スマホ乗り換え相談所オンラインはこちら

格安SIMのメリットとデメリットについて。キャリアと比較した時の通信速度は遅い?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年11月以降、総務省からの圧力によりキャリアの通信料金が大幅に値下げされた影響で格安SIMの魅力が薄れてきています。

関連記事に関しては下記からご覧ください。

https://greenwaves.jp/tag/cellphone

エコー君
格安SIMが安いっているけども…本当にメリットだけなの?
管理人
確かに安いというメリットはあるけども、それ以外にデメリットは存在するんだ。

当サイトで紹介しているパケット無制限wifiルーターとスマートフォンを組み合わせることで、大幅な通信費の節約が出来ます。

それは格安SIMだけでなく、ドコモ・au・ソフトバンクのスマートフォンを使っている方でも同様です。

https://greenwaves.jp/setsuyaku/

さらに通信費を削減するのに有効なのが「格安SIM」への乗り換えです。

しかし、格安SIMはメリットだけでなく、デメリットも存在します。

本記事では「格安SIM」のメリットとデメリットについて解説します。

要点まとめ

格安SIMのメリット

  1. 料金が安い

格安SIMのデメリット

  1. 実店舗数が少ない
  2. ある程度知識が必要
  3. 速度が出にくい時間帯がある
  4. 人混み等で速度低下する場面がある

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

格安SIMの月額料金プランが安い理由

格安SIMは大手キャリア(MNO)の電波網を間借りしている業者でMVNOと呼ばれています。

MNOとMVNOの違い

MNO|自社の通信回線を持っている通信事業者
→ドコモ・au・ソフトバンク・(楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイル)
※( )内の通信事業者は自社回線を持っているためMNOとして分類される

MVNO|MNOの通信回線を借用する形で通信事業
上記以外の通信事業者(LINEモバイル)

MVNOが提供しているSIMカードはキャリアに比べて圧倒的に安いです。

それには3つの理由があります。

通信設備の管理運営費が少額で済む

大手キャリアは自社で通信網を持っています。

通信網を作るには、アンテナを立てる基地局や電波を集める収容局等のインフラ設備が必要です。

当然管理メンテナンスが必要となるため、運営維持に非常にたくさんのコストがかかります。

キャンペーン情報

OCNモバイルONE新料金プラン開始!人気端末もセール中!

  • 1GB770円~利用可能!OCN光とセット割で月額550円
  • 専用アプリ不要でキャリアの半額の11円/30秒
  • 完全かけ放題オプション+1,430円
  • 端末セール開始中!Redmi 9T、moto g8、oppo A5 2020などが1円
  • 5月11日から「Redmi Note 10 Pro」がMNP+完全かけ放題加入で18,400円!

\公式サイトを見る/ OCN モバイル ONE

大手キャリアの料金が高い理由の一つは、設備投資とメンテナンス費用が載せられているからです。

(もう一つは店舗運営によるサービス費用)

MVNOも電波網を借用する際の必要経費として、設備投資費を支払っていますが、MNOに比べて大幅に少ないのです。

MVNOは通信網の管理費負担が少ないから安い!

目次に戻る▶▶

端末開発費用がほとんどない

大手キャリアは自社の販売戦略に見合ったスマートフォン端末の開発にかかわっており、当然開発コストがかかります。

同じエクスペリアでも、キャリアによって微妙に仕様が違うようなことがあるのはこのためです。

また、キャリアが販売する端末は「SIMロック」と呼ばれるソフトウェアロックがかけられています。

このロックがかかっているため、自社の通信電波網以外のSIMカードを入れても認識しないような仕組みになっています。

一方でMVNOは「SIMフリー」と呼ばれるどこのSIMカードでも通信ができる端末のみを仕入れて販売しているため、端末開発コストがありません。

MVNOは端末開発コストがないから安い!

目次に戻る▶▶

縛りなしWiFI記事誘導

実店舗数が少ないため人件費がかからない

大手キャリアは自社の販売店舗を非常に多く持っており、店舗を運営するために多くの人件費を払っています。

そのおかげで、非常にきめ細かいサービスを日本中どこでも受けることができます。

一方で、MVNOはオンライン上で販売を展開している事業者が多く、店舗数が少ないところが多いです。

人件費も当然削減できるため、コストダウンにつながっています。

しかし、やはりオンライン上でのやり取りはアフターサービスで不安が残ります。

楽天モバイル×iPhone記事誘導

当サイトではそんな不安を持つユーザーのために

「実店舗数が多い格安SIM事業者」のみを紹介しています。

実店舗の多い格安SIM事業者
  1. ワイモバイル  918店舗
  2. イオンモバイル 216店舗
  3. 【UQモバイル】  180店舗
  4. 楽天モバイル  140店舗
  5. mineo 113店舗

※直営店(2019.5月時点:管理人調べ)

MVNOは実店舗が少なく人件費がかからないから安い!

目次に戻る▶▶

格安SIMのデメリット

当然、メリットが大きい格安SIMですからデメリットも存在します。

ここからは格安SIMのデメリットについて解説します。

キャリアメールが使えない

格安SIMではキャリアメール(docomo.ne.jp)等が使用できません。

Gmail等のフリーメールを取得する必要があります。

既存のサービスをキャリアメールで登録していた場合、それらすべてをフリーメールに変更する必要があります。

ただし、一度フリーメールを取得してしまえば、今後キャリアに戻っても、他の格安SIMへ乗り換えてもメールアドレスを変更する必要はなくなります。

キャリアメールに依存してきた人にとっては一番ハードルが高い事項です。

WiMAX5G記事誘導

管理人
たぶん、これが一番厄介です。困るのは銀行の口座やクレジットカード、各種会員サイトの登録アドレスがキャリアメールになっていた場合です。ここがネックになって乗り換えられない人が一番多いでしょう。

