スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

どんなときもwifi以外のクラウドSIMサービスへの影響は…?ソフトバンクSIMカード供給停止を受けて

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年8月24日追記

どんなときもwifiがパケット無制限サービスの完全終了を発表しました。

サービス終了と受けて、契約者には順次「代替プラン」の案内をメールや電話で行うとされています。

また、代替プランに納得できなかった場合、違約金免除での解約が可能となります。

その場合、9月10月分の請求が発生するため、早急に解約したい方はお客様ページから違約金免除での解約手続きが可能です。

https://greenwaves.jp/donna-migration/

2020年7月18日追記

株式会社グッドラックが運営する「どんなときもwifi」に対する行政指導について、グッドラックから再発防止措置策の報告がありました。

https://greenwaves.jp/goodluck-gyouseishidou-houkoku/

どんなときもwifi通信障害コンテンツ一覧

2020年3月20日発表のどんなときもwifiの通信障害報告ページで「ソフトバンクSIMカード供給が停止している」ことが判明しました。

https://greenwaves.jp/softbank-sim-stop/

追記:各サービスの状況を踏まえて停止していたのは一部のみの可能性が浮上しました。

https://greenwaves.jp/softbank-sim-nostop/

どんなときもwifiの通信障害は続いており、残念ながら記事更新の4月7日時点でも復旧のめどが立っていない状況であり、補償内容についても一部ユーザーにしか通知がされていない状況です。

キャンペーン情報

OCNモバイルONE新料金プラン開始!人気端末もセール中!

  • 1GB770円~利用可能!OCN光とセット割で月額550円
  • 専用アプリ不要でキャリアの半額の11円/30秒
  • 完全かけ放題オプション+1,430円
  • 端末セール開始中!Redmi 9T、moto g8、oppo A5 2020などが1円
  • 5月11日から「Redmi Note 10 Pro」がMNP+完全かけ放題加入で18,400円!

\公式サイトを見る/ OCN モバイル ONE

どんなときもwifiの通信障害の現状を踏まえて、今後のクラウドSIMWiFiルーターサービスへの影響について考えていきます。

追記:2020年6月19日どんなときもwifiの運営元である株式会社グッドラックに対して総務省からの行政指導が行われました。

これを受けて総務省からどんなときもwifi以外のクラウドSIMWiFiルーターサービスについても言及されています。

https://greenwaves.jp/goodluck-soumusyoushidou/

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

どんなときもwifiが復旧できない原因は2つ

どんなときもwifiは下記が理由で通信障害から復旧できるめどが立っていないと考えれれます。

  • ソフトバンクSIMカード供給が出来ない
  • ユーザーがデータ通信をやめない

ソフトバンクSIMカード供給ができない

管理人自身もクラウドSIMの仕組みについて、技術的な部分まで知っているわけではないことを前置きさせてください。

https://greenwaves.jp/error2/

今回の件で、SIMカードが供給できないことで、SIMの増強が出来ないと説明しています。

もう少しかみ砕くと…

恐らく、クラウドSIMの仕組みを提供しているuCloudlink社と契約している、国内販売代理店の元締めは、ソフトバンクとSIMカードの貸与=回線貸与契約をしていると思われます。

縛りなしWiFI記事誘導

1枚当たりのSIMで通信できるデータ容量が限られているとするならば、購入するSIMカードの枚数を増やすことが必要になってきます。

それが出来ないとなると…用意されているデータ容量の奪い合いが始まります。

残りわずかしか残っていないデータ容量という食糧を我先にと奪い合うような状況です。

こうなってくると、残ったわずかなデータ容量を均等に配分するしか方法がないため、一律契約ユーザーに通信制限を設ける以外に通信量を抑制する術がありません。

どんなときもWIFIはこの事態を受けて、ユーザーに利用できない期間の日割り料金を返金する代わりに、「回線休止=利用を一時的に辞める」をするよう求めました。

楽天モバイル×iPhone記事誘導

その結果、一部ユーザーでは速度が戻ってきましたが、根本的な解決にはならなかったようです。

そして、アナウンスにもあった4月1日以降に復旧するという話もどこへやら、4月2日現在も通信障害がツイッターで数多く報告されています。

ユーザーがデータ通信をやめない

やはりユーザーはパケット無制限を信じて契約しているため、データ通信をやめてくれません。

データ容量が有限ということは知らされていないため、いくらでも奪い合う形になります。

(まあこの辺はパケット無制限を謳っている以上、公式で有限であるというのは恐らく言えないのでしょう…限界突破WiFiはそれを認めた上で4月1日以降は月間150GBのサービスへ変更しました。)

エコー君
やめて!どんなときもwifiのライフはもうゼロよ!

という声をかけてくれるセコンドもいません。

他のクラウドSIMWiFiルーターサービスへの影響

どんなときもwifiを皮切りに、様々な事業者がパケット無制限クラウドSIMWiFiルーターレンタルサービスへ参入してきました。

https://greenwaves.jp/hikaku/

当サイトで紹介しているだけでも10社を超えます。

ソフトバンクSIMカードの供給停止を受けて、どんなときもwifi以外のクラウドSIMWiFiルーターはどうなってしまうのでしょうか。

WiMAX5G記事誘導

データ容量マージンを十分に取っていないサービスからパンクが始まる

通信トラフィックが増えた分、ソフトバンクSIMカードを増やしていくという対策が今後はできません。

クラウドSIMWiFiルーターサービスは、自社がuCloudklink側と契約している分のデータ容量でやりくりしていく必要があります。

パケット無制限とは言っても、実は有限のサービスなので、ユーザー数に見合ったデータ容量を確保していないサービスからパンクが始まると考えられます。

ユーザー数×100GBのデータ容量

を確保していた場合、それを上回ってしまった時点でどんなときもwifiの二の舞になります。

この辺りは、各社サービス設計が異なっているため、どれだけの利益を見込んでデータ容量を確保しているかが肝になってきますが、残念ながらユーザーはそれを知るすべはありません。

