スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

NTTドコモ、5G対応ホームルーター「home 5G HR01」をリリース|月額4,950円でパケット無制限で提供

Author:Ryosuke Kawamura(@hottyhottea)プロフィール
GreenWaves on Twitter @DenpaNavi

2021年5月19日、株式会社NTTドコモは新商品発表会でドコモ初の5G対応ホームルーター「home 5G HR01」を8月下旬にリリースすることを発表しました。

これに合わせて、工事不要でデータ量無制限で通信可能なホームルーター対応プラン「home5G」を月額4,950円で提供することを発表しました。

開始時期は2021年8月下旬を予定しています。

「単身世帯や引っ越しが多い世帯など『申し込みからすぐに使用したい』」要望に応えたサービスとなっており、回線工事不要、専用端末をコンセントに差し込むだけで簡単にWi-Fi環境を構築することが可能です。

昨今では新型感染症の影響で在宅勤務、テレワーク、リモートワークの需要が急増しており、ドコモは

リモート社会が広がりご自宅のインターネット環境を「手軽に整えたい」

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/05/19_01.html

ユーザー向けに新たにホームルーターサービスをリリースすることとなったとしています。

情報参照元|https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/05/19_01.html

目次(見たい項目をタップ)

ドコモ、5G対応ホームルーターを発表|月額4,950円でパケット無制限を謳う

ついにドコモも「ホームルーター」をリリースします。

一足先にリリースしていた「WiMAX +5G」対応のホームルーターと比較すると、パケット通信量は無制限となっており、月額費用についても「ギガホプランとのセット割」が適用されることで、ドコモ契約者はスマートフォン料金が割引となるため、トータルコストとしては下がる場合があります。

ギガホプランとのセット割引について

「home5G」に加入するユーザーが「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」「5Gギガライト」「ギガライト」を契約中の場合、スマートフォンのプラン料金が最大1,100円割引となる「home 5G セット割」が適用されます。

割引額については、「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」が1,100円、「5Gギガライト」「ギガライト」は、月の使用データ容量が3GB以上のステップ3/ステップ4で1,100円、1GB~3GBのステップ2で550円となります。

みんなドコモ割とdカードお支払割/2年定期契約割引とも併用可能

また、既存のみんなドコモ割(2回線契約で1回線当たり月額550円、3回線以上で1回線あたり月額1,100円割引)、dカードお支払割引または2年定期契約のいずれか一方が対象の場合月額187円をそれぞれお使いのスマートフォン料金から割り引くことができます。

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/05/19_01.html

割引適用の注意点

各種割引の注意点としては、「home5G」の料金からではなく、使っているドコモのスマートフォンプラン料金からの割引となります。

また、ドコモ光セット割については現時点では併用はできない見込みです。

home 5G HR01のパケット無制限表記についての注意点

ドコモ5G対応ホームルータープラン「home 5G」については、データ量無制限との記載がありますが、サービスサイト上には下記注意点が書かれています。

スマートフォンアクセサリー専門店 UNiCASE ユニケース

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

https://www.nttdocomo.co.jp/home_5g/

要点としては下記の通りです

  • 混雑時間帯では速度低下あり
  • 3日間の合計パケット量が特に多い場合は低速化する
  • 大量のデータ通信では通信が遮断される場合あり

「データ無制限」というのは謳い文句だけであって、ドコモ「home 5G」はWiMAXやソフトバンクエアーと同様に「パケット無制限ではない」ということです。

ドコモホームルーター「home 5G」とWiMAX +5Gホームルータープランと比較

競合となるのはやはり、先に発表されたWiMAX+5Gのホームルーターを使ったプランでしょう。

ドコモhome5Gと比較していきます。

項目ドコモ
home5G
UQWiMAX
ギガ放題プラス
端末HR01Speed Wi-Fi HOME 5G L11
月額費用4,950円4,268円
※割引適用前は4,818円
セット割合計金額▲2,387円(最大)
ドコモスマホ料金から割引
提供時期8月下旬提供中
ホームルーターは
6月4日〜
契約解除料1,100円1,100円
初期費用3,300円3,300円
端末費用不明
オープン価格
21,780円
データ通信制限無制限
3日合計制限あり(値非公開)
3日で15GB以上使用で
翌日18-26時まで1Mbpsに制限
速度下り最大4.2Gbps
上り最大218Mbps
下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
Wi-Fi6対応◯(1.2Gbps)◯(1.2Gbps)
受信可能
周波数(5G/LTE)
B1/B3/B19/B21/B28/B42
n78/n79
B1/B3/B18/B26/B41
n77
同時接続台数有線LAN:1台
無線LAN:64台
有線LAN:2台
無線LAN:30台
IMEI制限あり
他端末での使用不可
あり
WiMAX+5g対応端末で使用可
登録住所必要
登録住所以外での使用不可
不要
製造元シャープ株式会社ZTE Corporation

