WiFi総合

「第4の勢力」となるか?エキサイトモバイルWiFiがWiMAX・クラウドSIMと並んで注目される理由

10/1よりサービス開始しましたが、SNS等では下り速度が1Mbps程度となっているようです。

調整段階なのかは不明ですが、申込みは様子を見たほうが良さそうです。

2020年10月1日からサービス提供を開始した「エキサイトモバイルWiFi」

エキサイトモバイルWiFi発売!ドコモMVNO回線を使ったサービスが注目される理由とは 10/1よりサービス開始しましたが、SNS等では下り速度が1Mbps程度となっているようです。 調整段階なのかは不明ですが...

○○WiFiというサービスが非常に増えてきている昨今ということもあって

「またか」

という声が少なくないとは思います。

レンタルWiFiルーター業界では、有名芸能人をCMキャラクターとして採用し、2020年6月17日に総務省の行政指導を受けた「どんなときもwifi」が悪い意味で一躍有名になってしまいました。

同サービスは2020年10月31日にサービス提供を終了する運びとなっています。

そんな暗い話題が多い中、エキサイトモバイルWiFiのリリースに関しては光明だと感じました。

本記事ではエキサイトモバイルWiFiが「第4の勢力」になる可能性を踏まえてその理由を解説していきます。

<PR>

  • スマホ乗り換え手数料シミュレーター
  • スマホ乗り換え相談所オンライン
  • スマホ乗り換え方法と注意点
  • モバイルWiFiカスタム検索
  • クラウドSIMWiFiルーター通信速度測定比較ランキング
  • クラウドSIMWiFiルーター徹底比較総合ランキング

昨今のレンタルWiFiルーターサービス事情について

レンタルWiFiルーターサービスは現在、WiMAX・ポケットWIFI・クラウドSIMの3大勢力がシェアのせめぎあいを行っています。

<各社の概要>

サービス 使用回線 SIM種別
WiMAX UQコミュニケーションズ 再販型
ポケットWiFi ソフトバンク 再販型
クラウドSIM 大半がソフトバンク 再販型
エキサイトモバイルWiFi ドコモMVNO MVNO

それぞれメリット・デメリットがあるため用途に合わせてそれぞれの得意領域を生かしながらサービス展開をしています。

<WiMAX>

  • ◎2時(6時)~18時までの間であればパケット通信量に制限なし
  • ◎高速通信が可能
  • ◎混雑時間帯の速度低下が少ない
  • ▲再販型サービスのため規約変更リスクあり
  • ▲3日/10GB以上使用すると上記時間以外は下り1Mbps制限がかかる
  • ▲Band41(高周波数帯)を使用しているため屋内でつながりにくい

<ポケットWiFi(ソフトバンク回線使用)>

  • ◎ソフトバンク回線と同等の回線のためキャリア同様の高速通信が可能
  • ◎混雑時間帯の速度低下が少ない
  • ◎データ単価が安い
  • ◎縛り期間がないものが多い
  • ▲再販型サービスのため規約変更リスクあり
  • ▲月間パケット上限は最大でも100GB程度

<クラウドSIM>

  • ◎大容量通信が可能
  • ◎データ単価が安い
  • ▲大半が再販型ソフトバンク回線のため規約変更リスクあり
  • ▲データシェアの仕組みとなっているため運営方法によっては通信障害リスクあり
  • ▲回線切り替え時に通信が途切れやすい

大半がキャリア再販型サービスのためリスクあり

現在の三大勢力に関しては、そのすべてがキャリア回線の再販型サービスとなっています。

WiMAXの大本はUQコミュニケーションズ株式会社が運営する「UQWiMAX」のみで、他の○○WiMAXというサービスはUQWiMAXのサービス自体を再販売したものとなっています。

また、ポケットWiFiとクラウドSIMもソフトバンク回線を再販売したサービスとなってます。

これら「再販型」サービスは、キャリア回線と同様の通信速度が出る一方で、サービス内容の決定権はそれぞれ大本の提供会社にあることから、一方的なサービス変更の可能性があります。

スマホ豆知識|MNOとMVNOの種類と違いについて解説!キャリア、サブブランド、格安スマホ…何が違うの? 「格安スマホ」という言葉が世の中に出始めてからしばらく経ち、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 「ド...