管理人も知りません。

あくまでも想像の域を出ませんが、企業母体が大きく、通信事業のノウハウがしっかりしている事業社であればまだ安心できそうな印象です。

上記ランキングで言うと、株式会社ハイホーの「hi-ho GoGo Wi-Fi」やGMOインターネット株式会社の「ギガゴリWiFi」でしょうか。

追記:上記2社にヒアリングをした結果、ソフトバンク回線をメインでは使っているもの通信障害に対して万全の対策を取っていることが分かりました。

SIMカードのコントロールは販売代理店ごとに異なっている様子

前述したように、クラウドSIMWiFiルーターの販売に関しては、恐らくは国内販売代理店の元締めが、各販売代理店に端末を手配したり、SIMカードの供給を行っていることと推察されます。

この辺りについては、各社共にコンプライアンスの問題もあるためか明示できないようです。

(これは管理人が個人的に契約していたどんなときもWIFIの端末です。現在の仕様は端末がD1に変更になりましたが、これはU2sの時のものです。現在とはロゴも異なっていますが…よく見ると…。分かる人にはわかると思います。)

GMOインターネット株式会社へのヒアリングでは、「どんなときもWIFIとはサービス提供元が異なる」と公式回答をいただきました。

uCloudlinkの技術には間違いないため、ここでいうサービス提供元とは、おそらく販売代理店を指しているものと思われます。

このように、販売代理店の元締めは複数社存在しているようで、そこでのSIMカードコントロールが異なっているようです。

SIMカードが供給できる代理店とそうでない代理店があるのであれば、やはり通信障害が起きにくいという観点では多少高くても「力のある企業=大手」を選びたいというのがユーザー心理でしょう。

よって、一概に「クラウドSIMWiFiルーター」だからといって、すべてが通信障害に陥るというわけではないようです。

ドコモ・au回線への乗り入れを期待

クラウドSIMの一番の特徴は「トリプルキャリア対応」というところです。

しかし、ほとんどのクラウドSIMWiFiルーターはソフトバンク回線にしか繋がらないというのが実際のところです。

どんなときもwifiでも時折auの電波をつかむことがあります。

今回の通信障害の最中でも、au回線をつかんだ場合は低速化しないというツイートが散見されています。

クラウドSIMWiFiルーターの中にはMVNO回線(聞かれているのは楽天モバイル・mineo・TONEモバイルなど)に繋がるケースもあるようです。

これはクラウドSIMサーバーに格安SIMを指している可能性があります。

確かにドコモ・au回線なのは間違いありませんが…それならやはり契約時に注意書きをするべきだと思います。

クラウドSIMWiFiルーターサービスは健全化すべき

ソフトバンク回線の使い放題プランが続々と終了していっている中、持ち運びできるパケット無制限の最後の砦はクラウドSIMWiFiルーターサービスしかありません。

しかし、トリプルキャリア対応を謳っているのにソフトバンク回線しか繋がらない、実は仕組み上パケット無制限ではなかった、通信障害が発生して使えなくなるなど様々な影響が出てきているのが実際のところです。

今回の一件を受けて、クラウドSIM自体に疑惑の目が向けられてしまうのは仕方がないことですが、一概にすべてがどんなときもWIFIと同じと思われてしまうのには少し残念な気がしています。

上記2社のように、ユーザーを第一に考えたサービスを提供してくれる企業がある一方で、MVNO回線などのSIMカードを使ったサービスもあることも考えると玉石混交の様相を呈しているような状況です。

またuCloudlinkからの4月3日に公式に声明が出されており「CloudSIMプラットフォームや通信端末自体は全く問題なく稼働していることをここに声明します」としています。

>クリックして拡大

引用:uCloudlink

この声明から、今回の通信障害騒動は国内販売代理店に一因があったことが証明されました。

「信頼できるサービスなのかどうか」というのを公式サイトで一般のユーザーが判断するのは(自社サイトはセールトークが満載なので)非常に困難だと思います。

そのような状況だからこそ、当サイトのような第三者目線で解説できる比較サイトが重要になってくるのだとは思いますが…。

参考:クラウドSIMの仕組みを用いたWiFiルーターに関する調査結果

最近ではWiMAXへの原点回帰も進んできています。

https://greenwaves.jp/biglobewimax2plus/

https://greenwaves.jp/uqwimax/

追記:2020年6月19日どんなときもwifiの運営元である株式会社グッドラックに対して総務省からの行政指導が行われました。

これを受けて総務省からどんなときもwifi以外のクラウドSIMWiFiルーターサービスについても言及されています。

https://greenwaves.jp/goodluck-soumusyoushidou/

2020年7月18日追記

株式会社グッドラックが運営する「どんなときもwifi」に対する行政指導について、グッドラックから再発防止措置策の報告がありました。

https://greenwaves.jp/goodluck-gyouseishidou-houkoku/

どんなときもwifi通信障害コンテンツ一覧

https://greenwaves.jp/donnna-genkai-error/

https://greenwaves.jp/softbank-sim-stop/

https://greenwaves.jp/unlimited-limit/

https://greenwaves.jp/unlock-wifi/

https://greenwaves.jp/youtube-sd480p/

https://greenwaves.jp/donnnatokimo-reason/

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

Ryosuke Kawamura(執筆者)
GreenEchoes Studio代表
スマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。
キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通しています。
WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!