月額料金については、UQWiMAXの方が月額600円安価となっていますが、「5Gはじめる割」で月額550円割引(25ヶ月間)となっていますが、キャンペーン終了後は4,818円となるため、月額150円程度の差となります。

通信速度については、両者ともにWi-Fi6対応ということで、最大受信/送信速度に大きな差はありません。

ただし、ドコモについてはオプションなしでプラチナバンド(B19)が接続対象となっているため、屋内での通信はWiMAX5G対応ホームルーターと比べると高速通信が可能となることが考えられます。

WiMAX +5Gでもプラチナバンドは使用できますが、月額1,005円かかるオプションとなっており、そのモードをオンにすると月間7GBまでしか使えなくなります。(超過後はプラチナバンドでの通信のみ不可となる)。

データ通信制限に関しては、ドコモ「home 5G」はデータ量無制限となっていますが、混雑時間帯での速度低下や3日間での合計通信量が一定量を超過すると速度制限がかかります。

一定量がどれくらいかについては明記されておらず、その点では明確に「3日で15GB以上」と記載してあるWiMAX+5Gの方が使いやすいでしょう。

同時接続台数については、接続台数が増えるだけ1端末あたりの速度が低下することや、ホームルーターとして使用する際に15台程度の同時接続が現実的となっているため、差異の比較は無意味でしょう。

スマホ乗り換え方法

IMEI制限は両方とも有りとなっています。

ドコモhome5GプランはHR01端末以外での使用は不可ですが、WiMAXギガ放題プラスプランはWiMAX+5g対応端末では使用可となっています。

また登録住所についてですが、ドコモは必要となっており、ソフトバンクエアー同様に登録住所以外での使用は不可となります。

WiMAX+5gホームルータータイプについては、登録住所以外で使用することに対しての制限はありません。

WiMAX5G記事誘導

ドコモホームルーター「home 5G」とWiMAXホームルーターではどっちが買い?

残念ながら5Gカバーエリアがドコモ/au共に狭すぎるため、現実的には4GLTEでの通信がメインとなります。

その点を踏まえておすすめするユーザーは下記の通りです。

ドコモ「home 5G」をお勧めする方

  • ドコモユーザーでパケット無制限プラン未加入
  • 屋内でもプラチナバンドを使って高速通信がしたい人
  • 3日間の合計パケット量がそこまで多くない人
  • 登録住所以外で使用する可能性がない人

UQWiMAX「ギガ放題プランプラス」をお勧めする方

  • 日中の利用がメインの方(速度制限がかかっても日中ならパケット無制限)
  • パケット上限についてしっかりと明記していてほしい人
  • 通信速度も60Mbps程度あれば足りる人
  • ホームルータータイプではなくモバイルルータータイプも検討している人

ドコモ「home 5G」は惜しい|安定のテレワークならWiMAX+5G

個人的にはWiMAXの方が使いやすいと考えています。

ソフトバンクエアーもドコモ「home 5G」と同様ですが、パケット上限が明記されていない事に加えて混雑時間帯の速度制限が非常に悩ましい点が問題としてあげられます。

  • 「いつ速度低下するのか」
  • 「どれくらい使ったら速度低下するのか」

この2点がクリアできなければテレワークでは到底使用できません。

急にZoom会議が止まった!

なんてことにもなりかねません。

また、ソフトバンクエアー同様に登録住所以外での使用は出来ないため、引っ越しの際に登録住所の変更が必要です。

その点ではWiMAXではホームルータータイプでも住所登録は不要となるため、基本的にどこで使っても問題はありません。

気になる通信速度についても、WiMAX +5Gからは標準でau4GLTE回線が使用できるようになったため、屋内でも下り60Mbps /上り10Mbps程度で通信可能です。

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

実測データは「WiMAX2+/+5Gルーター端末(Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01,W06,WX06,HOME02,HOMEL02)の通信速度と繋がりやすさについて徹底比較」参照

Zoomの使用要件として当サイトが提唱しているのは下り/上り6Mbpsですが十分クリアしています。

恐らくはドコモホームルーターの方が速いとは思いますが、それで何が変わるかと言われると用途によりけりですがそこまで大きな差はないと思います。

残念ながら現時点ではドコモの5G対応ホームルータープランは「惜しい」と言わざるを得ません。

繋がりやすくなって5G対応した上位互換版のソフトバンクエアーという印象です。

モバイルルータータイプの用意がない点もマイナスポイントです。

2021年もホームルーターは変わらずWiMAXがシェアを占めるのではないでしょうか。

WiMAX関連記事

ドコモ関連記事

Twitter企画実施中

\抽選で1名様にiPad Air4が当たる/

AirWiFi×GreenWaves Twitter企画

■応募方法■

■Wチャンス■

■開催期間■

  • 2021年7月15日(木)23:59

参加される方は必ず応募規約をご一読の上ご参加ください。

iPad×AIR-WiFiであなたの生活が変わります!

iPadの使い道については下記コンテンツをご覧ください。

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!