スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

どんなときもWiFiが新規お申し込み受付停止を発表(2020年4月3日)

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年8月24日追記

どんなときもwifiがパケット無制限サービスの完全終了を発表しました。

サービス終了と受けて、契約者には順次「代替プラン」の案内をメールや電話で行うとされています。

また、代替プランに納得できなかった場合、違約金免除での解約が可能となります。

その場合、9月10月分の請求が発生するため、早急に解約したい方はお客様ページから違約金免除での解約手続きが可能です。

https://greenwaves.jp/donna-migration/

2020年7月18日追記

株式会社グッドラックが運営する「どんなときもwifi」に対する行政指導について、グッドラックから再発防止措置策の報告がありました。

https://greenwaves.jp/goodluck-gyouseishidou-houkoku/

どんなときもwifi通信障害コンテンツ一覧

通信障害の復旧に難渋している「どんなときもwifi(株式会社グッド・ラック、福井県)」が4月3日から新規申し込み受付の停止となりました。

https://donnatokimo-wifi.jp/

サービス停止の理由としては、「サービスの安定供給の観点から」としています。

https://greenwaves.jp/donna-error-matome/

<PR>

どんなときもWiFiが新規申し込み受付停止を発表

3月中旬からの通信障害については、一部キャリアからのSIMカードの供給が停止したことを挙げており、3月30日付けで発表した「4月1日からは通常利用再開可能」という公式アナウンスに反して、現在も繋がりにくい状況が続いてます。

この状況をみて、大手メディア(ITMediaエキサイトなど)でも大きく取り上げられる事態となっています。

当サイトでも通信障害発生の2月末から現在にかけて、同サービスの動向を注視してみてきましたが、「ついに…」という印象です。

ユーザーごとに対応が異なることに対しての不満が「炎上騒ぎ」に

「パケット無制限サービス」を謳うサービスが実はデータ購入をして、契約ユーザーに分配しているという内情が明るみになってしまった以降、データ容量の枯渇を防ぐために、ユーザーに「回線休止」を促し、休止期間中の利用料金を返金するなどして、通信トラフィックの安定化を図ろうと画策してきましたが、4月3日現在でも、通常利用が出来ないユーザーが多数いることが、SNSメディアで多数報告されています。

また、通信障害に対する補償に関しても、サポートセンターに問い合わせたユーザーが優遇されるような状況も報告されているようで、対応の不公平感をあらわにするユーザーのツイートで「炎上騒ぎ」にまで発展しています。

ユーザーの中には「代替回線を提案された」旨を契約文書と思われるような画像と共にツイートしていたり

サポートセンターに繋がったユーザーに関しては「違約金免除で解約できた」等のツイートも…(2月の通信障害対象者に関しては違約金免除で解約できるため、3月から続く通信障害での違約金免除かは不明)

違約金免除の条件は厳しいが、既に対象となるユーザーも多数いる様子

現在、公式サイトによると、違約金免除の条件としては

▼障害対象となる条件
4月1日午前0時以降に、
・1週間で2回以上、30分以上連続で低速(384kbps以下)になった場合
・3時間以上の低速(384kbps以下)が一度でも発生した場合

▼通信障害に該当しない例
・通信が途切れる
(通信が途中で途切れることは接続しているSIMカードが切り替わっているために起こる現象です。約15秒途切れます)
・エリア圏外
・他要因が起因となって低速化していると思われるもの
(例)アクセス集中(時間帯によるものを含む)、特定のサイトのみ、キャリア側による障害又は障害対策による制限等
・端末が故障している場合
・料金未納により、利用停止状態にある場合

と非常に細かく明記してあります。

厳密に計測する場合、当アカウントでツイートしましたが、自動計測プログラムを用意する必要があり、到底これをできるユーザーが多数いるとは思えません。

※自動計測の間隔は5分上限のようです。

障害対象になる条件も、ユーザー側が観測しなくてはいけないのか、サービス提供元で判断するのかが不明ということもあり、定時計測を行うユーザーも多数いらっしゃるようです。

公式サイト上での対応が待たれる

同クラウドSIM技術を用いた「限界突破WiFi(エックスモバイ株式会社)」でも同様の通信障害が発生しており、迅速かつ誠意のある対応を取ったことから、さらにどんなときもwifi運営への障害対応の遅れがユーザーの反感を買う事態となっています。

上記違約金免除の条件を満たしたとしても、違約金免除での申請フォームは4月8日以降にオープンすることとなっており、その間通信できないユーザーは路頭に迷うことになってしまっています。

【4月1日以降障害継続のお客様向け】無償解約申請フォーム
https://is.gd/mn6yqx

上記URLが当対応の受付フォームとなります。
受付フォームは4月8日頃の公開を予定しておりますので、4月8日以降に申請いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

通信障害が発生している時点で新規申し込みを停止することもできたはずですが、これについても「後手」となる形となっています。

現在も多くの媒体での広告提示は停止しておらず、多方面に渡り早急な対応が求められています。

クラウドSIMの仕組み自体はuCloudlink社から提供されており、国内販売代理店各社ではSIMカードのコントロールが異なるため、一概に「クラウドSIMだから」といってすべてが通信障害に陥るといったことはないということが、サービス提供各社へのヒアリングで判明しています。

またuCloudlinkからの4月3日に公式に声明が出されており「CloudSIMプラットフォームや通信端末自体は全く問題なく稼働していることをここに声明します」としています。

>クリックして拡大

引用:uCloudlink

管理人としても、この騒動で「クラウドSIMが通信障害になりやすい」といった誤認が広がってしまうことが残念でなりません。

当サイトでは「信頼できるサービス」がどれか分かるよう、引き続きサービス提供各社への通信障害に対するヒアリングを実施継続していきます。

ヒアリング結果を反映したコンテンツは下記をご参照ください。

https://greenwaves.jp/hikaku/

https://greenwaves.jp/unlimited-wifi-ranking/

https://greenwaves.jp/goodluck-gyouseishidou-houkoku/

<PR>おすすめ光回線

【公式】enひかり

☆契約期間がないから違約金なし
☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
☆いつでもWiFi3泊4日レンタル無料!
☆1Gbps以上の高速通信に対応(NTTフレッツ光回線使用)
★enひかりクロスは10Gbpsに対応
戸建て:4,730円(税込)
マンション:3,630円(税込)

 

どんなときもwifi通信障害コンテンツ一覧

質問・相談やお仕事のご依頼について

当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!