MENU
どんなときもWiFi終了について
10/31 23:59をもってどんなときもWiFiの無制限プランが終了、自動解約となりました。この騒動での管理人の所感とクラウドSIMWiFiルーターの今後について考えてみました。

記事を読む

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

MVNO

イオンモバイル、2020年11月1日よりMNP手数料を値下げ|サブブランドの台頭はMVNO破滅への序章か

イオンモバイルは2020年11月1日(日)からMNP転出料を値下げする方針を発表しました。

■MNP転出手数料:契約期間に関わらず、一律3,000円(税抜)

■変更適用日:2020年11月1日(日)

■対象者:上記変更適用日以降に、MNP転出されたお客さま
※MNP予約番号の払出日にかかわらず、MNP転出が完了した日(他社への転入が成立した日)が基準となります。

■補足:
10月31日までにMNP予約番号を取得された場合でも、転出日が11月1日以降の場合は適用されます。

Source:AEON MOBILE

<PR>

イオンモバイル、MNP転出料を従来の15,000円から大幅値下げ

現在のイオンモバイルのMNP転出料に関しては、90日以内の転出の場合15,000円となっており、他MVNOと比較しても非常に高額となっています。

イオンモバイルからMNPにて他社に転出される場合、イオンモバイル音声通話サービスのご利用期間により、下記のMNP転出手数料が発生します。
・音声サービス契約後90日以内:1回線につき15,000円(税抜)
・音声サービス契約後91日以降:1回線につき3,000円(税抜)
ただし、イオンモバイルにMNP転入された回線の転出手数料は、期間にかかわらず1回線につき3,000円(税抜)です。

引用:イオンモバイル

イオンモバイルFAQによると、上記のように90日以内であれば1回線につき15,000円の転出料がかかります。

91日目以降であれば3,000円となります。

しかし、注釈にあるように他社からイオンモバイルへMNPで転入した場合は一律3,000円となっており、あくまでも「90日以内のMNPは15,000円」というのは、新規にイオンモバイルを契約したユーザーに限る、ということだと思われます。

これが、2020年11月1日~一律3,000円に改定されるとのことです。

他サブブランド、MVNO、MNP転出時にかかる料金比較

他のMVNOやサブブランドの転出料金について見ていきましょう。

※多くの場合、転入にかかる事務手数料は3,000円となっています。

ブランド名 種別 最低利用期間 解除料 MNP転出費用
UQモバイル サブブランド 3,000円
ワイモバイル サブブランド 3,000円
IIJmio フルMVNO 利用付きの翌月末日まで 1,000円 3,000円
OCNモバイルONE フルMVNO 3,000円
LINEモバイル ライトMVNO 3,000円
BIGLOBEモバイル ライトMVNO 1年以内の転出で1,000円+3,000円
イオンモバイル ライトMVNO 3,000円
※2020年11月1日~
LIBMO ライトMVNO 12ヶ月※ 10,450円 3,000円
mineo ライトMVNO 1年以内の転出で10,450円 3,000円
ロケットモバイル ライトMVNO 12ヶ月※ 10,450円 3,000円
LinksMate ライトMVNO 3,000円

参考:

格安スマホ主要11社の特徴を解説!最低利用期間・違約金・MNP転出料の違いまとめ 現在、日本国内には数多くの格安スマホスマホメーカーが存在し、格安スマホを検討中の方もどこのメーカーを選んだらいいかわからない方が...

イオンモバイルが転出料金の改定を行ったことで転出料は3,000円で統一された形となりました。

一方で、転出の際に「別に」解除料金を請求する事業者も存在しています。

2019年9月30日までにご契約いただいた方は、ご利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合に限り、MNP転出時契約解除料10,450円(税込)を申し受けております。
なお、2019年10月以降にご契約いただいた方は、MNP転出時契約解除料はかかりません。
MNP転出の際は、ご利用期間を問わず、一律MNP転出手数料3,300円(税込)を申し受けております。

引用:mineo

mineoでは2019年9月30日までに申し込みをした方は解除料金10,450円が請求されます。

■MNP転出時の諸費用
MNP転出手数料3,000円(税抜)
音声通話機能付きSIMカードの最低利用期間は課金開始日より1年間となります。最低利用期間内に携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出される場合は、音声通話機能解除手数料9,500円(税抜)を別途お支払いいただきます。
※、契約解除料0円プログラムもしくは端末購入サポートプログラムの適用がされているご契約の場合は、ご利用期間にかかわらず音声通話機能解除料9,500円(税抜)は発生しません。

