スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

どんなときもWiFiが意味深なコンテンツを追加した件について

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どんなときもWiFiは2020年10月31日をもってサービス提供を終了しました。

クラウドSIMWiFiルーターレンタルサービスの最古参である「どんなときもWiFi(株式会社グッド・ラック,福井県)」が意味深なコンテンツを追加しました。

https://donnatokimo-wifi.jp/device/d1/attention

→スマホ限定コンテンツのようでパソコンのブラウザからは「記事が見つかりません」になるようです。

2月21日からインターネットに非常に繋がりにくい状態となっているようで、Twitter上でも大きく話題になっています。

繋がりにくい、繋がらない、通信障害、遅いなど、通信の不具合を嘆くユーザーが多いようです。

不具合の最新状況はコチラ

https://greenwaves.jp/donnatokimo-error/

そんな中追加されたコンテンツ…通信障害に対する対応ページかと思いきやそうではなく、他社サービスに言及した少し過激な内容でした。

https://greenwaves.jp/donnatokimo-norikae/

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

「当社の類似サービスにご注意ください」

当社の類似サービスにご注意ください

類似サービスに関するご質問、ご意見をいただくことがございますが、これらの団体・企業は当社とは一切関係がありません。

として始まるコンテンツで記載されている内容が少々過激にも思えました。

他社クラウドWIFIサービスをどんなときもWiFiと同じだと思って契約したけど…とはじまり、7つの項目があります。

契約が分かりにくい

「サイトには通信制限無制限!と書いてあったのに300GBで制限がかかった…」

これはおそらく「どこよりもWiFi」でしょう。

確かにサイト上の分かりやすいところにパケット実質無制限とありますが、重要事項説明書の中には月間パケット上限300GBと記載されています。

どこよりもWiFiだけでなく、パケット無制限を謳いつつも実際のところ月間パケット上限が存在するサービスは数社存在します。

キャンペーン情報

OCNモバイルONE新料金プラン開始!人気端末もセール中!

  • 1GB770円~利用可能!OCN光とセット割で月額550円
  • 専用アプリ不要でキャリアの半額の11円/30秒
  • 完全かけ放題オプション+1,430円
  • 端末セール開始中!Redmi 9T、moto g8、oppo A5 2020などが1円
  • 5月11日から「Redmi Note 10 Pro」がMNP+完全かけ放題加入で18,400円!

\公式サイトを見る/ OCN モバイル ONE

本来であれば重要事項説明書を熟読した上で契約行為を行うのですが、それを読むユーザーがどれだけいることでしょう。

確かにこういった点に警鐘を鳴らしているのでしょう。

手違いでのお申込み

「どんなときもwifiに似たサービス名や広告だったので間違えて申し込んでしまった…」

これも「どこよりもWiFi」でしょう。

それだけでなく、もはや日本国内に○○WiFiがあり過ぎるのが問題です。

元祖クラウドSIMWIFIルーターは確かにどんなときもwifiですからね。

あとは検索画面での広告(リスティング)欄に「どんなときも使える!○○WiFi」なんてものも非常に多いです。

運営会社が不安

「会社名で検索してみたら、コーポレートサイトが見当たらない。」

これもよくある話です。

クラウドSIMWiFiルーターサービスは、通信をメインに手掛ける事業社でなくても、クラウドSIMの仕組みを提供する「uCloudlink社(中国)」と「代理店契約」をすることでサービスを始めることが出来るようです。

クラウドSIM関係図

参考:【仕組みを解説】クラウドSIMとは?uCloudlink社と販売代理店の関係も解説

私の知っている限りでは確かにコーポレートサイトを持たない会社も数社ありましたが、最近改善されました。

縛りなしWiFI記事誘導

サポートが少ない

他社で契約したけど、カスタマーサポートが無かったからサポートが不安…。

一部クラウドSIMWiFiルーターを提供している事業者は確かにサポートセンターがないところがあります。

確かにそういった点ではどんなときもwifiは安心できます。

端末のスペックが違う

他社に問い合わせたところ、「どんなときもwifiと全く同じです」と契約時に案内されたけど、端末の搭載チップセットが違ったみたい(泣)

これについては疑問点があったので、直接販売元であるuCloudlinkに問い合わせました。

追記:公式から訂正回答がありましたので掲載します。

どんなときもwifiは他社と違い「U2s」ではなく「D1」という独自仕様の端末を使用しています。

楽天モバイル×iPhone記事誘導

(この画像を見る限りだと…AMDCPUチップセットなんだけどね…イメージ画像にしても玄人から見るとひどいです(笑))

サービス 端末
どんなときもwifi GlocalMe D1
よくばりwifi GlocalMe U2s
むげんwifi GlocalMe U2s/G4
限界突破wifi 「jetfon P6」のOEM
めっちゃwifi GlocalMe U2s
フジワイファイ GlocalMe G3
GoGO wifi GlocalMe U2s
クラウドWIFI GlocalMe U2s
hy-fi GlocalMe U2s
どこよりもwifi GlocalMe U2s

参考:クラウドSIMモバイルWiFiルーターを比較!全10社おすすめランキング

要するに、U2sのチップセットが中国のSpreadtrum(スプレッドトラム=展訊通信有限公司(てんじんつうしんゆうげんこうし)製に対して、どんなときもwifiの端末D1はチップセットをアメリカのQualcomm(クアルコム)製に変更しているということでしょう。

チップセットは通信の要となるため、高品質なクアルコム製のチップセットというのは説得力があります。

ただし、性能にそこまでの差があるのかどうかはちょっと疑問です。

チップセットで言うとIntelがパソコン界隈で有名で、アメリカの経済制裁によって中国国内メーカーがアメリカ製のチップセットを導入しにくくなることを見込んでか、国内でのチップセットの生産も盛んになってきています。

HUAWEIなどのスマートフォンの成長もさることながら「中国製だから」という理由で低性能だとは言い切れないでしょう。

契約書が届かない

申し込んだけど、契約書が郵送されてこない…。重要事項説明書もなかった気がする…。契約内容が分かりにくい…。

確かにクラウドSIMWiFiルーターサービスの中に1社だけ重要事項説明書がない事業社がありました。

非常に辛辣なことかもしれませんが、ユーザーは「契約」ということをしっかりと考えなくてはいけません。

不安なサービスに同意して申し込んでいるのは誰でしょうか?

WiMAX5G記事誘導

やはり安心できるサービスを選ぶべきでしょう。

それ以前に粗悪なサービスを提供しようとしている側が責められるべきですが。

聞いていない作業が必要

他社で契約したら、アプリのダウンロードやアップデートができなかった…。問い合わせたら特別な設定を行わないと使えないとのこと。契約した時には書いてないし、設定についての案内もなかった…。

これはちょっと分かりにくいですが…。

液晶付き高性能端末を使用しているメーカーのことでしょうか?

液晶付き端末を採用しているのは、限界突破WiFiMUGEN Wi-Fi【FUJIWifi】hy-fiスマホドックWiFi無制限プラン(サービス開始前)の5社です。

いずれもandroidOSベースで動いていますが、機能制限がかけられているためアプリのインストールはできません。

これは大々的に明記しているメーカーは少なかったように思います。

どんなときもwifiはトリプルキャリア対応?

どんなときもwifiと同じ端末を使用していてもトリプルキャリアネットワークに対応していない…なんてこともあるのでお気つけください!

これはよくばりWiFiのことですね。

https://greenwaves.jp/yokubariwifi/

よくばりwifiはトリプルキャリア対応端末を採用していますが、ソフトバンク回線のみしか繋がらない仕様になっています。

…ですが、実際のところ、どんなときもwifiも他のクラウドSIMWiFiルーター全般を通して、ソフトバンク回線に繋がることが大半です。

au回線につながるのは非常に稀で、ドコモ回線に繋がるのは筆者が使っているどんなときもwifi端末では見たことがありません。

参考:どんなときもwifi等クラウドSIMWiFiルーターがソフトバンク回線にしか繋がらない理由の考察

公式が他社を露骨に言及するのは珍しい

ネット上での暗黙のルール(モラル?)としては、公式コンテンツが他社を露骨に比較しないというような風潮があります。

何もこの界隈に限ったことではありません。

ここまで公式が露骨に他社とわかるようにコンテンツを作成するのは珍しいケースです。

そういうのは当サイトのような比較専門サイトの仕事になります。

どんなときもwifiは安心感で選ぶサービス

どんなときもWiFi

2019年にデビューして、非常にユーザー数の多いどんなときもwifi。

最近では口座振替手数料が500円→200円に値引きされたり、クレジットカード変更ページが準備され始めたりと、ユーザーアビリティの高いサービスになっています。

ただし、5000円キャッシュバックキャンペーン(申込契約後11カ月以内に付与)の終了や、25カ月目から月額料金500円割引の適用がなくなる(実質月額500円アップ)するなど、料金面において後発サービスと比べて不利になってきている印象です。

最近ではトラブルの多いクラウドSIMを避けて、WiMAXへの原点回帰も進んできています。

https://greenwaves.jp/biglobewimax2plus/

https://greenwaves.jp/uqwimax/

合わせて読みたい

https://greenwaves.jp/donnatokimo-norikae/

https://greenwaves.jp/unlimited-wifi-ranking/

https://greenwaves.jp/hikaku/

 

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

Ryosuke Kawamura(執筆者)
GreenEchoes Studio代表
スマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。
キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通しています。
WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!