実際にはWiMAXでは2017年2月2日からWiMAXの通信条件が変更となっており、再販型ソフトバンクSIMカードを使ったサービスでは、2020年3月以降に卸値価格の値上げ、パケット上限の引き下げがあったと思われます。(※ソフトバンクについては公表なし)

参考:WiMAX 2+サービスにおける速度制限の今後の対応について(2016年12月22日)

要するに、あくまでもUQWiMAX以外は「他社依存」のサービスのため、急な規約変更によるサービス内容変更の可能性が大いにあるということです。

MVNO回線を使ったサービスの強み

MVNOとは|自社で通信電波網を持っている大手3大通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借用することで通信を行う通信事業者のこと。自社で通信設備を持たないことから設備投資が少なく安価に通信サービスを利用者に提供できるのが特徴。加えて、通信に関する制限等は自社で行え、価格設定等に関しても自社で設定することが可能。

MVNOとは簡単に言うと「キャリアから回線帯域を借用し、自社で通信網を持たずに通信サービスを提供している事業者」のことを言います。

このMVNOには大きく分けて2種類「再販型サービス」と「レイヤー2接続」が存在します。

再販型サービスは販売価格などの基本的なものは販売店が決めることができますが、それ以外については手を加えることができません。

一方でレイヤー2接続の方は、キャリアの通信網をそのまま販売する「単純再販型」とは違い、MVNO側でユーザーの通信量の把握や通信速度を制御できるのが特徴です。

よって、多くのキャリアが行っているユーザー管理機能が自社で行えます。

<PR>

\あなたにぴったりのプラン/
スマホ乗り換え診断▶▶

エキサイトモバイルWiFiが自社がMVNOとなってドコモ回線のSIMカードを調達しているのであれば、SIMカードのコントロールは自社で行えることになります。

まだ実際の端末で試すことができないため、あくまでも予想の範疇を出ませんが、今後レビューしていく予定です。

問題となるのは回線速度

先ほど同様にMVNO回線を使ったサービスのデメリットを見ていきます。

<MVNO回線のWiFIルーターサービス>

  • ◎大容量通信が可能
  • ◎データ単価が安い
  • ◎規約変更リスク少ない
  • ▲速度が十分に出ない可能性がある
  • ▲混雑時間帯の速度低下が生じる可能性がある

MVNO=格安スマホの最大の弱点は「回線速度」です。

大手キャリアのサブブランドであるUQモバイルやワイモバイルの通信速度が速いのは、それだけ広い帯域を借用しているのが理由です。

この図のように借りている帯域に対して、その接続基地局のユーザー数が増えることで回線が混雑し速度低下が生じます。

これが顕著となるのが同時に使用するユーザーが増える混雑時間帯ということです。

エキサイトモバイルに関しては、このあたりも踏まえて現実的な通信速度が実現できるよう調整を図ってほしいですね。

エキサイトモバイルは第4の勢力になれるか

以上、エキサイトモバイルが第4の勢力になるための強みが「レイヤー2接続のMVNOであるとするならば、規約変更リスク最小限の安心したサービスが提供できる」ということについて説明してきました。

今後、WiMAX・ポケットWIFI・クラウドSIMに次ぐ「第4の勢力」になっていく可能性は十分に考えられるのではないでしょうか。

今後実機をレビューしていきたいと考えています。

【公式】エキサイトモバイルWiFi

エキサイトモバイルWiFi発売!ドコモMVNO回線を使ったサービスが注目される理由とは 10/1よりサービス開始しましたが、SNS等では下り速度が1Mbps程度となっているようです。 調整段階なのかは不明ですが...

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新の通信情報を手に入れよう!

友だち追加

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST