スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

どんなときもwifiが違約金免除解約ではなく回線休止をとった理由を考える

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年8月24日追記

どんなときもwifiがパケット無制限サービスの完全終了を発表しました。

サービス終了と受けて、契約者には順次「代替プラン」の案内をメールや電話で行うとされています。

また、代替プランに納得できなかった場合、違約金免除での解約が可能となります。

その場合、9月10月分の請求が発生するため、早急に解約したい方はお客様ページから違約金免除での解約手続きが可能です。

https://greenwaves.jp/donna-migration/

2020年7月18日追記

株式会社グッドラックが運営する「どんなときもwifi」に対する行政指導について、グッドラックから再発防止措置策の報告がありました。

https://greenwaves.jp/goodluck-gyouseishidou-houkoku/

どんなときもwifi通信障害コンテンツ一覧

通信障害が続いているどんなときもwifiの復旧目途が4月上旬と公式にアナウンスされる中、回線休止申請をすると3月末までの料金が日割り免除されるという対策をとりました。

なぜ2月末と同様に違約金免除での解約が出来ないのか…ユーザーの不満は頂点に達しています。

本記事ではどんなときもwifiの内情を鑑みて、回線休止という対応をとったのかと、今後の解約違約金免除への対応について考えていきます。

追記:2020年6月19日どんなときもwifiの運営元である株式会社グッドラックに対して総務省からの行政指導が行われました。

https://greenwaves.jp/goodluck-soumusyoushidou/

<PR>

どんなときもwifiが回線休止をとった3つの理由

やはり、ユーザーにとって今一番取ってほしい対応は「違約金免除での解約」でしょう。

1か月以上も通信障害が続くようなサービスとは決別したいと思うのは当然のことです。

24か月以内の解約となると違約金が最大で19,000円かかってしまうため、容易に解約できないことを逆手に取っている可能性も十分考えられてしまいます。

恐らくですが、「回線休止」という誰も想像していなかった対応をとったのには下記の3つの理由が考えられます。

トラフィックを抑えつつ、ユーザーをつなぎとめることが出来る

まず、現在の通信障害の状況を整理しましょう。

  • 新型コロナウィルスの影響で通信トラフィックが急増した
  • 実は有限だったデータ量が確保できなくなって、改めてデータ増強をしようと思ってもソフトバンク側からSIMカードの供給が停止しているためデータ上限をあげられない

クラウドSIMWiFiルーターサービスのビジネスモデルの仕組みについてはコチラを参考にしてください。

現在の状況を例えると

  • 時間無制限食べ放題の店に突然大食いで有名な著名人が押し寄せてすべての料理を食べてしまう→材料を買いに行ったけど売っていない
  • パケット上限50GBのギガホのようなプランを使っていたけども、パケットを使い切って低速化→容量を追加したいけども品切れで出来ない

という感じです。

データ容量の増加が出来ない以上、現在ある残り少ないデータ量を配分する形で通信する以外に方法がありません。

そこで、利用するユーザー数を「回線休止」によってデータ量を減らすことで、回線休止していないユーザーへデータ量の配分をしやすくするという施策をとりました。

こうすることで残り少ないデータ量でもユーザー数が一時的に減るため、配分が可能となります。

ツイッターを見ていると「繋がりやすくなった」というツイートが散見されますが、このように総トラフィックが減少したからだと考えられます。

回線休止をとったユーザーに対しては日割り計算で1000円程度料金(おそらく一律1300円)が安くなります。

ただ、やはり通信量に上限が設けられているためか、~3GB程度使うと低速化してしまう方もいらっしゃるようです。

データ量のリセットは4月1日となるため、リセットされたと同時に回線休止も解除され、全ユーザーが再度高速通信ができるようになるものと思われます。

\ahamo対応決定/

★毎月データ容量を増量★

  • dカード:+1GB
  • dカード GOLD:+5GB

※2021年9月提供予定

★dポイント還元★
毎月のdカード GOLDのご利用金額の3,000円(税込)を上限に10%dポイント進呈※300P上限
 ※2021年3月26日~

ドコモユーザーは「dカード GOLD」がお得!

  • 毎月のケータイ・ドコモ光のご利用料金の《10%ポイント還元》
  • 年会費は10,000円(税抜)分も十分ポイントでカバーできる!
  • 年会費無料のdカードよりもdカード GOLDの方がお得!

この回線休止いうのは、要するに一部ユーザーの犠牲のもとに成り立っていると考えられます。

このリセットこそが「復旧は4月上旬」という根拠なのでは…と考えられます。

とりあえずはユーザーをつなぎとめておけば後述の「最悪のケース」を避けることが出来ます。

ソフトバンク等のキャリアとの交渉時間を稼ぐことが出来る

4月に入れば高速通信が可能になりますが、ソフトバンク側からのSIMカードの供給が止まっている以上は、回線強化が出来ず3月とデータ通信量が同水準とした場合、おそらく4月半ばで今回と同じようなデータ量不足による通信障害が生じることが予想されます。

それまでの2週間の間にソフトバンクやauと交渉し、なんとかデータ量の確保が出来ないか交渉することになると考えられます。

ただ、新型コロナウィルスによるトラフィック増加は、感染拡大が落ち着くまでは続きそうな印象ですし、そう簡単に増強できるとは考えにくいです。

このままいけばまた4月半ばに通信障害になりそうな印象です。

”最悪のケース”を考えた時、会社へのダメージを最小限に抑えることが出来る

ここでいう最悪のケースとは読者の想像にお任せします。

仮に3月時点で違約金免除での解約を勧めた場合、多くのユーザーが解約することは目に見えています。

そうなった場合、どんなときもwifiが事前に購入していた4月分のデータ量が大きくタブついて余ってしまいます。

<PR>おすすめ光回線

【公式】enひかり

☆契約期間がないから違約金なし
☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
☆いつでもWiFi3泊4日レンタル無料!
☆1Gbps以上の高速通信に対応(NTTフレッツ光回線使用)
★enひかりクロスは10Gbpsに対応
戸建て:4,730円(税込)
マンション:3,630円(税込)

 

これを支払うユーザーがいなくなってしまうとなると、購入した莫大なデータ量分の料金はすべて会社側にのしかかってきます。

これを負担できなくなるというのが最悪のケースです。

回線休止によってなんとか4月中旬までユーザーをつなぎとめることが出来れば、それ以降に違約金免除での解約を勧めたとしても、4月中旬分までの利用料金を請求することが出来ます。

その資金を元にデータ容量の購入分を賄うことが出来れば会社自体へのダメージは最小限で済むのではないでしょうか。

違約金免除での解約の可能性は

ここまで大ごとになってきているため、当然総務省が動くことが予想されます。

親会社である株式会社ALL CONNECTへ3月6日に景品表示法違反で行政指導が入ったばかりですが、このままではどんなときもwifiの運営元である株式会社グッド・ラックにも行政指導が入る可能性があります。

どんなときもwifiからのアナウンスでは

違約金免除での解約については現段階では未定としています。

今回の障害発生による違約金免除の実施は、現在関係各所と調整中の為、現段階では未定でございます。

引用:どんなときもwifi

上記3つの理由により、ユーザーを第一に考えるのであれば3月中の違約金免除での解約を勧める、そうでない場合は4月中旬以降に解約違約金免除のアナウンスになるのでしょうか。

3月中に違約金免除をしてしまうということは…そういうことになりますね。

やはり公式対応に不公平感が残る

以上、回線休止に至った理由について考察してきました。

もし経営陣がこんな考えを持っていたとするのであれば、企業の保身だけしか考えていないことになります。

→4月7日現在も公式サイトでの通信障害に対する明確な補償のアナウンスがなく、一部ユーザーのみにメールにて通知している状況を考えても…ちょっと企業としての信頼はすでに担保できない可能性があります。

やはり根本的な問題がソフトバンクSIMの供給停止によるものだとしても、もう少しユーザーを考えた対応が出来るはずです。

限界突破wifiは3月7日から通信障害に陥ったとき、3月13日の時点で解約違約金免除、その他手数料免除での対策を取りました。

https://greenwaves.jp/xmobile-error/

サポートセンターの丁寧な対応を考えれば、きっと良心的な会社なのだと信じたいです。

また、サポートセンターにつながった方のツイートを拝見すると

利用休止中の回線補償を提案された方がいたりするようです。

やはり問い合わせた人だけじゃなく、すべての人に同様な対応をとっていただきたいですね。

どんなときもwifiの対応を待っている間、WiFi環境がないのはやはり大変だと思います。

ガスや水道といったライフラインと同様です。

とりあえずは契約期間に縛りのないレンタルWiFiルーターサービスを契約して様子をみるというのも良いのではないでしょうか。

現状、管理人が知る限りではau回線を使っていて縛り期間なし・本家UQWiMAXより安いサービスはSPACE Wi-Fiくらいではないでしょうか。

https://greenwaves.jp/unlock-wifi/

また、どんなときもWiFiユーザーであればアマゾン等でプリペイドSIMを買って、どんなときもWiFiの端末に入れることで通信可能ですが、通信速度が遅い海外旅行者向けのプリペイドSIMが大半ですので、おすすめできません。

管理人が確認している時点ではNomadSIMプリペイドが満足行く速度で通信可能というのを確認しています。

(縛り期間も最低利用期間もないことがメリットです。単価が高いのが難点ですが…)

これよりも安いものも多くありますが通信品質については保証出来ません。

(こんなやつです)

created by Rinker
accfe
¥2,700 (2021/03/02 17:15:58時点 Amazon調べ-詳細)

クラウドSIM自体は良い仕組みだと思うのですが、こうも炎上してしまうと他のサービスにも悪い印象を与えてしまいます…。

最近ではWiMAXへの原点回帰も進んできています。

https://greenwaves.jp/biglobewimax2plus/

https://greenwaves.jp/uqwimax/

追記:2020年6月19日どんなときもwifiの運営元である株式会社グッドラックに対して総務省からの行政指導が行われました。

https://greenwaves.jp/goodluck-soumusyoushidou/

2020年7月18日追記

株式会社グッドラックが運営する「どんなときもwifi」に対する行政指導について、グッドラックから再発防止措置策の報告がありました。

https://greenwaves.jp/goodluck-gyouseishidou-houkoku/

どんなときもwifi通信障害コンテンツ一覧

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!