3分程度)

確認が終了すると下記画面に切り替わります。

APN設定をタップ後、追加をタップします。

下記画面に移行するため、フジシムnAPN設定を打ち込みます。

APN plus.4g
ユーザー名 plus
パスワード 4g
認証タイプ PAPまたはCHAP

これを入力後、保存をタップします。

すると下記画面へ移行します。

APNネームが正しいことを確認し「<(戻るボタン)」をタップします。

ステータスが「接続済」になっていることを確認しましょう。

データ容量節約機能を解除する

最後にデータ容量節約機能を解除します。

これを解除することでアプリのインストール等も問題なく行えるようになります。

WiMAX5G記事誘導

管理画面からボーダレスWiFi設定画面へジャンプします。

ここでデータ容量をタップ→防御機能をオフにします。

OKを選択して終了です。

GlocalMe端末は物理SIMカードでも使える

以上、どんなときもWIFIの端末に物理SIMカードを挿してテザリングする方法を解説してきました。

特に月間25GB制限プランへ強制移行された方に関しては、これで新規契約SIM+25GBの通信が可能になります。

※クラウドSIMへの切り替えは上記SIMの選択画面から行います。

本来であればSIMカードを使ってテザリングするためには専用端末が必要ですが、契約更新日まで無料で使えるどんなときもWIFIの端末を使えば端末代金を節約することが出来ます。

公式【FUJI SIM】

https://greenwaves.jp/howtomake-dsdv/

https://greenwaves.jp/data-sim/

https://greenwaves.jp/hikari-knowledge/

https://greenwaves.jp/no-hikari-wimaxuser/

https://greenwaves.jp/wimax-terminal-hikaku/

どんなときもwifi通信障害コンテンツ一覧

 

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

Ryosuke Kawamura(執筆者)
GreenEchoes Studio代表
スマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。
キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通しています。
WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!