引用:LIBMO

LIBMOでは12ヶ月縛りが存在するため、契約期間内の解除では違約金9,500円がかかります。※別途プログラム申し込みで解除料0円となりますが、人気のペア割30プランや学生支援30プランには適用できません。

総務省アクションプランではMNP手数料の無料化を進めていく方針

2020年10月28日に総務省が発表したアクションプランでは、番号持ち運び制度(MNP)の利用環境の整備の項目において、MNP転出料の原則無料化を掲げています。

総務省、モバイル市場の競争環境整備に向けた「アクションプラン」を発表…その詳細とは 2020年10月27日、総務省はモバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクションプランを発表しました。 引用:総務...

イオンモバイルのMNP転出料の引き下げは、アクションプランから転出料についての注目が集まる中で、他社MVNOと比べて格段に高額だったため値下げをした感じが否めません。

せっかくであれば無料化しても良かったのでは…とも思います。

やはり魅力に劣るMVNOの大容量プラン

イオンモバイルはMVNOの中でも大容量プランをラインナップしています。

2020年8月には料金の値下げも行いました。

  イオンモバイル イオンモバイル
プラン 音声20GBプラン 音声50GBプラン
月額料金 3,980円 6,980円
使用回線 ドコモ/au ドコモ/au
データ容量 20GB 50GB
データチャージ 480円/1GB 480円/1GB
容量超過後速度 最大200kbps 最大200Mbps
通話オプション 国内10分間かけ放題
850円
050かけ放題
1,500円
国内10分間かけ放題
850円
050かけ放題
1,500円
光回線セット割 なし なし
10分間かけ放題追加 4,830円 7,830円
公式 イオンモバイル

2020年12月に始まるワイモバイルの新プラン、2021年2月に始まるUQモバイルの新プランと比較してみましょう。

項目 UQモバイル
スマホプランV
ワイモバイル
シンプル20
価格 3,980円 4,480円
月間パケット上限 20GB 20GB
通話オプション 60分/月:500円
10分/回:700円
かけ放題:1,700円
10分/回:無料
※アンバンドル不可
制限後速度 1Mbps 1Mbps
2回線目以降 -500円 新プランに家族割(2回線目以降500円割引)はなし
新規割(月額500円を半年間割引)もなし
10分かけ放題追加 4,680円 4,480円
2回線目料金 3,480円 4,480円

サブブランドの台頭はMVNOの衰退と消滅につながる

やはりサブブランド2社の方が安価となっています。

加えて、回線速度も速く、制限後1Mbpsで通信が可能となると、やはり今後イオンモバイルをはじめMVNOには勝ち目がないように思います。

総務省が実施している施策は、キャリアがサブブランドでMVNOよりも安価なプランをリリースすることでMVNOの衰退と崩壊を招くことが考えられます。

そもそもMVNOはキャリアに回線使用料を払っており、原価が決まっている以上それ以上の値下げは困難です。

キャリアであれば企業体力的にも価格を下げる余地があると考えていますが、MVNOにはそれは不可能です。

今回のサブブランドの台頭は総務省の介入によってもたらされてしまったことは間違いありません。

<PR>

このままでは益々大手キャリアの寡占状態が強固となると考えているのは私だけではないでしょう。

今後も引き続き通信業界について調査を進めて参ります。

KDDI、ソフトバンクが20GB/5,000円以下の新プランを投入…|ドコモとMVNOの今後の動きについて 菅政権が推し進めたい「携帯電話料金の値下げ」要請を受けて、大手キャリア2社が動きました。 au/UQ mobileを運営す...
総務省、キャリアメールなどにメス|菅新政権が進める携帯料金改革はちょっとずれてきた…? 菅新政権となって早1か月が経過し、根幹に掲げている「携帯電話料金4割値下げ」の具体的な施策が出てきました。 2020年10...
キャリアでもMVNOでもない選択肢とは?|ソフトバンク5000円以下20-30GB新プラン報道から第三の可能性を考える 2020年10月13日、オンラインニュースを中心にソフトバンクが新料金プランを検討しているというトピックスが舞い込んできました。...
格安スマホ乗り換え特集!ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換えて通信費を節約 「通信費を節約したい!」 「格安スマホに乗り換えたい!」 そんな方の前に立ちはだかるのが「乗り換えに関する知識不足」...

記事一覧を見る

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST