スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

NTTドコモ、旧プランからahamo等へプラン変更する際の留保解約金を2021年秋目処に無料化する見込み

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2021年4月16日、総務省は「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」の第16回を開催しました。

参加したのはNTTドコモをはじめ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの各担当者で、料金プランや端末値引きなど、改正電気事業法への取り組みなどの報告が行われました。

その中で、NTTドコモは2021年秋を目処に新プランへ移行した際にも引き継がれる「留保解約金」について無料化する方針を明らかにしました。

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

NTTドコモ、違約金留保廃止で新プラン解約時でも契約解除手数料が無料に

出典:https://www.soumu.go.jp/main_content/000745889.pdf

改正電気事業法施行を受けて、2019年10月以降の各キャリアが新設した料金プランに関しては、2年間の定期契約期間内の解約であっても違約金上限が1,100円とされました。

これを受けて、KDDI、ソフトバンクは定期契約期間を設けないいわゆる「縛りなし」プランを新設し、定期契約ありのプランであっても「旧プランから新プランへ移行してからの解約」であれば違約金上限は1,100円となっています。

その一方で、NTTドコモだけが、改正電気事業法施行後も、旧プランの違約金がそのまま引き継がれる「解約金留保」の仕組みをとっていました。

2021年3月26日にスタートしたNTTドコモオンライン専用プラン「ahamo」では、解約時の違約金を無料としていましたが、当サイトの取材により「それまで契約していたプランの違約金は引き継がれる」ことが正式に回答されました。

当サイトではこの事実を問題視し、多くの人が「ahamo 違約金」などの検索ワードで当サイトをご覧いただいております。

この留保解約金制度そのものが2021年秋を目処に廃止される見込みであることが発表されたことは、多くの利用者にとって歓迎すべき事象でしょう。

NTTドコモ、2年縛り自体も廃止へ|全プラン違約金なしへ変更される見込み

また、同資料では、今後新設されるであろう新プランについては、解約金をなしとする方向で調整していることも発表されました。

他キャリアでは定期契約の有無によって若干の料金差が発生する料金プランとなっていますが、これについても「一律」とされていくものと考えられます。

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

Ryosuke Kawamura(執筆者)
GreenEchoes Studio代表
スマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。
キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通しています。
WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!