目次に戻る▶▶

設定は自分で行う必要がある場合も

だいたいの格安SIM事業者はコストの関係上、実店舗をもたない、もしくは少ない業者が多いです。

そのため、WEBでの申し込みになるため、SIMカードを郵送してもらい自分で乗り換えなくてはいけないケースが多いです。

格安SIMへ番号そのまま乗り換えをした場合、電話はそのままでも使えますが、パケット通信設定は自分でする必要があります。

APN(アクセスポイントネーム)設定といって、乗り換えた通信事業者の情報を設定する必要があります。

管理人
こうして聞くと非常に面倒なように見えますが、添付されているマニュアルをみて行えばだれでも簡単に行えますので怖がる必要はありません。

…というのは建前で、ニガテな人は苦手でしょう。

最近では実店舗型の格安SIM事業者も多くなってきているので、管理人的におすすめなのは実店舗で契約できる下記5社です。

実店舗の多い格安SIM事業者
  1. ワイモバイル  918店舗
  2. イオンモバイル 216店舗
  3. 【UQモバイル】  180店舗
  4. 楽天モバイル  140店舗
  5. mineo 113店舗

※直営店(2019.5月時点:管理人調べ)

目次に戻る▶▶

通信速度が遅い傾向がある

通信速度に関しての注意事項としては下記のものが通説となっています。

格安SIMは、時間帯や場所によって通信速度が遅くなりがちだ。たとえば、休憩時間にあたる平日昼の12時台や、プライベートでの通信が増える夕方から深夜、都市部のターミナル駅周辺のように人口が極端に集中する場所においては、通信が混雑して回線速度が低下しやすい。

引用:https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=11526

前述しましたが、格安SIM事業者(MVNO)は大手キャリア(MNO)から通信回線を借りています。

当然、大手キャリアの回線をそのまま使えるのではなく、その帯域の一部を借りるようなイメージです。

わかりやすい例を挙げましょう。

通信網全体がホースのチューブのようなものだと考えてください。

利用者が少ないときはスムーズに流れますが、混んでくると通れる数が決まってくるので、詰まってきます。

これが速度低下が生じる仕組みです。

これが大手キャリアであればホースの直径が太いため、混雑時間帯でも通信速度の低下はそこまで気になりませんが、回線を借りているMVNOは元々の使えるホースの直径が細いので、混んでくると通信速度が目に見えて遅くなります。

ただし、格安SIM事業者でも「ワイモバイル」に関しては自社回線を持っているMNOのため、そこまで速度低下は気になりません。

  • 利用するユーザーが多い時間帯は通信速度が低下しやすい
  • ※朝の7時台/昼12時台/夕方18時~20時 など
  • 人口密集地では速度低下が起こりやすい

この通信速度低下の度合いは、各社の電波網の借用度合いによって大きく変わってきます。

目次に戻る▶▶

格安SIMで通信速度が速いランキング

実際に計測したランキングは「価格ドットコム」の独自調査が非常に参考になります。

参考:格安SIM人気12回線速度ランキング

計測した12回線は下記のとおりです。

  1. Y!モバイル
  2. UQモバイル
  3. BIGLOBEモバイル
  4. OCN モバイル ONE
  5. 楽天モバイル
  6. mineo (S=ソフトバンク D=ドコモ A=au)
  7. IIJmio
  8. イオンモバイル
  9. DMMモバイル
  10. LINEモバイル

総合結果はコチラになります。(2019年5月時点)

上り速度平均ランキング(Mbps/sec)
1位 Y!モバイル(19.51)
2位 mineo  Sプラン(15.49)
3位 mineo  Aプラン(9.12)
4位 楽天モバイル(8.31)
5位 UQモバイル(8.13)
6位 OCN モバイル ONE(7.83)
7位 mineo  Dプラン(7.57)
8位 イオンモバイル(6.91)
9位 BIGLOBEモバイル (6.71)
10位 IIJmio(2.37)
11位 DMMモバイル (5.80)
12位 LINEモバイル(5.17)
下り速度平均ランキング(Mbps/sec)
1位 Y!モバイル(31.32)
2位 UQモバイル(22.51)
3位 mineo  Sプラン(10.84)
4位 mineo  Aプラン(7.02)
5位 DMMモバイル (4.16)
6位 楽天モバイル(3.31)
7位 イオンモバイル(3.25)
8位 mineo Dプラン(2.92)
9位 OCN モバイル ONE(2.73)
10位 LINEモバイル(2.37)
11位 IIJmio(2.37)
12位 BIGLOBEモバイル (2.11)

このように実測値を見るとやはりワイモバイルはMNOだけあって非常に回線速度が速いですね。

目次に戻る▶▶

格安SIMのメリットとデメリットまとめ

以上、格安SIMについて解説してきました。

格安SIMのメリット
  • 料金が非常に安い

これに尽きますね。

格安SIMのデメリット
  • 実店舗数がキャリアに比べて少ない
  • ある程度知識が必要
  • 速度が出にくい時間帯がある
  • 人混み等で速度低下する場面がある

メリットとデメリットは表裏一体となっていることが分かりました。

キャリアからの乗り換えの場合はメリット/デメリットをよく把握した上で乗り換えましょう。

\あなたにぴったりが見つかる/
スマホ乗り換え相談所▶▶

当サイト取り扱い通信事業者の特徴

オンライン専用申込窓口一覧はこちら▶▶

スマホ乗り換えは来店不要で自宅で出来るWEB申し込みがおすすめ!

\かんたん手続き/
WEB申し込み方法を見る

Ryosuke Kawamura(執筆者)
GreenEchoes Studio代表
スマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。
キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通しています。
WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!